おおマジかよ、安っす!! 初代オデッセイとステップワゴン100万円台スタートだったの!? エアコンも取っ払っちゃう割り切り作戦アリじゃね!?

おおマジかよ、安っす!! 初代オデッセイとステップワゴン100万円台スタートだったの!? エアコンも取っ払っちゃう割り切り作戦アリじゃね!?

 初代オデッセイにステップワゴン、さらにはCR-Vといわゆるクリエイティブムーバーたち。これらの初代モデルときたらまさかの100万円台スタート!! エアコンレスと非現実的な内容ながら、こんな割り切り今でもアリでは!? 高くなりすぎた今の新車たちに一石投じるにはどんな作戦がいいかね!?

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■今や乗り出し400万円!! 初代オデッセイにステップワゴンが100万円台ってマジか

かつての衝撃と栄光はどこへ…迷走続くオデッセイの光と影
いまやボディも大型化し値段も超絶アップ!! でもオデッセイの良さって初代の価格設定やコンパクトなサイズじゃなかった!?

 1990年代中盤に登場したホンダの「クリエイティブムーバー」シリーズ。

 1990年代初頭に流行していたRV車(現在のミニバンやSUVを一括りとしたジャンル)を持たなかったホンダが満を持してリリースしたモデルたちを指す。

 具体的には1994年デビューのオデッセイ、95年デビューのCR-V、そして96年デビューのステップワゴンとS-MX。そして99年デビューのラグレイトの5車種となる。

 この5車種のうち、現在でも現役モデルとして存在するのが、オデッセイ、ステップワゴン、CR-Vということになる。

 オデッセイは本年冬に日本市場に復活、CR-Vは海外専売モデルだが、まもなく再復帰を果たす予定。

 これらの3モデルのエントリーグレードの価格は、今では考えられないほど低価格となっていたのだ。

■安さにウラあり……まさかのエアコンレス仕様だった

かつての衝撃と栄光はどこへ…迷走続くオデッセイの光と影
とはいえ180万円以下でこの高級感ならアリじゃないか!?

 その価格はオデッセイが179.5万円~、CR-Vが172万円~、ステップワゴンが154.8万円~(すべてデビュー時の東京での希望小売価格)と軒並み180万円を下回っていた!!

 現在のちょっと良いクラスの軽自動車並みの金額ということになる。

 もちろん20年ほどの時代の流れはあるものの、2L~2.2Lクラスの車両としてはかなり安価な価格設定となっていたのだが、これには理由があったのだ。

 エントリーグレードとして用意されたオデッセイの「B」、CR-Vの「B仕様」、そしてステップワゴンの「N」グレードに共通していた特徴が、エアコンがオプション設定だったのだ。

次ページは : ■ないのはエアコンだけじゃない!! 無塗装バンパーに衝撃の1スピーカーAMラジオだけ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号