原田哲也がニーゴー4気筒をブン回す! 世界王者のカワサキZX-25Rインプレッション

原田哲也がニーゴー4気筒をブン回す! 世界王者のカワサキZX-25Rインプレッション

 250cc並列4気筒エンジンが帰ってきた! 2007年のホンダ・ホーネットとカワサキ・バリオスを最後に市場から消えていた「ニーゴー直4」だが、今年になってカワサキがZX-25Rをリリース。久々の超高回転サウンドに、ライダーたちは大いに色めき立った。

 話題が話題を呼んでバイク市場をヒートアップさせたZX-25Rだが、その真の実力やいかに……!? 元世界グランプリ250cc王者の原田哲也さんによるサーキット激走インプレッションをお届けする!

まとめ/高橋剛、写真/高橋剛、KAWASAKI

【画像ギャラリー】元世界GP王者がインプレッション! 帰ってきたニーゴー直4、カワサキZX-25Rを見る!


■「250ccはあくまでも250cc」という事実

写真はニンジャZX-25R KRTエディションで、9月10日に91万3000円で発売された。クイックシフターなどの装備がないスタンダードは82万5000円となっている
写真はニンジャZX-25R KRTエディションで、9月10日に91万3000円で発売された。クイックシフターなどの装備がないスタンダードは82万5000円となっている

 250cc並列4気筒エンジンを積んで大きな話題となっている、カワサキZX-25Rに乗らせていただきました。

 僕も16歳の時、街乗りでヤマハFZ250フェーザーに乗っていたことがあるので、興味津々です。フェーザーはヒュンヒュン回るのにちっとも前に進まなかった、という記憶がありますが(笑)、ZX-25Rはどうでしょうか?

 現在、250ccクラスのスポーツバイクは人気のカテゴリーになっています。ホンダ、ヤマハ、そしてスズキが並列2気筒エンジン搭載車をリリースしている中、ZX-25Rはカワサキが久しぶりに投入する並列4気筒エンジンですから、そりゃあ期待値も高まりますよね!

 最初に言っておきたいのは、いくら並列4気筒でもあくまでも250ccだ、ということです。絶対的なスピードが高いわけではありませんし、そもそもスピードを競うようなキャラクターのバイクでもありません。

 ZX-25Rに関しては並列4気筒エンジンに注目が集まっているからか、並列2気筒エンジン搭載車と比較して、「スピードが出るのか、出ないのか」が焦点になっているように思います。

 でも、排気量自体が同じですから、いくらシリンダー数が違ってもそう劇的な差があるわけではありません。パワーやスピードの評価にこだわりすぎない方がいいんじゃないか、と僕は思います。

次ページは : ■怯えずにアクセルが開けられる!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ