スイフトよりデカいのに安いという衝撃!! 日本じゃ不発も140万円台でACC標準って……バレーノって超絶お得だったんじゃないか説

スイフトよりデカいのに安いという衝撃!! 日本じゃ不発も140万円台でACC標準って……バレーノって超絶お得だったんじゃないか説

 おそらく国産車史上初であったインドからの逆輸入車。そうスズキ バレーノだが、ストレートにいえば日本ではあまり売れなかった……。でも今思えば141万円スタートなのにACCも標準装備であり、コスパ最強モデルだったのだ。

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

■インドじゃ爆裂ヒット!! バレーノスポーツもあるゾ

 2016年から日本での販売をスタートした、スズキのコンパクトカーであるバレーノ。

 えっ、そんなクルマ知らないって?? まあ確かにお世辞にも日本で売れたモデルとは言えないし、ディーラーもそこまで積極的に販売をしていた感じもないため、ご存知ない人が多いのも仕方がない。

 もともとバレーノはインド市場向けに生まれたモデルであり、日本向けもインドで生産したものを輸入する形で販売されていた。

 ただインドでの人気は凄まじく、2021年11月にインド国内の累計販売台数が100万台を達成したほどだったのだ。

■1Lターボで6速ATってだけでも胸アツ!! スペーシアより安かったのよ

ベースのXGは内外装ともにXTに比べれば簡素なイメージ。それでもACCは標準だったのだ
ベースのXGは内外装ともにXTに比べれば簡素なイメージ。それでもACCは標準だったのだ

 インドでは2015年10月に発売を開始したバレーノ。日本では同年の東京モーターショーで初披露され、翌年の3月から販売を開始した。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1745mm×全高1470mmとなっており、スイフトよりも全長と全幅がやや広く、全高が低いワイド&ローなスタイル。

 日本車離れしたデザインはドイツのオペルのコンパクトカーのような雰囲気を醸し出していた。

 デビュー当初は1.2LNAのデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせの「XG」と、1.0Lの直噴ターボ、ブースタージェットエンジンと6速ATの組み合わせの「XT」の2グレードでスタート。

 全てのグレードに先進安全装備の「レーダーブレーキサポートII」を標準搭載し、約40km/h~100km/hと制限はあるものの、アダプティブクルーズコントロールも標準装備となっていた。

 価格はXGで約141万円、XTで約162万円と3ナンバーボディを持つハッチバックとしては破格で、ちょっとした軽自動車よりも大幅に安い価格となっていた。

 さらにXTには約11万円のセットオプションを選択すれば8つの装備が付いたのだ。

 代表的なモノとして本革シートやハロゲンフォグランプ、マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)、ステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーターなどなど。

 これを選んでも車両本体価格が約173万円と超バーゲンセールとなっていたのだ。

次ページは : ■狙うはターボのレギュラー仕様!! 中古買うなら年式要注意

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!