中古で400万円超!?? 国産最強のステージアオーテックバージョン260RSはなぜ一世風靡した?

中古で400万円超!?? 国産最強のステージアオーテックバージョン260RSはなぜ一世風靡した?

 1990年代、ダントツ人気だったレガシィツーリングワゴンを筆頭に、ホンダアコードワゴン、トヨタカルディナ、日産アベニール、三菱レグナムなどの名車が続々と登場し、一大ブームを巻き起こした、ステーションワゴン。このワゴンにハイパワーエンジンを積んだスポーツワゴンカテゴリも、当時は盛り上がりをみせており、なかでも、日産が1996年10月に発表したスカイライン譲りの走りを備えたラージワゴン「初代ステージア(WC34型)」は、語りつがれる名車のひとつ。その初代ステージアに、1997年10月に追加されたのが、あのGT-Rのツインターボエンジンを搭載したことで一世風靡した「オーテックバージョン260RS」だ。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

ステーションワゴンながら、中身はほぼ「GT-R」

 オーテックバージョン260RS(以下260RS)のベースとなっているのは、初代ステージアの2.5L直6ターボの25tRS FOUR V(これだって280psで相当に速かった)。名称にある「260」は排気量(2.6L)のことで、BCNR33のスカイラインGT-Rと同じ「RB26DETT」を積んでいることを示している。

 エンジンの最高出力はGT-Rと同じく280ps、最大トルクは37.5kgf・m。クーペボディよりも不利なワゴンボディでも車体剛性が維持できるよう、車体およびシャシーには大幅補強が施され、GT-R譲りの電動SUPER HICASや電子制御トルクスプリット4WD、ブレーキにはブレンボ、BBS製17インチ×7JJの鍛造アルミホイール、タイヤはパフォーマンスなBSポテンザRE010など、搭載されたアイテムをみれば260RSはほぼ「GT-Rのワゴン」。見た目は地味であったが、日産史上、最強・最速のツーリングワゴンといっても過言ではなく、当時のクルマ好きの心をくすぐるモデルだった。

オーテック260RSのベースは、2.5リッター直6ターボの25tRS FOUR V。トランスミッションは5速マニュアルミッションのみを設定していた
オーテック260RSのベースは、2.5リッター直6ターボの25tRS FOUR V。トランスミッションは5速マニュアルミッションのみを設定していた
BCNR33のスカイラインGT-Rと同じ「RB26DETT」を搭載、名称を260RSとした
BCNR33のスカイラインGT-Rと同じ「RB26DETT」を搭載、名称を260RSとした

次ページは : 外装は地味だったが、内装にはこだわりが

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します