このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開

このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開

 日本ではとうとう販売が終了してしまったトヨタ カムリだが、アメリカでは9代目が発表された。さらに2024年シーズンのNASCARに参戦する「トヨタ カムリXSEレースカー」が初公開。つくづく販売終了が惜しくなるカッコよさだ!!

※本稿は2024年1月のものです
文/大音安弘、写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』2024年2月10日号

■めちゃシブのNASCAR仕様カムリ

忠実に市販車のディテールを再現したスタイルだが、灯火類はシールで再現! 構造はパイプフレームのFRで、米国TRD設計の5.8LのV8・OHVが搭載されるなど中身も別物だ
忠実に市販車のディテールを再現したスタイルだが、灯火類はシールで再現! 構造はパイプフレームのFRで、米国TRD設計の5.8LのV8・OHVが搭載されるなど中身も別物だ

 トヨタが、米国で2024年春に発売する新型カムリの発表に続き、2024年シーズンのNASCARカップシリーズ(NCS)に参戦する「トヨタ カムリXSEレースカー」を初公開した。

 新世代モデルを象徴するハンマーヘッドマスクを採用したクーペフォルムは、めちゃめちゃカッコイイ。このままカムリクーペ版であったソラーラの復活を願いたくなるほどだ。

 NASCAR参戦車はパイプフレーム構造で、市販車に模したデザインの金属製ボディカウルを被せている。

 近年、デザインの自由度が高められ、より市販車のイメージに近いスタイルが再現されているが、ボディサイズや形状には厳密なレギュレーションが定められているため、そのカッコよさは、マシンの開発を行ったトヨタ、米国TRD、トヨタの米国デザイン拠点「キャルティ」の3社の技術のなせる技といえよう。

 そこまで忠実なディテールにこだわる背景には、NASCAR人気の高さがある。何しろ、来シーズンは、毎週末レースが行われる予定で、その活躍は販売の後押しにも繋がる。

 先代となる「カムリTRD」は、過去2年間で18勝を重ね、ポールポジションも25回獲得しているだけに、その後を受け継ぐ、「カムリXSEレースカー」にも大きな期待が寄せられているというわけだ。

■三大ナショナルシリーズ快進撃のトヨタ

精悍なデザインのボディ。リア周りでは薄型テールライトなど新型カムリを再現
精悍なデザインのボディ。リア周りでは薄型テールライトなど新型カムリを再現

 トヨタはメーカーとして唯一、三大ナショナルシリーズのすべてに参戦しており、来期も、エクスフィニティシリーズ(NXS)にGRスープラを、クラフツマントラックシリーズ(NCTS)にタンドラTRDで挑む。

 これまでの通算成績は、2007年の参戦のNCSが180勝とチャンピオンシップ3回、同じく2007年参戦のNXSで201勝とチャンピオンシップ4回、さらに2004年より参戦するNCTSでは、228勝とチャンピオン9回と、その存在感を示してきた。

 新カムリのデビュー戦となる開幕戦は、2024年2月4日、LAメモリアルコロシアムで開催される「クラッシュ」となり、各チームから合計8台が参戦する。如何なる走りで観客を魅了してくれるのか、開幕が待ち遠しいばかりだ。

次ページは : ■米国カムリは新型が登場!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!