どこ停めたっけ? はもう古い!! 旧車でも使える愛車の居場所わかる神道具

どこ停めたっけ? はもう古い!! 旧車でも使える愛車の居場所わかる神道具

 大規模のショッピングモールなどの施設にクルマを駐車した後、いざ戻ってきた時「あれ?どこに停めたっけ」と焦った経験はないだろうか。また増え続ける車両盗難に対しても常に自車位置を把握しておくことは重要だ。そこでオススメしたいのが「スマートトラッカー」の活用。一体どのようなメリットがあるのか、筆者が自腹で購入しレポートした。

文:高山正寛/写真:高山正寛・アイキャッチ(yamasan@Adobestock)

■昨今のクルマには付いているが・・・

トヨタ純正のテレマティクスサービスである「T-Connect」にあるカーファインダー機能。
トヨタ純正のテレマティクスサービスである「T-Connect」にあるカーファインダー機能。

 昨今のクルマにはテレマティクスサービスの採用が増えてきている。車両に搭載されているGPSや通信回線を使うことで自車位置をスマホ側で確認できる。しかし、それが搭載されていない車両、例えば中古車などの古いクルマはどうすれば良いのだろうか。

 そこで本来の使い方ではないが、今、スマホ関連用品の中で非常に売れている「スマートトラッカー」を活用することをオススメしたい。

 「スマートトラッカー」は「スマートタグ」とも呼ばれるもので、本来は自分のクルマや家の鍵、財布などに付けておくことで、紛失を防止するデジタルガジェットだ。

 家の中に絶対あるはずなのに、いくら探しても見つからない・・・。そんな時、専用のスマホアプリからその場所、またはすぐ近くにある場合は「スマートトラッカー」に内蔵されたブザーを鳴らすことで見えない場所に埋もれている鍵などを見つけることができるわけだ。

■きっかけはやはりあの企業の製品

「スマートトラッカー」が世界中で大人気になったきっかけは2021年に発売されたAppleの「AirTag(エアタグ」)にある。

 iOS14.5(iPadOSも同様)以降を搭載したiPhone&iPadをBluetooth接続することでタグの位置をスマホ上で確認できるという考えは同じだ。

 基本AirTagはアップル製品のみでしか使えない。一部サードパーティ製アプリとNFCを搭載したAndroid携帯でも利用は可能だが保証はできない。ゆえに他のメーカーからAndroid OSでも使える「スマートトラッカー」が数多く発売されたことで一気に市場が拡大したのだ。

 この考えを元に「スマートトラッカー」をクルマ側に置くことで冒頭に述べた「駐車時の場所の把握」また万が一盗難にあった際、自車位置の追跡が可能になるわけだ。

 ただ、ここで多くの読者の方は疑問に思うだろう。「デジタルトラッカーにはGPSが無いのに何故自車位置がわかるのか?」という点だ。

 確かに「デジタルトラッカー」にはGPSは搭載されない。ただBluetooth接続によりスマホ側のWi-Fiやモバイル通信回線を使うことで自車位置が確認できる。

 ここで重要なポイントとなるのが、クルマから離れるとBluetooth接続が切れてしまい、自車位置は把握出来ないのではないか、という点だ。

 これもまた正しくて、要はスマホで確認できるのは最後に接続が切れた場所なのである。

 駐車場などの場合は駐車後基本クルマは動かないわけだから、スマホで(最後の)場所は把握できる。スマホアプリ上の地図画面を見ながら車両の位置を確認しながら近づいていき、接近したらBluetoothが再接続されるのでブザーを鳴らすことも可能だ。

 補足するとApple製品には「探す」アプリというものがあり、自分のBluetooth接続が切れても、そのAirTagの近くを他のiPhoneや通信機能付きiPadが通過すれば位置情報が更新される。日本は特にアップル製品が売れているので都市部など人口の多い場所であれば結構な頻度で更新されるが、逆にユーザーが極端に少なくなると更新頻度は落ちることになる。

次ページは : ■筆者自腹購入、オススメのデジタルトラッカー3選

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!