ルノー新型カングー初公開!! 独特すぎるオーラで登場 発売は来春か

最新のインフォテインメントシステムを装備

現行カングーのコクピット
現行カングーのコクピット
新型カングーのコクピット。タッチスクリーン付きインフォテインメントシステムを備える。現行モデルのコクピットと比べるとかなりモダンな印象
新型カングーのコクピット。タッチスクリーン付きインフォテインメントシステムを備える。現行モデルのコクピットと比べるとかなりモダンな印象

 インテリアは、ダッシュボードデザインが公開されている。水平基調のプレーンなデザインのダッシュボードを採用。

 その中央には、大型モニターのタッチスクリーン付きインフォテインメントシステムが備わる。サイズは2種類あるようだが、バン仕様を含めて、ルノー最新の「EASY LINKマルチメディアシステム」が採用されている。トランスミッションは、現行型同様にMTとATの両方が用意されている。

 ボディサイズについての情報はないが、スライドアの開口部やリアサイドガラスの大きさなどから推測すると、現行型よりも拡大されているようだ。

 また、よりスクエアなデザインによって大きさを強調しているが、全幅もわずかに拡大するとみられる。若干のサイズアップは、安全面に加え、ライバルの影響もあるだろう。

同クラスのライバル、シトロエン・ベルランゴ&プジョー・リフターと比較

ベルランゴのカタログモデルの先行予約は2020年8月27日から開始(価格は312万~338万円)。2019年10月に行われた2度の先行オンライン予約では5時間で満枠となった。写真は2020年10月9日、追加生産が決定し発売された特別仕様車のSHINE XTR PACK。価格は349万円
ベルランゴのカタログモデルの先行予約は2020年8月27日から開始(価格は312万~338万円)。2019年10月に行われた2度の先行オンライン予約では5時間で満枠となった。写真は2020年10月9日、追加生産が決定し発売された特別仕様車のSHINE XTR PACK。価格は349万円
2019年10月に先行モデルがデビューしたベルランゴの兄弟車、プジョー・リフターも2020年11月25日からカタログモデルの発売が開始された。価格はAllureが329万円~、GT Line First Limitedが379万円~
2019年10月に先行モデルがデビューしたベルランゴの兄弟車、プジョー・リフターも2020年11月25日からカタログモデルの発売が開始された。価格はAllureが329万円~、GT Line First Limitedが379万円~

 同じセグメントのシトロエン・ベルランゴとプジョー・リフターのボディサイズは、全長4405×全幅1850×全高1850mm(※リフターは1880mm)となっており、現行型ルノー・カングー(※全長4280×全幅1830×全高1810mm)よりもひと回り大きい。

 また側面衝突の安全性を高める意味でも車幅の拡大は十分あり得る。ただ現時点での現行カングーの積載容量が660L~2866Lであるのに対して、ベルランゴとリフターは、597L~2126Lにとどまり、カングーが一歩リードしている。

 単純計算では、ボディサイズが拡大すれば、カングーの優位性がさらに高まるが、安全性能の強化やプラットフォームの刷新がユーテリティにどのような影響を与えるのか注目される。

 お財布事情となると、シンプルな現行型カングーは、お手頃プライスを掲げているが、豪華装備とパワフルなクリーンディーゼルエンジンを備えるベルランゴとリフターは現行型カングーより、ずっと高価。

 ただ装備やエンジンが異なるため、若干ユーザー層も異なっており、今はお互いのライバル意識は薄め。ベルランゴとリフターも仕様が異なるので、価格帯も少しずれる。

洗練されたデザインのベルランゴのコクピット
洗練されたデザインのベルランゴのコクピット
使い勝手のよさも人気のベルランゴのインテリア。2列シート5人乗りだ。本国には3列7人乗り仕様も用意されている
使い勝手のよさも人気のベルランゴのインテリア。2列シート5人乗りだ。本国には3列7人乗り仕様も用意されている

新型ルノー・カングーの日本導入は2022年となりそう

残念ながら新型ルノー・カングーの日本導入はかなり先になる見通し。2022年に導入される可能性が高い
残念ながら新型ルノー・カングーの日本導入はかなり先になる見通し。2022年に導入される可能性が高い

 現状は、互いがカテゴリーを盛り上げるよきライバル関係にあるといえるだろう。それだけに次期カングーが上級化を意識していることが気になるところだ。

 しかし、日本への新型カングー導入は、そう早くはない様子だ。欧州でも2021年春の正式発売という表記にとどめられている。

 歴代モデルの日本導入を振り返ると、新型がデビューイヤーにお目見えするケースは少ない。おそらく「東京モーターショー2021」が発表の舞台となり、その翌年となる2022年の日本導入とみるのが妥当だろう。

 ルノー・ジャポン広報部によれば、2021年早々に販売を切り上げる予定はなく、日本法人でもフランス発表以上の情報は持ち合わせていないとのこと。

 まずは欧州での新型の情報を確認し、現行型の購入か、新型を待つかの判断でも遅くはなさそう。

 ただ、今後もフレンチMPVの独自性が保たれることは間違いなく、日本のミニバンにとって、より脅威的な存在となりそうだ。

【画像ギャラリー】超絶進化し大ヒット確実の新型ルノー・カングーと熾烈な販売競争が予想されるシトロエン・ベルランゴを写真でチェック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!