日産はパイクカー(Be-1やフィガロ)をなぜ復刻させないのか

 1980年代後半に、一世を風靡したジャンルがあった。既存の市販車をベースにしながらデザインに特徴をもたせたモデルで、「パイクカー」と呼ばれた。その先鞭をつけたのは1987年に初代マーチをベースにして発売された日産Be-1。日産はその後、パオ、エスカルゴ、フィガロ、ラシーンと同じテイストのモデルを連発し、それぞれ大きな話題を巻き起こして、ヒット車となっている。

 日産はこのシリーズを、なぜ再び立ち上げようとしないのか。以下、元メーカーのエンジニアである吉川賢一氏が解説する。
文:吉川賢一 写真:日産自動車


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ