プジョー、シトロエン… 話題のフレンチMPVは日本で使える相棒か


 2019年10月にシトロエン ベルランゴとプジョー リフターの限定車導入され、フレンチMPVへの脚光が高まる絶好の機会となっている。

 特に国産ミニバンよりも、同じフランスのルノー カングーと比較されることも増えてきた。家族のためにミニバンを買いたいけれど、つまらないクルマには乗りたくないというユーザーは少なくないだろう。

 最新のフレンチMPVは、その期待に応える日本でも扱いやすいモデルなのか。それぞれの特徴に迫ってみた。

文/大音安弘、写真/CITROEN、PEUGEOT、RENAULT、トヨタ

【画像ギャラリー】プジョー/シトロエンの最新フレンチMPVをみる


カングーに加えプジョー/シトロエンも日本に参入

 そもそも輸入車MPVは、長い間、ルノー・カングーの独壇場であった。そのカングーは、コマーシャルバンの乗用モデルである。

 意外にも、その素性は働くクルマなのだ。日本には、2002年より初代モデルの導入を開始。

 愛らしいスタイル、取り回しやすい5ナンバーボディ、見た目より広く使い勝手に優れた機能性など国産ミニバンにはない魅力で注目を集めた。

愛らしいスタイル、扱いやすい短い全長、洒落たデザインとカラーで人気なルノー・カングー

 特にデザインとカラーの人気は高く、日本人がイメージする洒落たフランスのイメージにピタリと符合。フランス車好きだけでなく、趣味人からも愛されるようになり、その盛り上がりが公式イベント「ルノー・カングー・ジャンボリー」を生み、育んでいくことになった。

 そんなカングーも現行型となる2代目が2009年に上陸した当初は、サイズアップや“ゆるキャラ”的デザインが賛否を呼んだが、使い勝手の向上に加え、個性的なデザインの支持者も増えたことで、よりユーザー層を広げることになる。

 このようにコマーシャルバンから派生したMPVは、VWキャディ(ドイツ)やフィアット クーボ(イタリア)など各メーカーもラインアップしているが、昨年よりプジョーとシトロエンが日本参入を決め、今年8月よりシトロエンの「ベルランゴ」がカタログモデルへと昇格し、本格販売が開始されている。

2020年8月よりシトロエン ベルランゴがカタログモデルへと昇格し、本格販売が開始

 話をシンプルにするために、シトロエン ベルランゴとプジョー リフターの関係性から説明しよう。両者は、同じPSA傘下のブランドにあるため、共通のプラットフォームを採用し、開発。

 このプラットフォームがユニークで、プジョーの最上級車「508」にも使われる最新の「EMP2」をフロント側のみ採用。後部は、従来型のものをブラッシュアップさせたものという特徴的なもので、ラゲッジスペースの機能性確保が目的と思われる。

 このため、内装や機能など、共通する部分も多い。ただ足回りやデザインなど、メーカーの特色が現れる点では、しっかりと差別化が図られている。

ノアと比較! フレンチMPVのサイズ&実用性は?

 まずそれぞれのサイズと仕様を確認しよう。スペックは、【表】を参考にしてほしい。比較用に、国産ミニバン「トヨタ ノア」のものを掲載した。

フレンチMPVとノアとの比較表

 フレンチMPVは車幅こそ、大きいものの、5人乗りのため、サイズ的には比較的コンパクトであることが分かる。

 それでいて、ラゲッジスペースはより効率的な作りとなっており、最大容量は、国産ミニバンを超える。絶対3列シートが欲しい人を除けば、かなり魅力的な実力をそなえていることが分かるだろう。

国産ミニバンが得意とする収納力も十分に備えており、小物入れなども充実している

 またフレンチMPVは、国産車が得意とする収納も負けていない。床下の小物入れだけでなく、国産車にはない頭上収納が設けられるなど、気配りもばっちり。

 しっかりした後席用テーブルも備わる。何よりもラゲッジはプロ向けの積載スペースなので、余計な凹凸がないため、色々なサイズのものが積みやすく、想像よりも多くの荷物を飲み込んでくれる。

次ページは : 日本でも扱いやすい? 3台のフレンチMPV その特長は?