車高15cmアップで最強進化! デリカとも渡り合えるオフロード仕様の30系アルファードはどうだ!

車高15cmアップで最強進化! デリカとも渡り合えるオフロード仕様の30系アルファードはどうだ!

 新型アルファードは魅力的だが、長い納車待ちが悩み。ならば旧型ではあるが、30系アルファードをカスタムして楽しむのは悪くないんじゃなかろうか。今回紹介するのは、迫力のバンパーガード+オバフェンを備えたオフロード系アルファード。先輩格デリカD:5にも負けぬ押し出し感は、新型以上に魅力的かも!

文/ベストカーWeb編集部、写真/EXCIA

■30系アルファードを6インチリフトアップ!

エクシアの「アルファード クロスオーバー」。左がACT2、右奥がACT3
エクシアの「アルファード クロスオーバー」。左がACT2、右奥がACT3

 自動車販売やレンタカー事業を手がけるエクシアが、30系アルファードをベースとしたコンプリートカー「アルファード クロスオーバー」をリリースした。「ACT1」「ACT2」「ACT3」の3つのタイプがあり、予算や好みによってチョイスできる。

 その特徴だが、アルファードの定番カスタムでもあるローダウンの逆張りともいえるリフトアップ仕様! ノーマルのアルファードにはないオフロード感がすごい迫力だ。

 なかでもイチオシなのが、6インチ(約15cm)アップした車高にオーバーフェンダーがカッコいいACT2。マッドタイヤにウェッズ製18インチホイールを組み合わせ、スーリー製ルーフキャリアやヒッチメンバーまで装備している。

6インチリフトアップだけを施したACT1(左)。右はノーマル
6インチリフトアップだけを施したACT1(左)。右はノーマル

 エクシアでは今回の車両制作にあたり、リフトアップによって乗り心地が悪化しないよう気を配ったという。

 そのためリフトアップ作業については、数々のカスタム車両を手がけてきた老舗企業のハートランドとコラボし、完全手作業を実現した。リフトアップの手法自体も、メンバー自体を下げるという手法で純正スプリングとダンパーを活用、ノーマル同様の乗り心地と耐久性を実現している。

 3タイプあるモデルの違いだが、「ACT1」がもっともプレーンで、6インチのリフトアップのみを施したもの。「ACT2」は前述の通り「全部載せ仕様」、「ACT3」はリフトアップを4インチに抑えたうえで、シルバーのバンパーガードをおごっている。

 気になる価格だが、現状ではコンプリートカーでの販売を前提としており、ACT1が580万円、ACT2が658万円、ACT3が628万円。この価格はベースとなる中古車のグレードやコンディションによって変動するようだ。

 車両を持ち込んでの取り付けに付いては応相談だが、まずは東京都中央区にあるショップで試乗をオススメするとのこと。走り屋やクオリティを確かめたうえで、仕様や納期を決めるといいだろう。

 オフロードミニバンといえばデリカD:5の独壇場だが、エクシアのアルファード クロスオーバーはそれに負けないほどのインパクト。アルファードの新たな魅力が発見できるかもしれない。

【画像ギャラリー】リフトアップという新たな魅力を備えたアルファードの姿はこちら!(12枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号