期待と不安で喧々囂々!? 日産 新型フェアレディZ その印象を聞いた

 2020年9月16日、ついに世界初公開された“ニューZ”。発売は2年先と言われているが、期待は膨らむばかりである。

 しかし写真や実車を見たクルマ好きからは賛否両論、さまざまな意見が飛び交っている。本誌執筆陣の思いはいかに? 自動車評論家 国沢光宏、岡本幸一郎、飯田裕子3氏の率直な感想、そして期待と不安を聞いた。

【画像ギャラリー】記憶に残るクルマばかり! 歴代Zをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年10月のものです
文/国沢光宏、岡本幸一郎、飯田裕子、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■プロトタイプを見ての率直な感想を評論家諸氏に聞く ニューZ どう思った?

●ライザップの前と後(国沢光宏)

 結論から書くと、好印象であります!

 現行モデル、明らかに運動不足のジジイ&ババアみたいなシルエットになっていた。大きく見せたほうが高い値段を付けられるという今までのデザイン戦略だったのだろう。

走行シーンも動画で公開。もちろんCGではなく実車の走り。優雅な走りっぷりが印象的だ

 ライザップの宣伝で浅香唯さんの前後を取り上げている。現行Z、まさしく前。新型Zは自動車業界の人すら同じ骨格を使っていると見抜けないくらいシャープになった。これまたライザップのようだ。

 また、厳しい意見が多いフロントグリルだけれど、初代と同じ雰囲気。初代はグリルの真ん中にメッキバンパーがあったため目立たないだけ。

 むしろ新型Zのフロントグリルはあえてそっけなく作り、自由度を残した。

 実際、グリルの真ん中くらいに横方向のメッキバーを入れるとまったく印象変わってくる。いや、ナンバープレート付けるだけで見え方が変わってくることだろう。ということで私は気に入りました~。

フロントビュー。ボディサイズは全長4382×全幅1850×全高1310mmとだけ発表されており、ホイールベースや車重などは未公表。

●ちょうどいいバランス(岡本幸一郎)

 それはもう素直にうれしいです! 僕にとってもZはずっと大好きな憧れのクルマ。でも、ひょっとしてもう新しいZの姿を見ることはないのかもしれないと危惧していましたからね。それがなんの前触れもなく唐突に出てきたので、思わず“おおっ!”と声が出るほどビックリしました。

 これだけのものをすでに用意できているということは、見せるだけじゃなくて、本当に売るってことですよね? そこが一番大事です……(笑)。

サイドビュー。ルーフラインのシルバーのモールディングは日本刀をイメージしたものだという

 まだ実車は見てないけど、写真を見るかぎり相当気に入っています。とにかく誰でもひと目でZとわかるところがイイ ! 歴代Zの要素が巧みに盛り込まれているのも、50代の筆者にはたまりません!

 もう少しロングノーズ&ショートデッキなほうがよりZらしいだろうけど、そこまでやるとわざとらしい気もするので、2020年代に新たに世に出てくるZとしては、これくらいのバランスがちょうどよいのかなと思います。

公開されたのは左ハンドルのプロトタイプとはいえ、完成度の高いインテリアも見ることができた

●街の風景を変える存在感(飯田裕子)

 ステージの上にあがる眩いほどのイエローを纏った新型Zは、サイボーグ美少女ならぬ美男子バリに端正に整ったスタイルをしてるなぁと、ワクワクよりもハッとさせられました。

 でも個人的には色気が足りないんです。日産はなーんかスポーツカーに大人の色気みたいなものを匂わせるのが上手くない。でもその硬派な佇まいに“走りの日産”好きは惚れちゃうんだよなー。

公式発表ではV6ツインターボ+6速MTとだけ明かされているものの、スカイライン400Rと同じ3L、405psエンジンであることは確定的で、スカイラインと同じく304ps仕様もあるかどうか、というところ

“アスファルトが最高のレフ板”ってタイプなんですよね。しかし新型Zにはこれまでにない魅力を感じています。たぶん街中で“映える”。

 イエローじゃなくても、街の風景を変えるだけの存在感、あると思います。山間部のワインディングは言うまでもないでしょう。

 ミニバンやSUVが人気ながら、2シーターが時に不便で、渋滞でMTは面倒だけど、本音で言えばサイズのいいスポーツカーに憧れてるという人もいっぱい隠れていると思うので、そういう人たちを内燃機関で覚醒させてっ! この先の電動化を考えたら今しかないでしょう。

リアコンビランプは4代目、Z32型のイメージを受け継ぐもの。フロントフードラインよりリアデッキ後端が低いのは、初代S30型の造形へのオマージュだという

【閑話休題】ところでプロトタイプはなぜイエローだったのか?

 日産関係者の証言は以下のとおり。

「イエローはZにとって大事な色で、2代目のイメージカラーでしたし、4代目のZ32にも採用されていました。その神話性を持たせたかったということです。

 初代のマルーンカラーも候補に挙がったはずですが、初代のイメージに引っ張られすぎるのを嫌ったのではないでしょうか。新型は初代やZ32へのオマージュが含まれていますが、単なる懐古主義ではなく、新しさも存分にアピールしています。

今までにないイエローで新生Zを際立たせたかったということです。これ全部、個人的な推測なんですけどね(笑)」

岡本氏も語るように(後述)「できるだけこのままのデザインで」という声が多く聞かれる。10月11日に開催されたイベントでの田村宏志CPSの発言では「ほぼこの形で出ます」とのこと。期待したい

■こうなれば最高、こうなったら残念…ニューZへの期待と不安

 発売前の期待が大きいほど、発売後に「こんなはずじゃなかった……」なんてことになるのはよくある話である。この人たちの期待と不安は?

●日本市場を大事に(国沢光宏)

 すでに概要はわかっている。現行モデルのシャシーにスカイライン400Rと同じ3L V6ターボを組み合わせる、というもの。正確に言えば、400Rよりパワーアップさせてくると思う。

 450psくらいまで視野に入れてよいかも。おそらくスープラ超えのパフォーマンスを狙ってくるに違いない。絶対的な台数こそ少ないだろうけれど、日産のブランドイメージアップに貢献してくれるに違いない。なにより打倒スープラです。

精緻な液晶メーターパネルを採用。写真はタコメーターが中央だが、カスタマイズも可能だろう

 残念さを味わうとすれば価格か。おそらく上級グレードは700万円前後になること間違いなし。裕福なアメリカだと高くないが、30年間で収入増えていない日本じゃ皆さん厳しい。

 スープラだと500万円を切るベーシックエンジン搭載モデルも用意される。新型Zにも400万円台(しかも前半が希望)のモデルを用意してもらいたく思う。景気悪い日本市場のことなど二の次となってしまったら残念です。

●できるだけこのままの姿で(岡本幸一郎)

 このデザインが刺さっているので、ぜひこの雰囲気を崩すことなく出てきてほしいですね。今の時代は衝突安全やらなにやらデザインもいろいろ制約を受けるだろうけど、できるだけこのままの姿でいてくれるとうれしい。もしそうならなかったらせっかく出てくる意味が半減です。

 走りについては、エンジンはおそらくスカイライン400Rと同じになるだろうから大いに期待できるとして、気がかりなのはMTのシフトフィールとシャシーの仕上がりです。

伝統の3連メーターを残したインパネ。6速MTの存在が明らかにされている

 現行型も年々改良されてきたものの、どうにも限界を感じたのは否めず。そのあたりが最新の技術でよくなることにも期待しています。こんなによくなった! と驚かせてほしいものです。

 GT-R的な速さやシルビア的な身軽さは求めません。このスタイリングさえあれば、あとはそれなりに速くて、もう少し快適で洗練されたドライブフィールになってくれていれば、それで充分です!

●販売店の対応が大切(飯田裕子)

 クルマの心配よりも販売店の対応が残念なことにならないことを願いたいです。歴史や伝統を含めて新型Zを所有したいのか、Zはじめましての方が「このカタチが好き!」と、ディーラーを訪れるのか。

 このスタイルなら後者のお客さんも多いはず。すると、過去やスポーツ性能にとらわれた対応は引かれちゃいそう。セールスマンの柔軟かつスマートな対応に期待です。

大ヒットした「Z32」のイメージを色濃く残したリア

 女性にも乗ってほしいと思うと2人で乗った時にバッグひとつでも車内に置けたら最高。ロードスターにもポルシェにもないですから。シートの高さ調整幅もしっかり用意してくれたら最高。

 色気が足りないと思う私としては、このデザインなら色にもこだわった幌製のコンバーチブルが登場したら最高! 幌を閉めたときの佇まいもよさそう。このお尻とリアフェンダーのラインが際立つオープンスタイルも見てみたい。

この姿を街なかで見かける日が、自らが駆る日が来るのが待ち遠しい

■Zと言えばこの人! Z専門店「セントラル20」代表 柳田春人が見たニューZ

 現役レーサー時代は「Z遣い」として名を馳せ、現在はZファンの聖地として有名な「セントラル20」(東京都調布市)の代表を務める柳田春人氏。Zを語るならこの人は外せないというわけで、新型Zの印象を伺った。

*   *   *

●「イジりがいがあると思ったね(笑)」

 まだ写真でしか見ていないんだけど、ちょっと物足りないかなぁ。最近のスポーツカーってエアダクトがいっぱい付いているんだけど、このZにはそれがないよね。それが上品でいいという人もいるけど、少し迫力に欠けるよね。

「V6ターボは凄くいいエンジンだから楽しみだね」と柳田春人氏。現代の「ミスターZ」である

 現行Z34ベースでここまでデザインを変えられたのはたいしたものだし、全体のバランスもいい。デザイナーは凄く努力したと思うよ。エンジンもスカイライン400Rの3L、V6ターボが搭載されるらしいし、あれは凄くいいエンジンだから、走りも期待できるんじゃないかな。

 Zはいつだって賛否両論の対象になるクルマで、それだけ注目度が高いということなんだけど、私の周囲では、Zにそれほどこだわりのない人ほどカッコイイと言ってるね。そもそも古くからのZファンは好きな世代が決まっていて、新しいのを買わないから(笑)。新しいファンを開拓するのにいいデザインということなんだろうね。

 さっきも言ったように、ちょっと上品すぎるから、我々としてはイジりがいがあると思っていますよ。

デジタルメーターや3本スポークステアリングはモダンなデザイン。しかしモダンさだけでない、「S30Z」のDNAが息づいている

 デザイナーといろんなアイデアを出しているところ。問題は価格で、スカイライン400Rのエンジンだと500万円以上するだろうから、スタンダードで400万円台前半くらいのグレードも用意してほしいよね。Zのような本格的なスポーツカーが400万円ちょっとで買えるとなったらインパクトあるよね。

 一度Zに乗ってみたいという人はけっこう多いんです。その期待に応えてくれるクルマになってほしいね。

【画像ギャラリー】記憶に残るクルマばかり! 歴代Zをギャラリーでチェック!!!