エルグランドが先輩なのに…アルファード/ヴェルファイアがミニバン王者に!! なんで高級ミニバンの覇者になれたのよ

エルグランドが先輩なのに…アルファード/ヴェルファイアがミニバン王者に!! なんで高級ミニバンの覇者になれたのよ

 2023年にフルモデルチェンジを迎えたトヨタ アルファード/ヴェルファイアの売れ行きが好調だ。なぜ“アルヴェル”の人気は高いのか? その歴史を辿り、人気の理由をみていくことにしよう。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ、日産

■最新の“アルヴェル”は何が変わった?

高級ミニバンの覇者!!  アルファード/ヴェルファイアの爆走が続くワケ
2023年6月にデビューしたトヨタ 新型アルファード。シリーズ通算4代目のモデルで、前モデルとなる3代目はモデル末期まで順調なセールスを重ねていた

 トヨタの高級ミニバン・アルファードと、その兄弟車であるヴェルファイアの新型が発表されたのが2023年6月21日。同車のモデルチェンジは8年ぶりで、新型アルファードは4代目にあたる。

 新型アルファード/ヴェルファイアの開発テーマは「快適な移動の幸せ」。振動&騒音対策、燃費や走りなどの基本性能を向上させつつ、内・外装デザインに高級感を持たせ、ゆとりの室内空間や使い勝手の良さも追求している。

 今回のモデルチェンジでは、アルファードとヴェルファイアそれぞれの個性をより明確なものにしているのもポイントのひとつ。アルファードはよりラグジュアリーに、ヴェルファイアはアグレッシブな方向へと進化している。

 新型の発表と同時に受注もスタートしたアルファード/ヴェルファイアだが、あっという間に当初の予定台数は完売してしまったという。先代モデルも高い人気を誇っていたが、今回はそれを上回る勢いもあるといわれている。

 では、なぜここまで“アルヴェル”は人気を集めているのか? その歴史を振り返ってみることにしよう。

■満を持して誕生!! トヨタ初の高級ミニバン

高級ミニバンの覇者!!  アルファード/ヴェルファイアの爆走が続くワケ
2002年に初代モデルがデビューしたトヨタ アルファード。アルファードGとアルファードVの2つのモデルが用意された(写真はアルファードG MS)

 アルファードの販売開始は2002年。このジャンルでは日産のエルグランドが先行していて、アルファードはエルグランドに遅れること5年でデビューした。

 ライバルのエルグランドがFRだったのに対し、エルグランドではFFであった。それをベースにした4WDモデルを用意。FFベースで室内空間が広いことや、燃費や税制面で有利な2.4リッター仕様があることなどから、エルグランドを抜いて国内高級ミニバンのトップセールスモデルとなった。

 初代のアルファードには、アルファードGとアルファードVの2モデルがあった。GとVは販売チャンネルが異なることに加えて顔つきにも違いがあり、高級感を全面に押し出したGと、若者層にアピールするいかついフェイスのVが、それぞれの個性を主張していた。

 2008年には最初のモデルチェンジが行われ、アルファードVにはヴェルファイアの名称が与えられて独立した車種となった。プラットフォームや多くのコンポーネンツを共用する兄弟車なのは変わりがないが、外観上の違いはより大きくなった。

 2015年に2度目のフルモデルチェンジを実施。アルファードは3代目、ヴェルファイアは2代目モデルが登場した。このモデルチェンジはミニバンではなく高級車のイメージを重視したもので、アルファードは「豪華・勇壮」、ヴェルファイアは「大胆・不敵」がテーマだった。

 実は、ヴェルファイアはともかく、アルファードがより高級路線へと進化したのは次に説明する理由があった。

次ページは : ■ファミリーカーからショーファーカーへ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!