ヤリスサイズで150万円!! しかもEVだぜ!! もう侮れない中国車最新事業

ヤリスサイズで150万円!! しかもEVだぜ!! もう侮れない中国車最新事業

 みなさんは「中国車」に対してどんなイメージをお持ちだろうか。世界最先端のEV王国は、世界中のクルマ好きの想像を超えたレベルにある。本記事を読めば日本車に迫る脅威をリアルに感じるはずだ。

※本稿は2023年5月のものです
文/佐藤耕一、写真/佐藤耕一、ベストカーWeb編集部
初出:『ベストカー』2023年6月26日号

■中国メーカーが占拠する未来がハッキリ見えた!?

Aito M5。IT大手ファーウェイと重慶のボディメーカー、セレスが提携したAITOの初代モデルM5は、ファーウェイ製Harmony OSを搭載し、同じOSを積んだスマホやスマートウォッチとシームレスに連携する
Aito M5。IT大手ファーウェイと重慶のボディメーカー、セレスが提携したAITOの初代モデルM5は、ファーウェイ製Harmony OSを搭載し、同じOSを積んだスマホやスマートウォッチとシームレスに連携する

 今回の上海モーターショーでは、中国のメーカーが人気を集めるいっぽう、日米欧韓のブースはどこも人が少なく、巨大な中国市場は中国メーカーが占拠するという未来がハッキリと見えたショーだった。

 特に焦っているのはフォルクスワーゲンだろう。同社は全販売台数のうち4割近くを中国に依存しており、中国でシェアを落とすと大きな影響が出る。

 日本のメーカーでは、トヨタ、日産、ホンダがいずれも100万~200万台ほどを中国で販売しており、致命傷というほどではないが、ダメージは免れない。

 さらに脅威となるのが、EVのシェアが加速しているEU市場、そして東南アジアやインド、南米といったエマージングマーケットでの中国メーカーとの競合だろう。

 EU市場は2035年のEV移行に向けて段階的にEVのシェアを高めていくロードマップも決定しており、この機を活かして中国EVがシェア拡大を虎視眈々と狙っているのだ。

■刻々と大きくなりながら迫るBYDの脅威

BYD シーガルはヤリスよりひと回り小さいボディに大人4人がしっかり座れる室内空間を確保。航続距離300kmで150万円を切るEVはBYDにしか作れない。日米欧韓が最も恐れる一台
BYD シーガルはヤリスよりひと回り小さいボディに大人4人がしっかり座れる室内空間を確保。航続距離300kmで150万円を切るEVはBYDにしか作れない。日米欧韓が最も恐れる一台

 今回取り上げた車種のなかでも特に脅威となるのが、今年から日本でも販売を開始したBYDの宋とシーガルだろう。

 BYDの強みはフロアの低いパッケージにある。世界中のメーカーがEVの低床化に苦労しているなか、BYDはバッテリーを内製していることを活かし、ボディ設計と高度に連携した実装を実現し、中国メーカーでもその低床化は群を抜いている。

 シーガルは、その低いフロアによって、ヤリスよりひと回り小さい全長3780mmながら大人4人がきちんと座れるパッケージを実現し、そのうえ航続距離300kmで150万円というコスパは、BYD以外の誰も作れない。

 デザインも、カッコ可愛いハッチバックに仕立てられており、組み立て品質も高く、もともと合理的なコンパクトカーが大好きなEUの顧客に大いにアピールすることで、一大旋風を巻き起こしても不思議ではない。

 一方の宋は、今世界で最も売れている全長4700mm前後のクーペSUVであり、BYDならではのパッケージングとコスパに加え、格段に洗練されたデザインでこちらも人気を呼びそうだ。

次ページは : ■欧州進出を狙う中国の高級EV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!