日産エクストレイルはなぜ売れ続けているのか? 強さの秘密は?

 エクストレイルが売れ続けている。

 現行型にあたる3代目(T32型)のデビューは2013年12月で、すでに6年半が経過。それでも2018年度(2018年4月~2019年3月)の累計販売台数は46487台を記録し(月販平均3873台)、2019年3月は単月で6225台を売り上げた。これは日産の登録車のなかでノート、セレナに次ぐ数字となる。

 激戦が続くSUV市場において、なぜエクストレイルは存在感を示し続けていられるのか? どこがいいのか? 元日産エンジニアの吉川賢一氏に、その魅力の秘訣を聞いてみた。
文:吉川賢一

■なぜ売れ続けているのか?

 2018年は「国産SUV大豊作の年」とも言われており、新型CR-Vや新型フォレスターといった優秀なSUVが次々とデビューした。

 そんなSUV業界の中で、日産エクストレイルは2018年SUV4WD販売台数でNO.1(自販連区分オフロード4WD国産車)という、輝かしい成績を収めている。

 現行エクストレイルが登場したのは2013年、ハイブリッドが追加されたのは2016年、すでにモデル末期に近づいているのに、だ。その理由は、日本人顧客の趣向の動向と、メーカーも考えていなかったラッキーが重なった結果だと、元メーカーのシャシーエンジニアだった筆者は考察する。

デビュー以来コツコツ改良を重ねているとはいえ、メーカーも予想していなかったほど長寿ヒット車となっているエクストレイル。日産はこういうモデルが多い気が…

■エクストレイルの魅力とは?

 T32型エクストレイルは2013年の登場から、毎年のように細かなチェンジを繰り返してきた。

 大きな変更内容としては、2015年にハイブリッド車の追加設定、全車へエマージェンシーブレーキを標準装備化、2017年のマイナーチェンジではフロントグリルやランプ変更、合わせて「プロパイロット」をセレナに続く第2弾として採用、2019年にはオーテックジャパンのカスタムカー「AUTECH」グレードを販売開始など。エクストレイルは、商品魅力を常に磨き続けてきた。

2019年1月に追加設定された「AUTECH」。セレナ、ノートに続くAUTECH第3弾で、上品なカスタマイズグレードとなる

 日産によると、エクストレイルのウリは、「インテリジェント4×4が実現する圧倒的な走破性」、「プロパイロットをはじめとする未体験の先進技術」、「先進のシャシー制御が実現する、意のままの走り」である。確かに、エクストレイルに乗ってみれば、どれも訴求力のある魅力的なアイテムであり、その価値は体感できるものが多い。

 ただ、こうした性能を求めて購入を決める顧客がどれだけいるだろうか。

 筆者は、一番の決め手はもっと分かりやすい理由だと考えている。

■エクストレイルが売れ続ける「2つの仮説」

 ひとつめは「ボディサイズと価格」である。

 エクストレイルは全長4690mm×全幅1820mm×全高1730-1740mm(20S 4WD 243.7万円~)。

 ライバルであるスバルフォレスターは4625mm×1815mm×1715-1730mm(AWD 280.8万円〜)、ホンダCR-Vは4605mm×1855mm×1680-1690mm(4WD 323万円~)、マツダCX-5は4545mm×1840mm×1690mm(25S 4WD 279.7万円〜)となっている。

 実はエクストレイルは同クラスの他車に比べて「長くて、幅が狭くて、全高が高く、最も安い」。

 つまり、SUVの大切な積載性を、リーズナブルに提供している、という特徴を持っているのだ。

 もちろん、カタログや公式サイトで事前に車体寸法や価格を詳細に調べ、ライバルと比較していく方は(最近は増えたとはいえまだまだ)少ないであろうが、車種選択の中で販売店を訪れて、エクストレイルを見た時に、多くの荷物を載せられて、しかもベース価格が「安い」となれば、必然的に顧客の頭には残るであろう。

「実はちょうどいいサイズとリーズナブルな価格」という、なるほどな理由。日産ならではのアラウンドビューモニターやプロパイロットの設定も根強い支持の理由か

 ふたつめは「クセの少ないボディスタイル」である。

 デザインが「主張しすぎていない」ことも要因だったのではないだろうか。トヨタC-HRやホンダCR-VのようなカッコいいSUV、フォレスターやRAV4のような無骨なSUV、こうした特徴が無かったことが「特徴」となっていて、クセが少なく「普通のボディスタイル」をしていたことも、よい影響を及ぼしているのではないだろうか。

 好き嫌いを生じにくい「ユニバーサルデザイン」なところが、日本人には知らぬうちに刺さっていたと考えられる。

激戦区であるがゆえにライバルが「特徴をだななくては」と躍起になっているなかで、老舗の強さか「オーソドックスなスタイル」を貫くことで、かえって目立つことに成功しているエクストレイル

■まとめ

 オンロードやちょっとした雪道程度を移動するようなドライバーにとって、この300万円前後の4WD SUVは、どれも魅力的に映る。その中で、エクストレイルが売れ続けている理由は、「大きめのボディ」を「リーズナブルに提供」している点と筆者は推測する。もちろんそれは、エンジニア達の涙ぐましい努力の成果でもある。

 世界中で販売されているエクストレイル(海外ではローグ、キャシュカイ)はNISSAN SUVブランドの稼ぎ頭でもある。マーケットの大きな世界に目を向けているぶん、日本国内市場が蔑ろにならないよう、次期型もユーザーの期待に応え続ける1台であってほしい。

(編集部注/現在、編集部に入っている情報によると、次期型エクストレイルのデビューは2020年後半を予定。e-POWERが設定される世界戦略車となるもよう)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ