やっぱクラウンはセダンだろ!! 中古が狙い目すぎる!!  格安なら最後の直6!? いやいや大穴は先々代か!?

■ゆっくり走っていても煽られにくい!? 旧型クラウンオーナーの特権

高速道路で14代目のクラウンを見掛けると、思わずアクセルを緩める、という経験をした人も少なくないはず
高速道路で14代目のクラウンを見掛けると、思わずアクセルを緩める、という経験をした人も少なくないはず

 近年、しばしば話題になる悪質な煽り運転。クラウンならそんな悪質ドライバーに絡まれることも少ないかもしれない。

 なぜなら多くのクルマ好きにとって、クラウンは覆面パトカー率の高いモデルとして認識されており、なるべく近づかないようにしている人は多いはず。

 高速道路では注目されすぎてイヤだ、という人もいるかもしれないが、高速道路を自分のペースで走りたい人には悪くない選択肢だと思う。2世代前の14代目で、白やシルバーのアスリートなら尚、良しだ(?)。

■近年のクラウンはUカー流通量も豊富で選び放題

3世代前の13代目。街中でもまだまだ普通に見掛けるが、中古車市場ではかなり割安となっている。狙い目モデルと言っていい
3世代前の13代目。街中でもまだまだ普通に見掛けるが、中古車市場ではかなり割安となっている。狙い目モデルと言っていい

 近年の歴代クラウンはどれも人気車種だったので、中古車市場でもタマ数は多く、先代や先々代あたりなら選び放題だ。

 ピンクのボディカラーなど特殊な条件を除けば選び放題に近い。

 反面、価格帯はまだ高めでお買い得感はあまりない。それでも新車の軽自動車くらいの価格で、先代や先々代が買えるのだから悪くはない。

 それ以前のモデル、例えば直6エンジン搭載モデルあたりになると残っている中古車も減ってくる。

 この先も乗り続けていくなら先代や先々代あたり、とにかくクラウンなら格安の13代目あたりが狙い目だろうか。

 13代目くらいから途端に格安となり、お手頃価格で買える。クラウンを楽しむという目的なら、価格と内容のバランスからそのあたりのモデルを狙うというのもアリだと思う。

【画像ギャラリー】歴代クラウンは新型に隠れた高コスパモデル!! 選択肢が多いのもグッド(5枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!