【ヴォクシーに統一でノア、エスクァイア消滅!?】大人気ミニバン3兄弟の命運やいかに

 2001年に「タウンエースノア」「ライトエースノア」という車名から統一されてカローラ店向けの車種「ノア」となり(その時点でネッツ店向けの「ヴォクシー」も誕生)、そこから3代目となる2014年には(トヨタ店・トヨペット店向けとして)「エスクァイア」を追加。

 現在は平均で単月合計約1万5000台を販売する大ヒットミニバンに成長したノア/ヴォクシー/エスクァイアが、岐路に立たされている。

 トヨタの販売系列統合により、車名の統一が近づいているのだ。

 ではこの人気のノア/ヴォクシー/エスクァイアは、どの車名で統一されるのか。

 販売事情に詳しい流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、現時点での情報を収集してきてくれた。
文:遠藤徹 写真:トヨタ

■どれがカッコいい? 大ヒットミニバン3兄弟の現行型写真ギャラリー


■売れている車名に統一されるのが常道

 兄弟車を1車種に統合する場合は、「最初に発売になったモデル」ないし「最も売れ行きの良い人気モデル」にするのが一般的である。

 トヨタの大ヒットミニバン、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの場合、この3車種の今年1~8月における登録累計を見ると、ヴォクシーが6万2765台で前年同期に比べて1.7%増、月平均7846台と最も多く、次いでノア3万8057台、前年比2.2%減、月平均4757台。エスクァイア2万9145台、前年比7.2%増、月平均3643台の順となっている。

 こうしたデータから、車名統合されるならば、ヴォクシーが残るということが有力となる。

トヨタのミドルクラスミニバン3兄弟のうち、一番売れているのがヴォクシー。現行型は2014年の発売で、現在もヒット中

 ノアのほうが最初に発売されたので、こちらの選択肢もあったのだが、月販台数で3000台もヴォクシーのほうが多いのでは、ヴォクシーに軍配が上がるのは販売戦略上当然の判断といえよう。

 なぜ販売台数が多いほうが優位か。「同じ車種に乗り換えたい」というお客への対策だ。

 この種の量販モデルがフルモデルチェンジないしはビッグマイナーチェンジする場合、同一車種での代替え比率は約30%といわれる。したがって、保有台数が多くなり、次世代モデルではより販売台数を稼げることにつながる。

 人気が高ければ代替え時の査定、下取り額が高くなるので、こちらについてもベターといえる。

 首都圏にあるネッツ店の営業マンによると、

「ヴォクシーの5年後の中古車価格は約170万円でノアよりも約30万円高い。これは新車時の人気の高さだけでなく、中古車輸出時の引き合いの多さにも起因している。東南アジアなどに輸出されているが、見栄えが良く若者受けがよいヴォクシーだと高値がつくので、当然代替え時の下取り額が高くなる」

 と指摘している。

車名の伝統は一番あるノア。現在は鉄仮面のようなグリルを装着しており、ファミリー層向けではあるものの、かなり派手な顔になっている

■すでに東京では全車全店舗扱いとなっているが

 この3兄弟のこれまでの扱い店はヴォクシーがネッツ店、ノアがカローラ店、エスクァイアはトヨタ店、トヨペット店となっている。

 ボディパネル、エンジンなど基本コンポーネントは同じで、エクステリアデザインはヴォクシーが若者向けで個性的なかっこ良さ、ノアはファミリー志向でおとなしめ、エスクァイアはクオリティの高いつくりなどを強調している。グレードの呼称はヴォクシー、ノアは異なるが価格設定はまったく同じ。エスクァイアは15万円ほど高くなっている。 

3兄弟のなかでは一番最後に設定された車名なれど、車両本体価格は一番高いエスクァイア。取り扱い販売店(トヨタ店・トヨペット店)の顧客層の関係で、高級志向となっている

 2019年4月からまず東京地区でメーカー資本のトヨタ4系列店が統合し「トヨタモビリティ東京」が発足し、3兄弟は全店扱いとなった。東京地区のトヨタモビリティ東京足立地区の某店営業マンは、

「3兄弟が全店舗で扱うようになり、次第に販売台数に格差が生じるようになっている。ヴォクシーがさらに抜け出して好調なのは、主にエクステリアデザインの見栄えの差によるものだ。やはりこの手のミニバンは派手な外装、押し出しの強いフロントマスクが好まれる傾向にある。ただ、たとえ車名が統一されたとしても、グレード名などでノアやエスクァイアの名前は残るだろうし、それぞれの雰囲気やテイストは引き継がれるはず」

 と分析している。

■約1年半後のフルモデルチェンジがポイントか

 ではこの車名統合、ヴォクシーへの一本化は、いつ頃に実施されるのか。

 2020年5月には全国レベルでトヨタ4系列店が統合し「トヨタモビリティ○○」(○○は都道府県名)となり、3兄弟は全販社扱いになるので、このタイミングでヴォクシーへの一本化を実施発表が濃厚である。この場合、すぐに行われるのではなく、2020年末までといった準備期間が設けられることになる。ただ2021年末か2022年初めに世代交代し、この時点で統合した新型車に引き継ぐとの見方もあり、どちらにするかまだ明確になっていない。

■証言1「新型に切り替わる2022年初頭では?」首都圏ネッツ店

「3兄弟の統合は最も売れているヴォクシーにするのが自然である。実施時期はフルモデルチェンジし世代交代する2022年初めあたりを予想している。2020年5月から全店で扱われ、以降は3兄弟の格差はさらに拡大するので、こちらの動向次第では多少早まる可能性もある」

■証言2「統一車名をもともと売っていたところが有利」首都圏カローラ店

「3兄弟はノアが最初に発売され、マーケットに定着しているので、できれがこちらに1本化してもらいたいところだ。それぞれの販売店にはそれぞれの顧客が付いており、ヴォクシーに統合されればそれまでずっとヴォクシーを売ってきた店のほうが(他系列店に比べて)有利になる。2020年5月の3車種併売以降の実績を見ながら、最終的にどうするか決めると思うのでそれまではしっかりと売り切りたいと考えている」

■どれがカッコいい? 大ヒットミニバン3兄弟の現行型写真ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ