RVR PHEVとして市販してくれ! 三菱エクスフォースのカッコよさが諦めきれない!

RVR PHEVとして市販してくれ! 三菱エクスフォースのカッコよさが諦めきれない!

 インドネシアで生産される三菱エクスフォースの納車体制が整ったという。「なんだよ海外で売られるクルマかよ」と目を背けないでほしい。三菱の新世代デザインをまとったクルマだし、次期RVRとして日本で市販される可能性だってあるためだ。改めてその可能性を探ってみよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車

■4つのドライブモードまで備えるエクスフォース

三菱エクスフォース
三菱エクスフォース

 2023年の11月16日、インドネシアにある三菱自動車の現地法人が「インドネシア全土に向けたエクスフォースの供給準備が整った」と発表した。

 エクスフォースについておさらいしてみよう。このクルマは8月に行われたインドネシア国際オートショーで、三菱自動車が発表したコンパクトSUVだ。同社はこのクルマをインドネシアで生産し、アセアン諸国はもちろん、南アジアや中南米、中東、アフリカにも展開するという。

 ところがその姿を見てみると、新興国向けで終わらせるのは惜しいと感じる。エクステリアにはアウトランダーやエクリプスクロスとは異なる新世代のダイナミックシールドが採用されているし、FFながら「ノーマル」「ウェット」「グラベル」「マッド」という4つのドライブモードまで備えているからだ。

 いっぽう日本には、エクスフォースを導入すべき事情がある。日本市場における三菱のSUVラインナップは、「アウトランダー」「エクリプスクロス」「RVR」という3兄弟で構成されているが、ボトムを担うRVRが旧態化しているためだ。

インドネシアで行われたエクスフォースの出庫式
インドネシアで行われたエクスフォースの出庫式

 実はRVRは欧州市場で「ASX」という名前で販売されており、こちらは一足先にフルモデルチェンジを果たした。ところがその実態はルノー キャプチャーのOEMで、キャプチャーが市販されている日本に導入しても存在感が出せない。つまり、日本には別のRVRが必要なわけだ。

 ここでエクスフォースの存在が急浮上してくる。最大の理由はボディサイズだ。エクスフォースは全長4390mm×全幅1810mm×全高1660mm。これを現行RVR(全長4365mm×全幅1810mm×全高1640mm)と比べると、ほぼ同じなのだ。

 次期RVRについては来年にも登場するはずの日産キックスがベースという説もあるのだが、いかんせんボディサイズが一回り小さい(現行モデルで全長4290mm×全幅1769mm×全高1605mm)。先代比でキャビン容積が小さくなってしまうため、こちらの可能性は低いと言わざるを得ない。

次ページは : ■パワーユニットと安全法規対応が壁

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!