「終のクルマ」に決めていた「ダイハツハイゼットデッキバン」のMT車を購入! 自動車評論家が八丈島生活の相棒に決めたワケ

「終のクルマ」に決めていた「ダイハツハイゼットデッキバン」のMT車を購入! 自動車評論家が八丈島生活の相棒に決めたワケ

 ベストカーWebでおなじみの自動車評論家、国沢光宏氏はクルマとバイクを複数台所有しているのだが、今回ダイハツハイゼットデッキバンを中古で購入したという。ハイゼットトラックとバンも所有する国沢氏が購入を決めた理由とは何か?

文/国沢光宏、写真/国沢光宏、ダイハツ

■以前から決めていた「最後のクルマ」

国沢氏が購入を決めたダイハツハイゼットデッキバン。2020年式の4年落ちモデルだという
国沢氏が購入を決めたダイハツハイゼットデッキバン。2020年式の4年落ちモデルだという

 以前から何度も「最後のクルマはハイゼットのデッキバン。マニュアル車」と書いてきた。まだ最後のクルマじゃなさそうだけれど、手頃な売りモノが見つかったのと、最近の不正でダイハツに厳しく当たっていたので、少し応援しようという気持ちが加算されサイフのヒモが緩んでしまった。といっても新車で購入しようというほど強力な応援度合いではありません。

 デッキバンというクルマ、アウトドアが好きな人なら辛抱たまらない存在。例えば釣り。行きは問題ないけれど、幸運にもサカナを持って帰ろうとすれば相当生臭くなる。コマセなど使うときもそう。

 私は魚釣りに行く時は臭くても平気ながら、そうじゃない時はイヤという我が儘なので、釣ったサカナやエサ、濡れた網などは車内に持ち込みたくないのだった。

後部に荷台を持つデッキバンは重宝しそうだ
後部に荷台を持つデッキバンは重宝しそうだ

 はたまたアウトドアで発電機や船外機を使った時は、ガソリン臭い。こいつは車内に積むとアタマ痛くなる。サカナ臭さと違い、健康にも悪い影響ありそう。デッキバンなら荷台に積めばOK。

 夏場は孫たちを連れて海に行く。帰りは濡れたウェットスーツや3点セット、水着などを濡れたまんまで車内に積むのははばかられる。デッキバンだと濡れたまま積んで水洗いしたら終了だ。

■ハイゼットはすべて5速MTのトラックとバン、デッキバン追加で全制覇!

国沢氏が所有しているハイゼットバン
国沢氏が所有しているハイゼットバン

 まだ続く! 先日行われたボートショーでSUP(スタンドアップパドルボード)の特売をやっていたため、健康のため購入。釣り小屋のある八丈島で楽しもうと思っている。デッキバンならルーフキャリアを付けて運べます。

 ここまで読んで「そういった遊び道具、軽トラックなら問題ないでしょ」と思うかもしれません。確かにサカナも発電機も積めるが、人もふたりしか運べない。SUPだって少し厳しい。

 100歩譲って自転車やバイク、レーシングカートなどを運びたい時は軽トラックを同時所有していればいいだけ。2台合わせても自動車税は年額1万円。同じく重量税1年で6600円。任意保険も車両保険なんか入ることもないため、駐車場さえあれば普通乗用車1台分のランニングコストで所有できる。

同じくこちらも国沢氏が所有しているハイゼットトラック
同じくこちらも国沢氏が所有しているハイゼットトラック

 私は凝り性なので、トラックとバン、デッキバンを揃えちゃいました(泣)。しかも同じ世代の5速マニュアル車とな! 

■2020年モデルのデッキバンを購入

国沢氏のハイゼットデッキバンの中古価格は120万円だったそう
国沢氏のハイゼットデッキバンの中古価格は120万円だったそう

 そもそも私が厳しい対応をしているのは「ダイハツ」じゃなく、不正をしたダイハツの社員。自動車メーカーはすべてマイラバーです。

 ここで思い出した。不正記者会見の際、一般メディアの記者が「ダイハツに存在意義はあるのか?」と言った。「そこまで言うか!」とアタマにきた! デッキバンを作ってるのダイハツだけやで!

 ということで私が買ったのは4年落ちのデッキバンでございます。初年度登録2020年なので先代の後期モデル。走行7000km。グレードは『L SAIII』の4WDマニュアル。中古車価格120万円とな。

ハイゼットデッキバンのリアシート。非常にシンプルだ
ハイゼットデッキバンのリアシート。非常にシンプルだ

 新車価格144万6500円だったので、4年後も83%を維持している。軽自動車って値落ちが小さい。ここまで書いて「だったら新車を買えばよかったかも」と思ったりもする。

 ちなみに現行型車の同じグレードは147万4000円。もし、デッキバンを買おうと考えているのなら、新車のほうがいいかもしれません。私の場合、前述のとおり最後のクルマにしようと思っている。

次ページは : ■現行型でMT絶版が決定したら新車に乗り替え確定!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!