ホンダの新型フリード モデューロXで富士の夕陽を追いかけた


 大河ドラマ『西郷どん』で話題沸騰の鹿児島出身の筆者・池之平昌信がホンダ本社からこのマシンを借り受けたのは年の瀬2017年12月29日のことだった。

 『ベストカー』本誌で特集も組まれた、郷里・薩摩を年末年始走破往復する意気込みだったのだ!

 だが、しかし、体調不良や家族の猛反対に合い、その計画はあえなく中止。やむなく男ひとり旅でのあてなし撮影小旅行。

 以下、2017年12月14日に追加発売となった、ホンダフリードのModulo X長距離取材記です。

文&写真:池之平昌信


■夕焼けを追いかけて高速道路110km/h制限区間を目指す

 ホンダフリードModulo X、まず最初に市街地を走って感じたのは「脚がゴツゴツしてて……」ということ。

 ちょっとした路面の凸凹などの情報を忠実に伝えてくれる(?)のだ。いいかえれば「乗り心地が悪い」。それを「スポーティなサス」と思うかどうかは乗っているヒト次第だろう。

 さて、舗装状態のいい幹線道路やバイパスなどを流れに乗って、ある程度の速度で走ってみると……だんだん印象が変わってきた。

 たくましいエンジン音も気持ちいいし、CVTじゃない7速ギアの変速も心地よいので、ついついアクセルを積極的に踏みたくなってしまう。気がつくと制限速度を超えかねない。

 そこで、目的地は決まった。国内公道最速テスト走行が可能なあの場所。新東名高速道路・新静岡~森掛川IC間の速度制限110km/h区間を目指そう。その後、新春・富士山の夕焼けを撮影しよう! と思い立ったのだ。

■いざ110km/h区間を走ってみると……

 渋滞情報も見ずに、なりゆきで出発したわりにはなんの問題もなくすんなり静岡県まできた。ホンダセンシングつきACC(クルコン)は快適、楽チンだ。

 あ、そういえば東名高速道路に乗ったときから、市街地で感じた「ゴツゴツ感」を忘れている。いや、むしろこれくらいの脚のほうが快適? と思ったのは不思議だなあ。

 御殿場から路面のいい新東名のルートになるとその印象はさらに強くなった。レーンチェンジや横風でもロール(ヨコの傾き)が少なく、快適高速クルージングが可能なのだ。新静岡IC付近に着き、「さーて、いよいよ念願の超高速走行だぜ!」とクルコンの設定速度を110km/hへ。

 その結果は……「うーーーむ、100km/hとの違いがわからない」。

 残念!

 しかも110km/hで走っていてもビュンビュンと軽自動車にまで抜かれていく。

実態の流れは120〜130km/hだろうか。クルコンの設定は115km/hまで可能なようだが……これ以上は言えません!

 ただ、速度無制限のアウトバーンはなくても、今後、日本の高速道路も「実験的に」速度制限120-130km/hとなったとしても、このクルマならフラフラせずに走れるよ! きっと! という印象である!

次ページは : ■ミニバンとは思えない楽しい走り!