ソアラが2000GTを破った!? プリウスは完ぺきすぎ!? デザインよすぎのトヨタ車イッキ見

ソアラが2000GTを破った!? プリウスは完ぺきすぎ!? デザインよすぎのトヨタ車イッキ見

 新型プリウスが登場しグッと寝たAピラーに驚いた人も多いのではないだろうか? 思い切ったデザインでエコカーとは思えない雰囲気!! ここではトヨタ車で美しいデザインを持つクルマを4台紹介しよう。

※本稿は2023年4月のものです
文/清水草一、写真/TOYOYA、LEXUS、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年5月26日号

■1位:プリウス/デザインよりも思い切りに驚愕

ノーズとフロントスクリーンの角度はほぼ一直線。ボディの見切りは悪いが流麗さは半端じゃない
ノーズとフロントスクリーンの角度はほぼ一直線。ボディの見切りは悪いが流麗さは半端じゃない

 トヨタ車のデザインは、美よりもキャラクター重視。統一感には一切こだわらず、毒のある個性を主張するモデルが多いが、そんななか、世界を震撼させる美モデルが登場した。それが新型プリウスだ。この流麗なフォルム、まるでスーパーカーじゃないか!

 トヨタとしては「プリウスはもうあまり売れなくていいから、大胆なチャレンジを」だったわけですが、その捨て身のデザインが、日本国内のみならず、全世界で好評! まるでフェラーリやランボルギーニのニューモデルのような取り合いになっている。トヨタの現行美デザイン第1位は、文句なくプリウスだ!

 がしかし、実物をまじまじ見ると、弱点も浮き上がってくる。フォルムはツルンとシンプルだが、くびれがなくて単純すぎる面もある。クセになる微毒や、抑揚がないのである。前澤さんなら、「シンプルと単純は違う」「フォルムがたるんでいて凝縮感がない」と言うのでは? という気がしないでもない。

 それでも1位は動かない。プリウスのおかげで、クラウンクロスオーバーのことはもう忘れてしまいました。

■2位:アルファード/大胆なグリル、繊細なパネル面

オラオラなフロントグリルだけ見ていてはイカン。サイドパネルの豊かなうねりに注目せよ
オラオラなフロントグリルだけ見ていてはイカン。サイドパネルの豊かなうねりに注目せよ

 第2位はモデル末期のアルファードだ。「いまさら?」と思うかもしれないが、アルファードがこれほど大ヒットしたのは、間違いなくデザインの力。

 アルファードのデザインと言えば、巨大な銀歯のようなフロントグリルにばかり目が行くが、サイドのパネル面に目を移すと、限られた寸法内で見事に美しくうねらせている。

 この繊細なうねりがあってこそ、大胆なグリルが生きているのだ。アルファードは単なるオラオラミニバンにあらず! 立派な美デザインなのである!

次ページは : ■3位:レクサスIS/力強い後輪駆動セダンフォルム

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!