NSXは「原点回帰」を目指すのか?開発責任者は日本人に!!試乗で見えた短期間での進化と課題

NSXといえば「和製スーパーカー」として多くの日本のクルマ好きは誇りに思ったものだが、二代目はアメリカで生産されている。

初代には鋭いハンドリングやタイプRなど逸話は多いものの、二代目はどうもピンと来ない人も多いだろう。ハイブリッドになり安全に楽しめるスーパーカー。この方向性は世界基準だから正しい。

しかしかつてのNSXのように心を揺さぶる何かがないのもたしかだ。2018年10月にNSXはマイナーチェンジを迎え、開発責任者は日本人にバトンタッチ。

かつてスーパーGT GT300でNSXを駆った理論派ドライバー山野哲也氏がインプレッション。初期型の厳しいインプレッションからの変化はあったのだろうか?

文:山野哲也/写真:奥隅圭之
ベストカー2019年1月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ