ルノーが次世代EV普及に向けたコンセプトカー「メガーヌeヴィジョン」を世界初公開

 電動車へのシフトを急速に進める欧州では、EVの新型車が続々と発表されている。フランスのルノーもいよいよ主力車種へのEV投入へと動き出した。その方向性を示すEVコンセプトカー「メガーヌeビジョン」を世界初公開。

 このEVコンセプトは、ルノー・日産・三菱によるアライアンスの強みを活かし、EV車専用となる新プラットフォームをクロスオーバーEV「日産アリア」と共有しているという。

 しかしながら、サイズやバッテリー容量など、アリアとは異なる点もおおいようだ。公表されている最新情報を基にルノー新EVについて解説しよう。

文:大音安弘、写真:ルノー、日産自動車

【画像ギャラリー】ルノー次世代クロスオーバーEVコンセプト「メガーヌeヴィジョン」


2021年発売のルノーEVはクロスオーバーに

 電動化に熱心な欧州から、2021年に新たなEVが誕生することが判明した。フランスのルノーは、2020年10月15日(現地)、次世代EVコンセプト「ルノー メガーヌeヴィジョン」を世界初公開した。

 そのスタイルは、クーペとSUVのスタイルを融合させたコンパクトモデルに仕上げられており、ルノーが取り組む新しい電動車戦略のシンボルとなるクルマだという。発表されたモデルは、コンセプトとなるが、このデザインをベースとした市販車の開発が進んでおり、2021年の発売が予告されている。

ルノーの新世代EVコンセプト「メガーヌeビジョン」は、同ブランドが進める電動車戦略の新たなシンボルだ

アライアンスの強みを活かし、プラットフォームを共有

 メガーヌeヴィジョンは、ルノーの主力車であるメガーヌの名が与えられているが、完全な電気自動車(BEV)として設計されており、電動車専用のプラットフォーム「CMF-EV」を採用する。

 それは同じく2021年の発売が予告されている日産のクロスオーバーEV「アリア」とプラットフォームを共有することを意味する。事実、同プラットフォームは、ルノーと日産による共同開発によるものだが、両者が単なる姉妹車と捉えるのは早合点だ。

 まず決定的な違いは、ボディサイズにある。日産アリアは全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mmであるのに対して、ルノーメガーヌeヴィジョンは、全長4210mm×全幅1800mm×全高1505mmとコンパクト。

 意外にも現行型メガーヌハッチバックよりも小さいのだ。ホイールベースも、日産アリアよりも75mm短い2700mmとしている。

 ルノーによれば、プラットフォーム「CMF-EV」で、セダンから大型SUVまで幅広いボディに対応可能だという。想像以上に柔軟なプラットフォームなのである。これも内燃機関を持たないことのメリットなのだろう。またサイズの違いは、アリアとメガーヌeヴィジョンが追及する方向性が異なることも示す。

同じプラットフォームを共有する「日産アリア」とはサイズ感は異なり、ルノーの独自性が示される

バランスを重視したスペック

 現時点では、エクステリアデザインのみが明かされるメガーヌeヴィジョンだが、一部のスペックは公表済みだ。

 パワーユニットとなるモーターは、最高出力160kW(217HP)、最大トルク300Nmを発揮。駆動方式は前輪駆動となり、60kWhの駆動バッテリーを搭載する。このモーター性能は、アリアの前輪駆動車仕様と同じだが、バッテリー容量を5kWhもダウンサイズしている。しかし、これは一概にデメリットともいえない。

 日産アリアの車重は、最小で1900kgと公表されているが、ルノーメガーヌeヴィジョンは、1650kgに留められているからだ。250kgの差は、加速性能や航続距離にも違いを与えるだろう。軽さの拘りは、クーペルックがイメージさせる軽快さとも重なる。

 EVに重要となる充電システムは、最大130kWの急速充電と最大22kWの普通充電に対応する。なお、航続距離や充電時間などについては明かされていない。

クーペルックのフォルムと短いオーバーハングを与えることで、軽快さとスポーティさを感じさせるデザインに仕上げられている

加速するルノーの電動化

 ルノーと聞いても、EVのイメージは薄いかもしれないが、2005年にEVシティコミューターのコンセプト「ゾエ シティカー コンセプト」の発表。

 2012年には、コンパクトEVの「ゾエ」を発売して以来、今日まで8車種、累計35万台のEVを送り出してきた。その次なるステージが、「メガーヌeヴィジョン」で示されたわけだ。

 ルノーは、欧州で2050年までにCO2の影響をゼロにすると明言しており、2030年の段階でも、2010年と比較し、CO2排出量を50%削減することを目指している。

 そのため、欧州では主要モデルに、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車を展開。2022年までにルノーの全ての新型車にEVもしくはハイブリッド車(プラグインを含む)を設定し、5年内に電動車の販売比率が50%になると予測する。

 日本でも菅総理が「2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロを目指す」と宣言したこともあり、電動車のニーズがより高まることが予測される。

 現在、日本のルノーラインアップは、ガソリン車のみだが、本国のルノーラインアップの電動化が進む流れも考慮すれば、日本にもいずれ導入されると考えるのが自然だろう。

 しかし、日本のルノーとしも、電動化への対応は、そうのんびりと構えていられないのも現実だ。

 同じフランス車であるプジョーやDSが日本でもコンパクトなEVを既に投入済みで、さらにシトロエンでも、2021年に導入が予想されるクロスオーバー「シトロエンC4」にEVの「シトロエンe-C4」が含まれる可能性が高い。

 もちろん、ニーズという意味では、まずハイブリッド車などの電動車からの導入がクレバーな選択だが、ブランド価値を高める意味では、EVの存在意義は小さくない。この辺の判断は、他のフランス車のEVニーズが左右しそうだ。

 ただ電動車社会と全体がシフトする中で、輸入車ファンにも電動車の検討を始める人は拡大していくはずで、メガーヌeヴィジョンへの関心は決して低くないはずだ。

 2021年の欧州発売を明言するだけに、来年の早いタイミングで市販モデルのアンベールが行われる可能性も十分ある。今は続報の到着を楽しみに待つことにしよう。

ルノー独自のEV開発のノウハウも活用されるメガーヌeヴィジョン。どんなEVとなるか、楽しみだ

【画像ギャラリー】ルノー次世代クロスオーバーEVコンセプト「メガーヌeヴィジョン」

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ