よく考えられたクルマだわ……WR-Vは日本市場にピッタリ!! 250万円以下も驚きの走行性能とは?

よく考えられたクルマだわ……WR-Vは日本市場にピッタリ!! 250万円以下も驚きの走行性能とは?

 2023年末に公開されたコンパクトSUVのホンダ WR-V。約210万円からというお買い得感爆上がりの価格設定となった。ホンダの稼ぎ頭といえば軽自動車のN-BOXがあるが、登録車でも目玉が欲しかったホンダの救世主となるか!?

※本稿は2023年12月のものです
文/鈴木直也、写真/HONDA、ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2024年1月26日号

【画像ギャラリー】ホンダのホンキが見えてきた!! 高価じゃないけど安っぽくないコンパクトSUV・ホンダ WR-V(30枚)画像ギャラリー

■国内市場と海外市場のギャップは自動車メーカーの悩みのタネ

全長4325mm、全幅1790mm、全高1650mmでホイールベースは2650mm。ボンネットフードが高く、フロントグリルが大きいので存在感のある顔だ
全長4325mm、全幅1790mm、全高1650mmでホイールベースは2650mm。ボンネットフードが高く、フロントグリルが大きいので存在感のある顔だ

 自動車メーカーがグローバル化すると、悩ましいのは自国ローカルの市場とグローバル市場のギャップ。要するに、売れセンのクルマがローカルとグローバルでは異なる、という問題だ。

 ホンダは日本の自動車メーカーの中でもっとも早く海外展開した会社だけに、そのヒズミは年々拡大するばかり。

 北米や中国では大型セダンやSUVが売れているけど、日本市場はずーっと軽自動車のN-BOXが稼ぎ頭。本来販売の中核を担うべきフィットの意外な不振なども手伝って、中間を埋める車種が手薄になって久しかった。

■やっと欲しかったカテゴリーのクルマが登場した!

WR-Vは直4、1.5Lガソリンエンジンを搭載するFFのみの設定。バリエーションを絞ることでコストを圧縮し、209万8800円からというバリュー感の高い価格とすることができたという側面もある
WR-Vは直4、1.5Lガソリンエンジンを搭載するFFのみの設定。バリエーションを絞ることでコストを圧縮し、209万8800円からというバリュー感の高い価格とすることができたという側面もある

 しかし、待たされた甲斐はあったと言っていい。待望のニューモデルWR-Vに試乗してみて、「コイツは日本のマーケットをよーく研究してるぞ!」と感心することしきり。少なくとも、販売の現場がいちばん待ち望んだ商品となっているのは間違いない。

 まず、狙ったターゲットが的確だ。世界的にSUVが多数派となって久しいが、日本市場はただSUVであるだけではダメで、やや小さめでお手軽価格という条件がつく。

 そういう意味で、全長4325mm、全幅1790mmの車格感で約210万〜250万円という価格設定はどストライク。これまでのホンダ車に欠けていた「お買い得感」がすごくある。

 サイズ感としては全長はヴェゼルとほぼ同じ。ZR-Vよりは245mm短く、キックスやヤリスクロスよりも大きい。フロントマスクにボリューム感があり、実際のサイズよりも“立派”な佇まいで、存在感がある。

次ページは : ■ホンダアジア圏開発拠点の共同プロジェクト

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!