エルグランドが先輩なのに…アルファード/ヴェルファイアがミニバン王者に!! なんで高級ミニバンの覇者になれたのよ

■ファミリーカーからショーファーカーへ

高級ミニバンの覇者!!  アルファード/ヴェルファイアの爆走が続くワケ
2008年に販売が開始された2代目トヨタ アルファード。プラットフォームも一新した完全新規開発車であり、トヨタのこのモデルに対する意気込みがうかがえた

 高級とはいえ、ミニバンとして登場したアルファードは、本来ファミリーや大人数で使用するためのクルマだった。だが、このアルファードの特性を意外な方向で生かした利用法が生まれてきたのだ。

 2023年4月までトヨタの代表取締役社長を務め、現在は会長の地位にある豊田章男氏は、役員時代の2004年に、仕事に使うクルマをそれまでのセダンからアルファードへと変更した。

 会社の重役などが、運転は専任のドライバーに任せ、自身は後部座席に乗って移動するクルマをショーファーカー、またはショーファードリブンなとどと呼ぶが、このショーファーカーには長年セダンが使用されてきた。

 だが、章男氏はアルファードの室内空間の広さに注目した。まずは広い車内でゆったり仕事ができること、余裕のある空間はくつろぐにも最適なこと。そして必要ならば車内で着替えもしやすいなどがショーファーカーにうってつけだったのだ。

 章男氏の乗り換えがきっかけになったのかは不明だが、高級ミニバンをショーファーカーとして使用する流れは一気に進み、現在では多くの会社重役や芸能人などが高級ミニバンを利用している。

 アルファード/ヴェルファイアはこうしたニーズをうけて、より快適になるよう進化を続け、最新モデルでは日本ならではの「おもてなし」をベースにした機能が多数盛り込まれている。

■生き残ったヴェルファイア

高級ミニバンの覇者!!  アルファード/ヴェルファイアの爆走が続くワケ
2023年に発表された新型トヨタ ヴェルファイア。一時は存続の危機もささやかれたが、継続が正式に決定し、多くのヴェルファイアファンから歓迎されている

 それまでアルファードはトヨペット店で、ヴェルファイアはネッツ店でのみ購入が可能だったのだが、この方針転換によってユーザーの選択肢は一気に広がった。

 顧客側にも“馴染みの店”はあり、それがネッツ店だった場合、どうしてもヴェルファイアを選択せざるを得ないこともあった。もちろん、その反対のケースもあったわけだが。

 アルファードよりもアグレッシブなイメージのあるヴェルファイアは、一時期はアルファードを上回る販売成績を記録していた。しかし、2017年のマイナーチェンジで少々やりすぎた感はあり、あまりに“ヤンチャ”になったヴェルファイアを敬遠する顧客も現れた。

 その結果、モデル(世代)末期となった2022年の販売台数はアルファードの約6万台に対し、なんと2200台と大きく水を開けられてしまった。つまり従来はヴェルファイアを選択していた層がアルファードに流れたということになる。

 販売の低迷により、2023年のフルモデルチェンジではヴェルファイアがなくなるというウワサまで出る始末となった。だが、実際はアルファードと同時にヴェルファイアの新型も発表され、ヴェルファイアファンの心配は杞憂に終わった。

 火のない所に煙は立たぬというだけあって、トヨタ社内でヴェルファイア廃止が検討されたのが事実だったことは2023年6月の発表会で明らかになった。

 ヴェルファイア廃止案に対して、開発チーム、経営陣、販売店から多くの反対の声が上がり、それを受けて存続も決定。ヴェルファイアには支持者も多いことが証明された。

■“アルヴェル”の覇権は今後も安泰なのか?

高級ミニバンの覇者!!  アルファード/ヴェルファイアの爆走が続くワケ
高級ミニバンカテゴリーでは圧倒的なシェアを誇るトヨタ アルファード。2023年6月発表の最新モデルも、受注開始直後に完売となるなど、その人気は健在

 新型のセールスも好調なアルファード/ヴェルファイアだが、いったいこの人気はいつまで続くのだろうか?

 もちろん未来のことは誰も正確に予測できない。だが、現在の状況を見ると、両車の人気はしばらく続くとみて間違いないだろう。

 現在のミニバンはSUV人気に押され、かつてほどのシェアを確保できていないとも聞く。しかし、アルファード/ヴェルファイアは、それまでにあまり例のなかった高級ミニバンというジャンルを確立し、独り勝ちの状態になった。

 好調な売れ行きはメーカーに利益をもたらし、それが次期モデル開発資金にもなる。つまり、現行型のアルファード/ヴェルファイアが売れ続けるかぎり、その王座は当分安泰と考えてよい。

 とはいえ“アルヴェル”をひとくくりで考えると、ライバル不在の状況はあまり健全とはいえない。ここはひとつ、他メーカーからの強力なライバルの出現を期待したい。それが最終的にアルファード/ヴェルファイアのさらなる進化にもつながるはずだ。

【画像ギャラリー】高級ミニバンの人気を独り占め!? アルファード/ヴェルファイアの魅力とは?(15枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します