プロトタイプに緊急試乗!! FRを踏襲して進化する次期型BMW2シリーズクーペはどう変わる?


 コンパクトなボディのFRクーペとして希少な存在になっているBMWの2シリーズクーペが年内にフルモデルチェンジする予定だという。

 その次期型2シリーズクーペはまだ開発途中だが、プロトタイプにいち早くドイツ在住のモータージャーナリストである木村好宏氏が試乗する機会を得た。

 プロトタイプのため、その姿はカモフラージュによってベールに包まれていたが、次期型2シリーズクーペの「230i」と「M240ixDrive」の2モデルに試乗。FRレイアウトを踏襲するという注目の次期モデルの走りはどうなのか?

文/Y.Kimura  写真/BMW

【画像ギャラリー】発表間近! 開発コード”G42″ ベールに包まれた次期2シリーズクーペはこちら!!


■BMWの名車「2002」の直系がフルモデルチェンジ!

BMW2002クーペの伝統を受け継ぐ次期2シリーズは2021年中に登場予定

 コンパクトでスポーティなBMWといえば、現在ではFFの1シリーズ(F40)が主流になってきている。しかし2014年から販売されている後輪駆動の2シリーズクーペ(F22)はもっとBMWらしいダイナミックな性格を持っている。

 ただ、このクラスで2ドアという稀有なレイアウトゆえに表舞台に立っていたのはM2コンペティション、あるいはM2 CSのような尖がったモデルだといえる。

 さらに前輪駆動コンパクト・プラットフォーム(UKL)をベースにした紛らわしいモデル名の2シリーズ グランクーペ(F44)が2020年に登場すると、その存在はさらに薄くなってしまった。

 しかし、今でもBMWのアイコンとして記憶に残る1960年~1970年代に生産された2002(マルニ)の直系であるこの2シリーズクーペはフルモデルチェンジを受けて再登場する。

 今回紹介する開発コードG42と呼ばれる次期モデルはもちろん後輪駆動が継承され、サイズも現行モデルよりも大きく、たくましくなっている。

■開発が大詰めを迎える新型2シリーズ プロトタイプに試乗!

BMWが公開した次期型2シリーズクーペ。カモフラージュのせいで細部はよく見えないが、M3/M4のような縦長のグリルではなさそうだ
ロングノーズ・ショートデッキという、典型的な後輪駆動のプロポーションも踏襲する

 今年の夏までには正式発表されるニュー2シリーズはすでに開発の最終段階を迎えているが、レポーターはこの最終プロトタイプを試乗するチャンスを得た。

 完璧なカムフラージュを施されたニュー2シリーズのデザインは推測するしかないが、わずかに垣間見られるヘッドライトは細長くフェンダーまで回り込んでいる。さらにグリルの開口部から見るとはどうやらM3やM4に見られるような縦長のビッグキドニーではなさそうである。

 フロントバンパースポイラーの両脇にはエアカーテンを発生させるスリットが設けられスポーティな印象を得ている。さらに観察するとボンネットにはパワードームが筋肉のように盛り上がっている。

 またルーフにはパノラマルーフを装備(多分オプション装備)していてキャビンに解放感を与えている。短いトランクリッドの上縁にはリップスポイラー、そして下方には台形の断面を持ったマフラーカッターが左右にならんでいる。

 ボディは現行モデルよりもひと回り大きく、公表された数字によればホイールベースは51mm延長され2.74mへ延長された。これは2シリーズグランクーペと3シリーズの中間にあたる。ただしシルエットはロングノーズ・ショートデッキの典型的な後輪駆動のプロポーションを持っている。

 一方、インテリアは現行モデルに見られるBMWオペレーティング7.0をOSに持ち、フルデジタルで音声入力も可能である。

次ページは : ■新型230iには最高出力245psの2L 直4ターボを搭載