これぞ日本のお家芸!! コツコツと進塁打!! 地味だけど小改良で生き抜く名車5選

 ニューモデルが話題になることは多いが、実は地味ながらも地道にコツコツと改良を続けるクルマも多くある。

 登場から10年しても細かな改良を重ね、ホームランを打たなくても細かくヒットを打ち続けるクルマに焦点を当ててみました。

 コスパの鬼、渡辺陽一郎氏に「地道だけど小改良を続けるいいクルマ」を聞いてみました。

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部


 ■中高年の星?? トヨタアリオンは希少な5ナンバーセダン

 アリオンはミドルサイズのセダンで、プレミオの姉妹車になる。現行型が2007年に発売された時は、従来型と同じく、アリオンはプレミオに比べてボディが短かった。

地味ながらも改良を続け高級感を演出しているプレミオ/アリオン。いまや希少な5ナンバーセダンだ

 45mmの差を付けている。アリオンはカリーナ、プレミオはコロナの後継車種になるため、プレミオを扱うトヨペット店が、アリオンよりも上級に位置付けることを希望したからだ。

 ところが2016年のマイナーチェンジでは、両車の共通化が進んだ。アリオンがボディを拡大してプレミオに近い形状になった。

 プレミオにはカラードサイドプロテクションモールが装着され、依然として差は残るが、改良前ほどではない。

 アリオンの存在感が強まっている。開発の合理化が、差別化を求める販売会社のニーズよりも優先された。

内装もトヨタらしい仕上がり。中高年のオーナーにあわせた作りこみはさすが

 この時には緊急自動ブレーキのトヨタセーフティセンスも装着されて安全性を高めたが、検知できるのは車両だけで歩行者は対象外になる。

 今でもこの状況は変わっていないが、アリオンとプレミオは貴重な5ナンバーサイズのセダンだ。積極的に改良して欲しい。

■マツダアテンザは基本骨格に手を入れて剛性アップ

 2012年に発売されたマツダCX-5は、2017年に現行型へフルモデルチェンジされた。しかし同じ年に発売されたセダン&ワゴンのアテンザは、世界的に販売が低調なこともあり、フルモデルチェンジを見送った。

外観の変更は地味ながら見えない部分の変更は非常に大きい

 その代わり2018年に、外観の変更は地味ながら、中身の濃いマイナーチェンジを実施している。

 エンジンはクリーンディーゼルターボ、2Lと2.5Lのガソリンともに、CX-5やCX-8と同様の改良を受けた。

 特に人気の高いディーゼルは、実用回転域の駆動力が高まり、静粛性や回転の滑らかさも向上している。

 プラットフォームは、基本骨格の剛性を高めるなどの改良を行い、サスペンションの設定も見直した。

 さらにタイヤを新開発している。フルモデルチェンジを行っても、タイヤは従来型と同じタイプを使うことがあるから、マイナーチェンジとしては規模の大きな改良であった。ステアリングの支持剛性も高めた。

人馬一体を標榜するマツダだけあって運転のしやすさなどは評価が高い。インパネ形状も変えた

 このほかインパネの形状も大幅に変えて質感を向上させている。インパネの内部には、各種のメカニズムや空調ダクトなどがギッシリと収まるから、デザイン変更は容易ではない。

 フルモデルチェンジを見送っただけあって、かなり力を入れて改良を施した。

■レクサスCTは入門レクサスとして進化を続ける

 CTはレクサスに属する最小サイズの5ドアハッチバックで、2011年に発売された。エンジンはプリウスと同じ1.8Lのハイブリッドを搭載する。

入門編のレクサスとしていまも人気を誇るレクサスCT

 ノーマルタイプのエンジンは設定されていない。

 プラットフォームは先代プリウスやレクサスHSと基本的に共通で、設計の古さが目立つ。

 そこで2014年に、ほかのレクサス車と同じく、フロントマスクをスピンドルグリルと呼ばれる鋭角的な形状に改めた。

 2017年には、緊急自動ブレーキを作動できるレクサスセーフティシステムプラスを標準装着した。

レクサスらしい高級感をまとった内装。レクサスオーナーのセカンドカーとしての需要も多い

 歩行者も含めて緊急自動ブレーキを作動させ、車間距離を維持しながら追従走行できるレーダークルーズコントロールも備わる。

 内装ではカーナビのモニター画面を10.3インチに拡大した。マイナーチェンジながら相応の進化を見せて、発売から8年を経過するものの、さほど古さを意識させない。

■トヨタエスティマは13年のモデルライフながらも大健闘

 エスティマはトヨタを代表するミニバンで、卵型のボディスタイルが特徴だ。初代モデルを1990年に発売して以来、高い人気を得てきたが、現行型の発売は2006年に遡る。すでに13年を経過した。

マイナーチェンジで印象がすこしかわったエスティマ。このイメチェンは成功だろう

 数回にわたって改良を受けたが、地味に進化したのは発売から10年少々を経過した2016年であった。

 外観はフロントマスクを変更して伸びやかな形状に改め、緊急自動ブレーキを作動できるトヨタセーフティセンスも採用した。内装ではマルチインフォメーションディスプレイを装着している。

 ただしトヨタセーフティセンスは、古いタイプで歩行者を検知できず、2016年には相応に注目されたが今では古さを感じる。

内装もアップデートされたが安全装備はさすがに古さを隠せないか

 フルモデルチェンジするのが理想だが、次期型の開発は行っていない模様だ。現行型が最終エスティマになる可能性が高い。

 それでも販売を続ける背景には、1か月に700台程度は着実に売れている事情がある。エスティマには根強いファンが多いから、安全装備の向上など、機能面における細かな改良を定期的に行って欲しい。

■ダイハツアトレーワゴンは乗用車へ本格進化

 アトレーワゴンは、ハイゼットカーゴのワゴン仕様だ。エンジンを前席の下に搭載してボディの前側を短く抑え、室内長を拡大した。

乗用グレードらしく実用性と快適性も備えている

 そのためにワゴンであれば前後席に大人が快適に座り、なおかつ車内の最後部には、充分な量の荷物を積める。エブリイワゴンと並んで、実用性の高い軽乗用車に仕上げた。

 発売されたのは2005年と古いが、ベースとなるのが商用車だから、フルモデルチェンジを行うサイクルが長い。そこで細かな改良を行い、2017年には、アトレーワゴンとハイゼットカーゴが両方ともにマイナーチェンジを受けた。

スマートアシストIIIの装備で安全性も向上している

 最も注目される改良は、安全装備の充実だ。タントやムーヴなどの軽乗用車と同じく、スマートアシストIIIが採用された。2つのカメラをセンサーに使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。

 このほかフロントマスクなどの外観も改め、アトレーワゴンでは自発光式メーターを装着して内装の質を高めた。エンジンを前席の下に搭載する商用車では、最も高い安全&快適装備を身に付けている。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ