あの小型トラックと同じキャブ!? 「インドのベンツ」はなにもかも違っていた【インドの中型トラック乗り比べ・前編】

あの小型トラックと同じキャブ!? 「インドのベンツ」はなにもかも違っていた【インドの中型トラック乗り比べ・前編】

 インドを訪れたフルロード編集部員による「インドのトラック乗り比べ」、今回は中型トラックを前後編に分けてお届けする。乗り比べる中型トラックは、2台ともキャブ・エンジン・シャシーが新開発というモデル同士。最新モデルから見えたその違いとは?

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部、ぽると出版、DICV

インドの中型トラックとは?

チェンナイ郊外でみかけたバーラトベンツ1214。GVW(車両総重量)12トンの中型トラックで、写真は以前の排ガス規制(BS4)適合モデルである
チェンナイ郊外でみかけたバーラトベンツ1214。GVW(車両総重量)12トンの中型トラックで、写真は以前の排ガス規制(BS4)適合モデルである

 トラックの車格を便宜的に示す言葉として「小型」「中型」「大型」があるが、法規の上では車両総重量(GVW)で区分される。インドの運転免許の区分では、中型車(Medium goods vehicle)免許はGVW7.5~12トンまで、大型車(Heavy goods vehicle)免許はGVW12トン超とされている。日本の中型免許はGVW7.5~11トン未満、大型免許はGVW11トン超だから、割と近いところがある。

 いっぽう、インドの純国産メーカーは、中型トラックのことを「ICVトラック」(ICV=Intermediate Commercial Vehicle)と呼んでいるようで、これらはGVW7.5~18.5トンまでカバーしている。ICVトラックは、2018年7月の基準緩和により、それまでのGVW上限の16.2トンから拡大されたが、日本の中型モデルはGVW7.5~20トンをカバーしているので、これも近いといえる。もちろんクルマのつくりはまるで違うのだが…

 ICVトラックは、GVW9トン・10トン・12トン・14トン・16.2トン・18.5トンと、だいたい6つのGVWクラスごとに車型が設定されている。日本の中型トラックは、GVW8トン車以外はマイナー車型の扱いだが、インドではそれぞれ売れているようで、配送、運搬、給水、建設などの地場系から、州をまたがっての長距離輸送まで、さまざまな用途で活躍している。

 そしてICVトラックは、トラックメーカー6社が供給している。安価なカウルトラックの新車販売比率は約2割(DICVによる)で、大型トラックよりまだ多いのだが、最新排ガス規制・BS6(バーラトステージ6)適合モデルでは、上級キャブ仕様の設定・新開発エンジンの搭載など、質的向上を指向するメーカーが相次ぎ、市場は明らかに変わりつつある。

次ページは : バーラトベンツvs純国産Y社16トン車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ