超実力派!!! 新生ルノールーテシアが日本最激戦区にやってきた!!!!

超実力派!!! 新生ルノールーテシアが日本最激戦区にやってきた!!!!

 2020年11月、日本でも販売が開始されたルノーの5代目ルーテシア。4代目は曲面で構成された官能的なエクステリアデザインが好評を博し、6年連続でBセグの欧州ベストセラーを獲得。2013年~2018年で260万台を販売した。初代からは4世代の累計で1500万台を販売している大ベストセラーカーだ。

 そんなルーテシアがプラットフォームから一新し誕生した5代目。Bセグといえばヤリスやノート、フィットなどが競合する日本でも指折りの激戦区だが、その実力はどれほどのものなのか。自動車評論家 岡本幸一郎に、その素性を確かめてもらった。

●新型ルーテシアのポイント
・新設計プラットフォームを採用
・新開発1.3L直4ターボを搭載
・7速に多段化したDCTを採用
・内装デザイン&機能が大幅に進化
・先進予防安全装備の機能が充実

●主な先進予防安全の機能
・歩行者、自転車検知機能付き衝突被害軽減ブレーキ
・後側方車両検知警報
・車線逸脱警報
・交通標識認識
・前方車間距離警報

【画像ギャラリー】本文未掲載!! ルノーの真髄 鮮やかなボディカラー群を全掲載

※本稿は2020年11月のものです。試乗日:10月28日
文/岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■実用性はCセグに迫るレベル

 新型ルーテシアは昨年秋の東京モーターショーにも出展され、そう遠くないうちに日本でも発売されるはずだったところ、コロナ禍によりだいぶ遅れてしまったようだが、異彩を放つフレンチコンパクトの上陸を待ちわびていた人も少なくないことだろう。

 バン・デン・アッカーによるデザインがいかに秀逸であるかは、先代からのキープコンセプトぶりでも明らかで、ぜんぜん古さを感じさせない。

 顔つきや全体の雰囲気が、まさしくメガーヌの弟分になったのは見てのとおりだ。

街中の細い通りでも運転しやすく、キビキビ走る
街中の細い通りでも運転しやすく、キビキビ走る
ボディサイズは先代モデルとほぼ同じだが、全長は2cm短くなっている
ボディサイズは先代モデルとほぼ同じだが、全長は2cm短くなっている

 一方でインテリアはガラリと変わった。

 従来型は樹脂パネル等の質感がいまひとつだったりして、やっぱりBセグだよなと思ったものだが、新型は手の触れる部分にソフトパッドが配されるなどして一気にグレードアップしている。

 最上級の「インテンス テックパック」にはレザーシートまで与えられているほどだ。

曲線と水平基調を取り入れたインパネ周りのデザイン。ダッシュボードやドアパネルなど手を触れる部分にソフトな素材を使用し、質感も先代モデルよりも大きく向上した。メーターパネルは液晶ディスプレイを使用
曲線と水平基調を取り入れたインパネ周りのデザイン。ダッシュボードやドアパネルなど手を触れる部分にソフトな素材を使用し、質感も先代モデルよりも大きく向上した。メーターパネルは液晶ディスプレイを使用
座面長を長くとり、包み込むような形状でサポート性を高めているフロントシート
座面長を長くとり、包み込むような形状でサポート性を高めているフロントシート

 この背景には、大きくなり過ぎたCセグからBセグにダウンサイズする人が欧州でも増えているという事情が影響している。

 彼らが不満を抱くことのないように、新型ルーテシアはボディサイズを従来より若干小さくしながらもクオリティは高めたわけだ。

 加えて後席やトランクは広くなっているというのもありがたい。

 後席はレイアウトの見直しやシートの工夫などにより居住空間が拡大し、トランク容量も大幅に増加して一般的なCセグをはるかにしのぐ391Lを達成したというからたいしたものだ。

リアシートは先代より膝周りのスペースが向上し、必要充分な広さを持つ
リアシートは先代より膝周りのスペースが向上し、必要充分な広さを持つ
ラゲッジスペースは上位クラスモデルに匹敵する391Lの容量を確保。実用性の高さも魅力
ラゲッジスペースは上位クラスモデルに匹敵する391Lの容量を確保。実用性の高さも魅力

 外観のイメージは継承しながらも、プラットフォームは日産や三菱とのアライアンスに基づく新規のものに刷新されている。

 さらにパワートレーンも、そこにメルセデスを加えたアライアンスで開発された1.3Lターボエンジンに湿式クラッチとなった7速DCTが組み合わされ、走りのほうもかなり変わった。

次ページは : ■パンチの聞いた加速で走りは意外と刺激的!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!