原田哲也がニーゴー4気筒をブン回す! 世界王者のカワサキZX-25Rインプレッション


 250cc並列4気筒エンジンが帰ってきた! 2007年のホンダ・ホーネットとカワサキ・バリオスを最後に市場から消えていた「ニーゴー直4」だが、今年になってカワサキがZX-25Rをリリース。久々の超高回転サウンドに、ライダーたちは大いに色めき立った。

 話題が話題を呼んでバイク市場をヒートアップさせたZX-25Rだが、その真の実力やいかに……!? 元世界グランプリ250cc王者の原田哲也さんによるサーキット激走インプレッションをお届けする!

まとめ/高橋剛、写真/高橋剛、KAWASAKI

【画像ギャラリー】元世界GP王者がインプレッション! 帰ってきたニーゴー直4、カワサキZX-25Rを見る!


■「250ccはあくまでも250cc」という事実

写真はニンジャZX-25R KRTエディションで、9月10日に91万3000円で発売された。クイックシフターなどの装備がないスタンダードは82万5000円となっている

 250cc並列4気筒エンジンを積んで大きな話題となっている、カワサキZX-25Rに乗らせていただきました。

 僕も16歳の時、街乗りでヤマハFZ250フェーザーに乗っていたことがあるので、興味津々です。フェーザーはヒュンヒュン回るのにちっとも前に進まなかった、という記憶がありますが(笑)、ZX-25Rはどうでしょうか?

 現在、250ccクラスのスポーツバイクは人気のカテゴリーになっています。ホンダ、ヤマハ、そしてスズキが並列2気筒エンジン搭載車をリリースしている中、ZX-25Rはカワサキが久しぶりに投入する並列4気筒エンジンですから、そりゃあ期待値も高まりますよね!

 最初に言っておきたいのは、いくら並列4気筒でもあくまでも250ccだ、ということです。絶対的なスピードが高いわけではありませんし、そもそもスピードを競うようなキャラクターのバイクでもありません。

 ZX-25Rに関しては並列4気筒エンジンに注目が集まっているからか、並列2気筒エンジン搭載車と比較して、「スピードが出るのか、出ないのか」が焦点になっているように思います。

 でも、排気量自体が同じですから、いくらシリンダー数が違ってもそう劇的な差があるわけではありません。パワーやスピードの評価にこだわりすぎない方がいいんじゃないか、と僕は思います。

■怯えずにアクセルが開けられる!

 パワーウォーズとは少し別のところに、並列4気筒エンジンの魅力はあります。回転上昇フィーリングが最高に気持ちいい! それこそフェーザーを思い出させる爽快さで、「回す楽しさ」を感じさせてくれます。1000ccのガチなスーパースポーツでは、恐ろしくてそうそう回し切れませんからね……。

 はっきり言って僕がサーキットで走らせるにしても、1000ccスーパースポーツに対しては身構えますし、怖い。それなりに気合いを入れる必要があります(笑)。

 でも、ZX-25Rなら少なくとも「怖い」と感じることはありません。カッチリとストッパーに当たるまで躊躇なくアクセルを全開にできる感覚は、パワフルなリッタースポーツバイクに比べるととても気軽で、カジュアルに楽しめるバイクだな、と思いました。

 手の内にある“ちょうどいい”感じは、僕のようなレース経験者じゃなくても、多くのライダーの皆さんが得られるものではないでしょうか。これは250ccという排気量の大きなメリットですね。背伸びして扱い切れないバイクを走らせるより、手の内にあって操る喜びを味わえるバイクの方が、結局は楽しめます。

 テスト当日は、K-FACTORYのフルエキゾーストマフラー装着車にも試乗しました。ノーマルはかなり静かで、走らせている時には思っているほどエンジンサウンドが聞こえないんですが、K-FACTORYのフルエキゾーストマフラーではしっかりと耳に届きます。

 JMCA認証品なので音量が極端にノーマルと違うわけではありませんが、いかにも直4らしい甲高い音はとてもエキサイティングで、走らせていて本当に気分がいいですね。

次ページは : ■クラスを超えた上質感が最大の魅力

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ