目立たないけど……新型インプレッサが良すぎなのよ!! 国産コンパクトカーの「あっぱれ!」と「喝!」

目立たないけど……新型インプレッサが良すぎなのよ!! 国産コンパクトカーの「あっぱれ!」と「喝!」

 見た目は少し地味なインプレッサだが、実際に乗ってみるととにかく質感が高い! あっぱれな1台だ!! ここでは日本のコンパクトカーの中から「喝!」と「あっぱれ!」を2台ずつ取り上げていこう。

※本稿は2023年7月のものです
文/片岡英明、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年8月10日号

■軽快さと瞬発力の「あっぱれ」2台

スバル インプレッサ。改良した最新型プラットフォームや2ピニオン電子制御ステアリングなどの採用によって、質感の高い走りを実現している
スバル インプレッサ。改良した最新型プラットフォームや2ピニオン電子制御ステアリングなどの採用によって、質感の高い走りを実現している

 2Lの直噴エンジンにモーターを組み合わせたパラレル式マイルドハイブリッドの「e-BOXER」を主役として搭載する最新のインプレッサは、デザインこそ平凡と感じるが、ステアリングを握ると上質さがよくわかる仕立てのいい5ドアのハッチバックだ。

 モーターアシストの効率を高め、エンジンとCVTの制御にメスを入れているから、アクセルを踏み込むとリニアに加速し、実用域のドライバビリティも先代型より大幅によくなっている。静粛性も高い。また、軽やかなハンドリングも好印象である。

 剛性は高く、2ピニオン電動パワーステアリングも気持ちいい操舵フィールを実現している。FF車もいい仕上がりだ。

 ただし、インプレッサは燃費が物足りない。この点でアッパレなのが、第2世代のe-POWERを採用しているノートと上級のノートオーラである。

日産 ノート/ノートオーラ。現行型はプラットフォームを一新し、ハイブリッドのe-POWERも第2世代となりパワーアップするなど、走行性能が向上している
日産 ノート/ノートオーラ。現行型はプラットフォームを一新し、ハイブリッドのe-POWERも第2世代となりパワーアップするなど、走行性能が向上している

 1.2Lの発電用エンジンに電動駆動のe-POWERは瞬発力が鋭く、モーターによる回生も上手だ。アクセルペダルを緩めるだけで速度を自在にコントロールできるeペダルも好印象。下り坂や滑りやすい路面を走ると、その魅力がよくわかるはずだ。

 また、街中を中心とした走りでは燃費がいいのもアッパレである。20km/Lを無理なく出せるようになった。プラットフォームやサスペンションの進化と相まってハンドリングは軽快。スポーティな乗り味を楽しめる。キャビンもコンパクトクラスのファミリーカーとしては合格点。欧州勢と比べても魅力的だ。

■ちょっと気になる点がある「喝!」2台

マツダ MAZDA3。ロー&ワイドの美しいフォルムがウリだが、ファストバックの視界は今ひとつ
マツダ MAZDA3。ロー&ワイドの美しいフォルムがウリだが、ファストバックの視界は今ひとつ

 喝はマツダ3とホンダeである。マツダ3ファストバックはクーペ風のキュートなルックスだが、死角が多く、運転に気を遣う。デザイン優先のシワ寄せはキャビンの広さにも影響を与えている。

 その一方でスポーティな味わいが強く、ハンドリングは正確だ。軽快な動きが売りだが、路面からの突き上げは強めと感じる。

ホンダ Honda e。航続距離が259kmと短い街乗り重視のEV。495万円という価格は割高か?
ホンダ Honda e。航続距離が259kmと短い街乗り重視のEV。495万円という価格は割高か?

 ホンダeは鳴り物入りで登場したEVだが、本気で売る気がないように感じられるのが喝だ。

 街中ベストと言いながらスポーツタイヤを履いているから、電費は今一歩にとどまっている。500万円のクルマなのに後席は一体可倒式だ。質感もそれなりなど、商品としては中途半端だ。

【画像ギャラリー】みなさんもぜひ声に出して読んでください……「あっぱれ!」&「喝!」なコンパクトカー(24枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します