カローラスポーツの真の実力はいかに!?トヨタの秘蔵っ子は最高か、最低か!? 


■「現段階ではカローラスポーツに魅力なし」

 今回私の選考基準は「自分で欲しいかどうか」とした。アカデミックな日本COTYと違う方向から選んだ次第。

 「なぜカローラスポーツに0点なのか?」と聞かれたら「あまり欲しいと思わないので」。以下、欲しくない理由を説明したい。

 そもそもカローラスポーツというクルマ、プリウスとC-HRの兄弟車。同じサイズのTNGAを使い、エンジンバリエーションだって同じ。

 カローラという車名を含め、キャラという点で弱いです。

1.2Lターボと1.8Lハイブリッドを揃えるカローラスポーツ。トヨタはさまざまなパワートレイン展開があるだけに今後にも期待だ

 私なら最初から”武器”を持たせるだろう。昨今のマーケットを見たら、最も有効なのは「クロスオーバー」だ。

 C-HRのようなSUVとまではいかないでOK。車高を20〜25mm上げ、オーバーフェンダー付け、オフロードっぽいサイドウォールのデザイン持つタイヤを履かせればよい。

 つまりスバルXVのようなクルマ作りです。スバルには存在しないマニュアルミッションや、ハイパワーエンジン搭載のスポーツモデルなどラインアップしてやれば文句なし。世界的に売れる。

 しかもカローラスポーツには、ステーションワゴンモデルも存在するらしい。これまたクロスオーバーを設定してやると、人気車になること間違いなし。

 カローラスポーツ、シャシー性能はけっこう高いし、燃費だってよい。カローラが属すCセグメント、ディーゼルの将来性はヨーロッパでも薄くなったため、ハイブリッドの妙味が出てきた。

 海外仕様のC-HRに搭載される2Lのハイブリッドを積んで動力性能アップさせたら一段と面白い。文頭に戻る。現在は魅力ないです。(国沢光宏)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ