130万円で300馬力が手に入る[レヴォーグ]!! 86も手頃になってきた! 新社会人にオススメしたいクルマ6選

130万円で300馬力が手に入る[レヴォーグ]!! 86も手頃になってきた! 新社会人にオススメしたいクルマ6選

 就職のタイミングや、アラサー、アラフォーといった世代の移り変わりなど、折りに触れて訪れる人生の転換点。人生のターニングポイントで、どのようなクルマを選べばいいのか? ここでは大学を卒業して新社会人となる若者のクルマ選びを考えてみよう!!

※本稿は2024年4月のものです
文:伊達軍曹/写真:MAZDA、TOYOTA、SUBARU、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2024年5月10日号

■自動車センスが磨ける中古車を100万円ちょいで手に入れろ

まずは安い中古車で充分だが、4年制大学卒の新社会人には「総額100万円+α」程度まで金額を上げた予算で、さまざまな車種を広く狙っていただきたい
まずは安い中古車で充分だが、4年制大学卒の新社会人には「総額100万円+α」程度まで金額を上げた予算で、さまざまな車種を広く狙っていただきたい

 2024年の春に大学を卒業して社会人への大転換を遂げた各位に対しても、職業人生については「各自がんばってください」であり、クルマに関しては「なる早で購入し、その価値に気づいてください。そして買うのは安い中古車で充分です」ということになる。

 とはいえ高卒新社会人と少しだけ異なるのは、購入すべき中古車の価格帯だろうか。高卒新社会人各位には50万~70万円くらいの中古車を推奨させていただくが、いちおう高卒新人よりは初任給が高いはずの4年制大学卒の各位であり、入社した会社から見れば“幹部候補”でもある。

 そうであるならば、中古車の価格帯は「総額100万円+α」まで上げ、幹部候補生としての気概と気合を見せつけたい。そして総額100万円ちょいの予算があれば、けっこういろいろな車種が普通に狙えるものだ。

■おすすめ1:マツダ ロードスター(3代目)

マツダ ロードスター(3代目)
マツダ ロードスター(3代目)

 言わずと知れたマツダ ロードスターの3代目。最近のクルマと違い、ドライバーの運転を過剰にサポートする電子デバイスは付いていないため、これを相棒とすれば真の運転技量を会得可能。もちろん「オープンエアの快感」も知ることになるだろう。

●狙い目中古車相場:80万~140万円
●このクルマで得られるもの:オープンエアの快感と秀でた運転技量

■おすすめ2:トヨタ 86/スバル BRZ(初代)

トヨタ 86(初代)
トヨタ 86(初代)

 シンプルなFRレイアウトに低重心な水平対向エンジンを搭載した軽量スポーツ。そんなモデルのMT車をあえて選べば、若い世代の人間としてかなりの希少価値を獲得することに。もちろん「運動性能」の理解も促進される。

●狙い目中古車相場:110万~140万円
●このクルマで得られるもの:「素直な運動性能」についての理解

■おすすめ3:スバル レヴォーグ(初代)

スバル レヴォーグ(初代)
スバル レヴォーグ(初代)

 日本の道路に合ったサイズ感のスバル製ステーションワゴン。1.6Lターボと2Lターボの2種類があるが、2Lターボは最高出力300ps。「パワー=正義」という、この世の身も蓋もない真実を、身をもって体感できるだろう。

●狙い目中古車相場:130万~150万円
●このクルマで得られるもの:「パワー=正義」というある種の真理

■おすすめ4:三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5
三菱 デリカD:5

 4WDモデルであればSUV並みの悪路走破性能を発揮する3列シートミニバン。ワイルドな週末を過ごすためには今、最適なクルマの一つ。デザインもいい。

●狙い目中古車相場:100万~130万円
●このクルマで得られるもの:ワイルドで豊かな週末

■おすすめ5:フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)

フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)
フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)

 実用ハッチバックにおける世界的定番の先代モデル。その乗り味は「グローバル基準」と言えるもので、今後海外ビジネスを進めていくうえでの参考にもなるはず。

●狙い目中古車相場:80万~120万円
●このクルマで得られるもの:「世界基準」という肌感覚

次ページは : ■おすすめ6:トヨタ プロボックスバン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します