アウトドアなMPV!プジョー リフターが本格販売開始へ

 フランス生まれのMPV「プジョー リフター」の本格導入が開始された。

 同じく2019年より限定的に導入され、2020年よりカタログモデル化されたシトロエンのMPV「ベルランゴ」 の姉妹車だが、共有する部分がある一方、プジョーらしいエッセンスもしっかりと加えられている。

 カタログモデルとなったリフターの特徴についてお伝えしよう。

【画像ギャラリー】フランス生まれのクロスオーバーワゴン!プジョー リフター


プジョーの個性派MPVがカタログモデルに

 グループPSAジャパンは、2020年11月25日、プジョーのMPV「リフター」のカタログモデルを発表し、同日より販売を開始した。全車右ハンドル仕様となり、価格は、329万円~379万円となる。

 リフターは、2019年10月に特別仕様車「デビューエディション」として先行導入されたが、いよいよ本格導入へと切り替えられた。

 カタログモデルは、エントリーの「アリュール」と上級モデル「GTラインファーストリミテッド」の2モデル構成となる。

カタログモデル化されたプジョー リフター。カタログモデルは2グレード構成となる

最低地上高180mmを確保したクロスオーバーワゴン

 リフターは、基本的な部分を姉妹車であるシトロエン ベルランゴと共有している。プラットフォームは、最新のEMP2をベースとし、スクエアなデザインで、居住性と積載能力の両立を実現。

 日本仕様のパワートレインは、いずれも1.5L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンを搭載。最高出力130ps、最大トルク300Nmを発揮する。

 トランスミッションは、8速ATが組み合わされる点も同様だ。しかし、ブランド毎の差別化もしっかりと図られている。

最新プジョー車の多くに採用されるEMP2プラットフォームに、クリーンディーゼルエンジンを組み合わせる点は、シトロエン ベルランゴと同様だ

 まずエクステリアは、プジョーらしい質感の高いデザインを採用すると共に、外周のブラックのプロテクションモールで覆うことでSUV風味を追加。

 さらに最低地上高をベルランゴ比+20mmとなる180mmとすることで、路面状況の悪い場所での走行にも配慮。

 これに上級グレードGTラインファーストリミテッドでは、走破性を高める車両制御システム「アドバンスドグリップコントロール」を追加する。

 雪上や凍結路に適した「スノー」、ぬかるみに対応する「マッド」、砂地でのタイヤの埋もれを抑制する「サンド」など全5モードを備え、レジャーでの活躍を後押しする。

プジョー独自のドライバーズエリア「iコクピット」を採用。このため、ダッシュボードデザインは、シトロエン ベルランゴと少し異なる

  インテリアの最大の違いは、ダッシュボードデザインだ。プジョー独自のドライビングエリア「iコクピット」を採用。

 コンパクトだが見やすいメーターパネル、視点移動を軽減させるヘッドアップディスプレイ、取り回しに優れる小径ハンドルなどが与えられ、プジョーらしいドライビングスタイルを提案する。

 シートレイアウトは、5名乗車仕様となり、3つの後席は独立式となるので、用途に合わせてラゲッジスペースの拡大が可能。MPVに求められるラゲッジスペースは、標準時にトノカバーを利用した状態で597Lを確保するが、後席を全て格納すると、2126Lまで拡大。

 また助手席まで倒せば、最長2.7Lまで拡大できるので、カヌーなどの長いアイテムも車内に収めることもできるほどだ。

キャビンは、5名乗車+ラゲッジスペースの構成。フレキシブルにラゲッジスペースを拡大できるので、利便性が高い

グレードによる違いとは?

 2グレードによる装備の違いだが、まずパワートレインやシートレイアウトなど基本的な部分は共通だ。

 さらに時代が求める先進の安全運転支援機能も両者ともに同等で、アクティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブセーフティブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)、レーンキープアシスト(車線逸脱抑制)、ブラインドスポットモニターシステム(側後方接近車警報)、インテリジェントハイビーム(自動ハイビーム)、トラフィックサインインフォテイメントシステム(道路標識認識機能)、前後ソナーセンサー、バックカメラなど充実した内容となっている。

 快適機能としては、全車標準のタッチスクリーン付きインフォテイメントシステムにスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」を備え、Apple CarPlayとandroid Autoに対応し、Qi対応機器のワイヤレス充電機能も備えている。

 エントリーグレード「アリュール」では、シルバーメッキ加飾のフロントグリルとルーフレール、パドルシフト、電動パーキングブレーキ、16インチアルミホイール、ファブリックシートなど基本的な装備はしっかりと確保する。

 上級グレード「GTラインファーストリミテッド」は、その名が示すように、GTラインの特別仕様車となるため、装備内容もより豪華となる。

 エクステリアでは、フロントグリルやルーフレールがブラック仕上げとなるほか、アルミホイールも、スポーティな17インチ仕様にアップデートされる。またユニークなガラスルーフ「マルチパノラミックルーフ」も標準化。

 インテリアも質感を高める上級ファブリックへと変更。ルームミラーがデジタル式となり、LEDフットランプも装備。

 走行性能では、アドバンスドグリップコントロールが備わる。昨年導入された「デビューエディション」よりも豪華な仕上げとなっている。

開放感あふれるグラスルーフが欲しいなら、GTラインファーストリミテッドの一択となる

 ボディカラーは、全部で4色設定されるが、アリュールだと白の「ビアンカ ホワイト」、茶の「メタリック コッパー」、青の「ディープ ブルー」の3色が選べ、GTラインファーストリミテッドでは、「ディープ ブルー」と灰の「プラチナグレー」の2色となる。また白以外は、メタリックカラーとなるため、有償色扱いとなる。

 プジョーの上質さとSUV風味をエッセンスに、姉妹車シトロエン ベルランゴとの明確な差別化を図る。キャラクターと装備の違いもあり、仕様が限定される日本では、巧みにバッティングを避けているようだ。

 ただ高機能化で価格が上昇する国産ミニバンとも競える価格帯であるため、輸入車エントリーとしても人気を集めそうだ。

ユニークな小物入れを備えるなど使い勝手も良好。国産ミニバンの優位は、3列シートくらいかも……。

【画像ギャラリー】フランス生まれのクロスオーバーワゴン!プジョー リフター

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ