まるでセダン感覚!? ルノーアルカナにフランス車の味はなし? 新開発ミッションはスムーズな作り込みだった

まるでセダン感覚!? ルノーアルカナにフランス車の味はなし? 新開発ミッションはスムーズな作り込みだった

 ルノーから登場したクーペSUVのアルカナ。シリーズ・パラレルハイブリッドにドグクラッチまでも採用した話題盛りだくさんの1台。変速のギクシャク感も少なく仕上がりは上々だ!

※本稿は2023年12月のものです
文/水野和敏、写真/RENAULT、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年12月26日号

【画像ギャラリー】足の固さはフランス車らしくない!? ルノー アルカナ E-TECH ENGINEEREDを水野和敏氏が評価(15枚)画像ギャラリー

■安定感があるも伸びしろ多数

操舵のレスポンスがシャープ。路面のザラザラが感じ取れる。ロードノイズも若干大きめ。路面のペイント段差を超える際も突き上げがある
操舵のレスポンスがシャープ。路面のザラザラが感じ取れる。ロードノイズも若干大きめ。路面のペイント段差を超える際も突き上げがある

 リアガラスに大きな歪みがありますね。ミラーで後方を見ると気になります。

 フランス車というよりも日本車っぽい乗り味です。例によってゆっくり走りながら大きく操舵をすると、レスポンスがシャープです。

 これはタイヤのCP特性によるものです。路面のザラザラ感を感じるし、ロードノイズもちょっと気になります。

 波状路面のペイント段差を超える際もダンダンとした突き上げを感じます。

 速度を上げた下り坂のコーナリングでわざと急激に操舵を入れてみても、フロントがつんのめるような姿勢の乱れはありません。ただ、タイヤのスキール音は比較的早い段階で聞こえます。接地面を活かし切れていないのです。

 ただし、ロールしてGがかかった状態で路面のギャップを越えるような場面で底付きをします。このような場面でスッといなしてほしいものです。

■SUVというよりもセダンに近い感覚

ブレーキの前後バランスは良好だが、キャリパーの剛性不足が要因なのか、フルブレーキングで踏み込み量が奥に伸びる
ブレーキの前後バランスは良好だが、キャリパーの剛性不足が要因なのか、フルブレーキングで踏み込み量が奥に伸びる

 ハイブリッドのパワーユニットは上手に制御しています。

 基本的にはモーター主体で走っているのですが、ターンパイクのような山道の上り坂でアクセルを踏み込むとエンジンが駆動力に加わっている。

 それを意識させることなく自然に切り替わっているので、エンジンで走っているのかモーターで走っているのか、一瞬わかりません。

 ただし、シフトチェンジの感覚は伝わってきます。ドッグミッションの変速を緻密に制御しているのですが、やはり変速はわかります。

 スポーツモードに切り替えると、低速ギアを積極的に使ってエンジンンの駆動力参加が増えます。ノーマルモードとの違いが明確です。

 ブレーキは前後輪をしっかりと使って、バランスのいい制動力配分です。ただ、フルブレーキングでペダルを目いっぱい踏み込むと、ペダルの踏み込み量が奥に伸びてしまいます。これはキャリパー剛性の不足が要因でしょう。

 アルカナはSUVというよりも、セダン感覚に近い乗り味のクルマです。

次ページは : ■水野和敏 取材メモ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!