マジかよ!! 新型クラウンスポーツまさかの受注停止!? ならばハリアーを買うってのはどうよ!?!?

マジかよ!! 新型クラウンスポーツまさかの受注停止!? ならばハリアーを買うってのはどうよ!?!?

 2023年10月に販売開始された「クラウンスポーツ」。ライバル車のひとつとして挙げられるのが、同門SUV「ハリアー」だ。今回は、この2台がどのように違うのか、さまざまな視点から比較する。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、奥隅圭之

■クラウンスポーツとハリアーは似たようなサイズだけど何が違う? 

新型クラウンスポーツ(全長4720×全幅1880×全高1565mm/車体価格590万円)
新型クラウンスポーツ(全長4720×全幅1880×全高1565mm/車体価格590万円)

 以前のクラウンはセダンだったが、新型は需要の回復を狙って4種類のボディを用意する。

 第1弾のクラウンクロスオーバーは2022年に発売され、2023年10月には第2弾のクラウンスポーツが投入された。

 クラウンスポーツの全長は4720mm、全幅は1880mmだから、ハリアーの4740mm・1885mmに近い。そこでこの2車を比較する。

 全長と全幅は似ているが、全高はクラウンスポーツが1565mmと低く、ハリアーは1660mmと高い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も、クラウンスポーツは2770mmと長く、ハリアーは2690mmと短い。

 この数値の違いにより、クラウンスポーツの外観には塊感があり、リヤ側のドア付近に大きなウネリも入る。後輪の踏ん張り感が強調され、車名が示す通り外観はスポーティだ。

 ハリアーはSUVの典型的なデザインで、外観のボリューム感が強い。フロントマスクを含めて、車内の豪華さや広さを表現している。

 最小回転半径は、クラウンスポーツは後輪操舵の採用で5.4mに抑えた。ハリアーは5.5~5.7mと大回りになる。

■車内の使いやすさはほぼ互角!! 乗降性能で選ぶならハリアーがオススメ!

写真は、ハリアーの後部座席。クラウンスポーツとハリアーの後部座席の室内空間はほぼ互角。乗降性能と荷室に関してはハリアーのほうが優勢である
写真は、ハリアーの後部座席。クラウンスポーツとハリアーの後部座席の室内空間はほぼ互角。乗降性能と荷室に関してはハリアーのほうが優勢である

 クラウンスポーツのインパネは、クラウンクロスオーバーに似たデザインだが、光沢のあるパネルを使うなど質感を高めた。

 しかしハリアーも立体的で、メッキパーツや合成皮革はクラウンスポーツよりも積極的に使っている。クラウンスポーツは上質だが渋い雰囲気も併せ持ち、ハリアーは鮮やかな印象だ。

 視認性や操作性は互角だが、ATレバーはハリアーの操作感覚が馴染みやすい。

 前席はクラウンスポーツの場合、腰を包む印象だ。ハリアーはシート生地によって異なるが、柔軟でリラックスできる座り心地に仕上げた。

 後席の座り心地は両車とも似ている。身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の頭上空間は、クラウンスポーツ、ハリアーともに握りコブシ1つ分だ。

 後席の膝先空間は、クラウンスポーツが握りコブシ2つ弱で、ハリアーは2つ分だから若干の余裕がある。

 居住空間については、クラウンスポーツが文字通りスポーティで、ハリアーはくつろげる雰囲気を大切にしている。

 乗降性は前後席ともにハリアーが優れる。クラウンスポーツは、全高がハリアーに比べて95mm低く、ドアの開口部も下側に向けて下がっているため、乗降時には頭を下げる姿勢になるからだ。SUVでは乗り降りがしにくい部類に入る。

 後席を使っているときの荷室長は、クラウンスポーツが959mm、ハリアーは985mmで大差はない。しかし荷室高は、クラウンスポーツは632mmだが、ハリアーは全高も高く750mmの余裕がある。そのために積載性はハリアーが優れている。

次ページは : ■気になる燃費は? 先進安全装備で選ぶならクラウンスポーツが圧倒的に有利!! 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ