【シボレー ジープ キャデラック!!】最新アメリカ車の魅力に撃沈!


 底抜けに明るくて、底抜けに脳天気で、底抜けに楽しい! シボレー コルベット、ジープ グランドチェロキー、 キャデラックCT6をピックアアップし、そんなアメ車の魅力を今一度考えてみる「アメ車バンザイ」企画。

 ナビゲーターには欧州車志向の強い自動車評論家の清水草一氏。「アメ車なんて最も興味がないんだぜ!」と吠える清水氏がアメ車と出会ったとき、どんな化学反応が起こるのか!!? その魂の声に耳を傾けてほしい!

※本稿は2019年7月のものです
文:清水 草一/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年8月26日号


【アメ車のスポーツカーに乗る!】 シボレーコルベットこそクルマ好きの桃源郷!

試乗車はV8、6.2LOHVエンジンを積むコルベットグランスポーツ(8AT車)。グランスポーツの名は2代目コルベット(1963年)のプロトタイプレースカーが初出

 俺様は根っからのヨーロッパ車かぶれ! フェラーリの崇拝者だ。逆に最も興味がないのがアメ車だぜ! アメ車のことにはまるで詳しくない! もちろんコルベットについてもあんまり詳しくないんだぜ!

 ところが、今はちょっと違う。現代のフェラーリに幻滅した反動で、コルベットがもの凄くステキに見えちまったんだヨ~!

●シボレーコルベットグランスポーツ(価格:1209万8700円)

全長4515×全幅1970×全高1230mm、ホイールベース2710mm、車重1600kg、エンジン:V8、6.2L OHV、トランスミッション:8AT、最高出力466ps/6000rpm、最大トルク64.2kgm/4600rpm、駆動方式:FR。試乗車はZ07パフォーマンスパッケージ装着により、専用エアロを装備しているほか、ブレンボ製大径カーボンセラミックブレーキローターを備えている

 現行コルベット(C7)が発表されたのは6年も前のこと。

 当時フェラーリ458イタリアに乗っていた俺様は、見た瞬間に「このデザイン、458の影響を受けている!」と親近感を覚えたが、中身は相変わらずかなり大味なアメリカンスポーツで、繊細な俺様には食い足りなかった。

 ところがこの6年で、フェラーリはすっかり様変わり。V8はターボになり、甲高い快音は消えた。しまいにゃPHVまで出す始末。フェラーリがエコって意味ねーだろ! 魂の燃焼はどこ!?

 逆に6年前には何も感じなかったコルベットが、今はやたらと心に刺さる! この単純明快なカッコよさ。古きよき不良だ! そして単純明快な大排気量のパワー! V8 OHVを守っている姿勢も超ステキ。

 今ごろになって「オレが求めていたのはオマエだぜ!」という思いすら湧いてきた。

 今回試乗したグレードは「グランスポーツ」。コルベットとしてはベーシックな6.2L、V8OHVの466psエンジンを積み、ハデなエアロで武装したモデルだ。

 この上にはスーパーチャージャーを装着した658psのモンスター、Z06があるが、いやあ、パワー的にはこっちで充分!

 これでもフルパワーをかけると簡単にホイールスピンが始まる気配(気配だけにしときました……)が濃厚。これ以上速かったら怖いでちゅ! もうすぐ還暦なので。

 手動で脱着できるルーフを外し、ハデなレッドの内装をひけらかしつつ、オープンエアで高原を流せば、「デロデロデロ~」という伝統のOHVサウンドが猛烈に心地いい! うひ~~~~、コルベットってこんなにもよかったのか!

やはりコルベットはクーペでも屋根を開けると様になる。最強グレードの「Z06」と同じ仕様の足回りとなっている

 6年前にも思ったことだが、現代の水準からするとボディはユルいし、足もバタつくが、今となってはこのプリミティブなフィーリングに涙が出る。いつの間にか俺様は、世にあふれる「できすぎ君」なスーパースポーツに飽き飽きしていたらしい! 目を開かれる思いだぜ!

 コルベットは間もなく新型に切り替わる。しかもミドシップだという! ウルトラ期待が高まるじゃないか! コルベット最高!

【アメ車のSUVに乗る!!】 JEEP グランドチェロキーのタフさに脱帽!

現行型は2010年にデビューした4代目で、3代目メルセデスベンツMクラスとはハードウェアの約3割を共有しており、ダイムラーから技術供与を受けたクライスラー最後のモデルでもある。4WDシステムのクォドラトラックIIおよびセレクテレインシステムを採用し、JEEP初となるエアサスペンションと4輪独立懸架サスペンション(リアにマルチリンク採用)を備え、オンロード性能も向上。すでにモデル廃止となったJEEPコマンダーの役割を受け継ぐ

 アメ車の大型SUVといえば、超バカデカくてウルトラ大味と相場が決まっているが、グランドチェロキーは違う。

 なにせ、ダイムラー・クライスラー時代に開発が始まったから、一部メルセデスMLクラスと共通なんだモン!

●JEEP グランドチェロキー トレイルホーク(価格:630万円)

全長4835×全幅1935×全高1805mm、ホイールベース2915mm、車重2200kg、エンジン:V6、3.6L DOHC、トランスミッション:8AT、最高出力290ps/6400rpm、最大トルク35.4kgm/4600rpm、JC08モード燃費:9.6km/L、駆動方式:4WD。試乗車は今年5月に発売された限定車で、オフロード走行用のオプション装備であるオールテレーンタイヤを装着している

「そりゃあモノホンのアメ車じゃないぜ」とおっしゃる方もいるでしょう。でもでも、お箸の国の人としては、ウルトラ大味でウルトラバカデカいリンカーン・ナビゲーターとかより、こっちのほうが断然安心感があるんです。

 だってだって、乗り味が適度に繊細かつ緻密で、サイズもデカいけどデカすぎないから! それでいてアメリカンな味わいは充分なので、俺みたいなアメ車初心者にはうってつけ!

 ゴーカイかつ安楽で凄くe気持ち。誰にでもオススメできるアメ車なんですヨ~!

 試乗車は限定100台の「トレイルホーク」。エンジンは3.6L、V6でござりました。「グラチェロ」は、当初5.7Lとか6.4LのV8 HEMIエンジンだったけど、現在はV6がメインになっているんだね。

限定車のJEEPグランドチェロキートレイルホーク。最高出力290ps、最大トルク35.4kgmのV6、3.6L DOHCは充分!

 このV6は現代的なメカを持ち、スペック的にも290ps/35.4kgmあるので、パワー/トルクは必要にして充分! なんの不足もございません。アメリカンなデロデロサウンドもちゃんと演出されておりまする。

 そりゃV8のほうがもっとゴーカイさんでしょうし、トップエンドには707psを誇る6.2LのV8スーパーチャージャーを搭載した「トラックホーク」もあるワケですが、おサイフが……。

 個人的にはこれで満足っす! これが630万円ってのはお買い得感ある! 最安は489万円から! ウレシイじゃないか!

ラゲッジスペースも必要十分な広さを持つ

 いや~しかし、トラックホークにも乗ってみたいね。707psって空でも飛ぶのかに? ワクワク。このワクワク感がアメリカンドリーム!

 インテリアもシックで質感が高く、微妙にメルセデスを感じるけど、これまたお箸の国の人にはなかなかに好ましく落ち着きます。

 メッキの使い方も大味じゃな~い! 繊細でステキ! でも大らか! これはモテそうな気がする。グラチェロを買えばきっとモテる! 明日から俺もモテモテだ!

次ページは : 【アメ車のセダンに乗る!】 キャデラックCT6は“古きよきアメ車”のままだった!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ