クラウンクロスオーバー特別仕様車「LANDSCAPE」のフォルムを見て思わず唸った……かつてのスバル「アウトバックセダン」じゃないか!!

クラウンクロスオーバー特別仕様車「LANDSCAPE」のフォルムを見て思わず唸った……かつてのスバル「アウトバックセダン」じゃないか!!

 トヨタがクラウンクロスオーバーの一部改良で新たに特別仕様車として発表した「LANDSCAPE」だが、そのフォルムを見て思わず「こりゃまるでアウトバックセダンじゃないか!」。そこでアウトバックセダンをクローズアップしてみた。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、スバル

■クラウンクロスオーバーRS「LANDSCAPE」はワイルドでカッコいいのだが……

トヨタがクラウンクロスオーバーRSの特別仕様車として設定した「ランドスケープ」
トヨタがクラウンクロスオーバーRSの特別仕様車として設定した「ランドスケープ」

 2024年4月4日にトヨタがクラウンクロスオーバーに一部改良を施し、また特別仕様車のRSランドスケープを設定した。オーバーフェンダーやオールテレインタイヤ装着など、まさにゴリゴリのアウトドア仕様として設定されたこのフォルム。パッと見、何かに似ているような……。

 そう、かつてのレガシィのクロスオーバーモデル、アウトバックセダンだ。その名前を聞いてもピンと来ない人が多いかも知れない。そもそもアウトバックセダンとは何か?

日本では2代目レガシィツーリングワゴンに設定されたクロスオーバーモデル、グランドワゴン。北米ではセダンもあった
日本では2代目レガシィツーリングワゴンに設定されたクロスオーバーモデル、グランドワゴン。北米ではセダンもあった

 日本では2代目レガシィツーリングワゴン時代、1995年に車高を上げたクロスオーバーモデル「レガシィグランドワゴン」として初めて設定されており、北米では1994年から初代アウトバック名で販売されていた。日本ではツーリングワゴンのみの設定だったのだが、北米ではセダンにもアウトバックが設定されていたのだ。

 続く1998年に3代目レガシィツーリングワゴンから日本国内では車名をレガシィランカスターに変更してクロスオーバーモデルを継続。こちらも日本国内ではワゴンのみだったが、北米では引き続き2代目アウトバックの名でセダンモデルも設定した。

北米で販売された2代目アウトバックのピックアップモデル、「Baja」(バハ)
北米で販売された2代目アウトバックのピックアップモデル、「Baja」(バハ)

 なお、この2代目アウトバックにはピックアップモデルの「バハ」も設定されていたのは有名。ちなみに開発を担当していたのは先代インプレッサPGMを務めた阿部一博CIO(最高情報責任者)常務執行役員だった。

北米専売の3代目アウトバックセダン。日本では4代目レガシィB4に当たる
北米専売の3代目アウトバックセダン。日本では4代目レガシィB4に当たる

 さらに4代目レガシィツーリングワゴンでは車名を再び改名してレガシィアウトバックとして設定。引き続き、北米市場専用モデルとしてセダンの3代目アウトバックも販売されていた。

■現在、アウトバックのセダンモデルは設定なし

5代目レガシィアウトバック(北米名:アウトバック)以後はセダンモデルは設定されていない
5代目レガシィアウトバック(北米名:アウトバック)以後はセダンモデルは設定されていない

 北米市場で一定数の支持層が存在したアウトバックセダンだったが、販売台数的にはやはりワゴンには及ばず、4代目アウトバック以後はワゴンのみに。続く5代目、そいて現在の6代目アウトバックにはセダンは設定されていない。

7代目レガシィB4。北米では販売されているが、日本には未導入。車高を上げてアウトバックセダンに仕立てればいいのに……
7代目レガシィB4。北米では販売されているが、日本には未導入。車高を上げてアウトバックセダンに仕立てればいいのに……

 クロスオーバーモデルのセダンはほかに競合するモデルが少なかっただけに、歴代アウトバックセダンは北米市場専用となっていたのだろうが、今回クラウンクロスオーバーRSランドスケープが出てきたことを思うと、時代が早すぎたのだろうかと惜しまれる。

【画像ギャラリー】クラウンクロスオーバー特別仕様車「LANDSCAPE」は北米専売のアウトバックセダンの再来?(21枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します