ソフトトップにも2L搭載か? ロードスター2022年モデルが正式注文受付終了! 元ND型オーナーが語る大幅改良モデルへの思い

ソフトトップにも2L搭載か? ロードスター2022年モデルが正式注文受付終了! 元ND型オーナーが語る大幅改良モデルへの思い

 ロードスターとロードスターRFの2022年商品改良車の注文受付を終了し、販売店での在庫がなくなり次第、販売を終了する。近々大幅改良モデルが登場するのだが、そこで元NR-Aオーナーの伊藤梓氏がその期待について語った。

文/伊藤梓、写真/ベストカー編集部、マツダ

■マイチェン予定のモデルを購入予定

現行型ロードスターNR-A。筆者はつい最近までこのモータースポーツ仕様を所有していた
現行型ロードスターNR-A。筆者はつい最近までこのモータースポーツ仕様を所有していた

 私自身、マツダロードスター(現行ND型)は、約7年所有していたモデルだ。最近、不慮の事故に遭い、残念ながら大切な愛車を失って失意の底にいるが、もちろんまた買い直すつもりでいる。そのくらい、私にとって欠かせない存在だ。

 しかし、現在ロードスターのマツダ公式Webサイトを見ると「ロードスターは現行モデル(2022年商品改良車)のご注文受付を終了しております。販売店での在庫がなくなり次第、販売を終了させていただきます」という表記が。

 これを見て「NDはもう終わってしまうの!?」と勘違いした人もいたようだが、実はこれは、これからマイナーチェンジが行われるための措置。詳しくは以前のベストカーの記事でも紹介したとおりだ。

※こちらが該当の記事

 ということで、私はこのマイナーチェンジを待って、またロードスターを購入しようと考えている。ここで少し迷うのが「どのグレードを購入しようか」ということ。まだマイナーチェンジの詳細はわからないが、これまでとは違うグレードも出るかもしれないので、期待も高まる。

■私が所有していたNDはモータースポーツ用仕様のNR-A

「世界」を変えた初代 ユーノスロードスターが登場した衝撃
4代目(現行)ロードスター。すでに2022年モデルの受注は終了しており、間もなく大幅改良モデルが登場するものとみられる

 これまで私が乗っていたのは、NR-Aというモータースポーツのベース車両。ロールケージも組んであって、レースにも出場していたが、普段の買い物や仕事、さらに旅行でも大活躍だった。

 しかし、モータースポーツをしない前提であれば、個人的に一番欲しかったのは、最軽量の「990S」。走り出しから軽快感溢れるモデルで、「このモデルに乗って、楽しいと思わない人はこの世にいないだろうな」と感じるくらい素晴らしいモデルだった。

ロードスター990S。その名のとおり、車重は1000kgを切っていた軽量グレード
ロードスター990S。その名のとおり、車重は1000kgを切っていた軽量グレード

 今後は、自動車に対してさらに厳しい法規制が課されるため、マイナーチェンジ後に軽量モデルがラインナップされるかどうかはわからないが、同様に運転の楽しさを追求するグレードが設定されたらいいなと思っている。

 そういったモデルが気になりつつも、これまでモータースポーツも楽しんでいた私としては、やはりNR-Aが一番優先度の高い選択肢になると思う。「またロードスターでモータースポーツを楽しみたい」という思いがあるのはもちろん、モータースポーツ用の技術がさらに進化するとすでに発表されているからだ。

次ページは : ■新技術DSC-TRACKに注目!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!