これが最新の純インド産トラックか! 「インドのベンツ」のライバル車に乗る【インドの中型トラック乗り比べ・後編】

これが最新の純インド産トラックか! 「インドのベンツ」のライバル車に乗る【インドの中型トラック乗り比べ・後編】

 インドを訪れたフルロード編集部員による「インドのトラック乗り比べ」、中型トラック前編のバーラトベンツ1415Rに続いて、後編ではインド純国産メーカー・Y社の最新モデルに乗り、両車の比較を試みた。
 
文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

2019年デビューの最新モデル

チェンナイ都心を走る中型カウルトラックベースの水運搬タンクローリ(本文とは関係ありません)
チェンナイ都心を走る中型カウルトラックベースの水運搬タンクローリ(本文とは関係ありません)

 中型トラック(ICVトラック)前編では、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークル(DICV)の車両総重量(GVW)14トン級モデル「バーラトベンツ1415R」に乗ったが、今回は比較車として用意された、インド純国産メーカー・Y社のGVW16.2トン級モデル(以下Y社16トン車)の試乗レポートを報告する。

 インドの最新排ガス規制・BS6(バーラトステージ6)の施行では、バーラトベンツ以外のICVトラックメーカー5社のうち4社が、新開発キャブ・新開発エンジンを2019年にいっせいに発売するという状況をもたらした。

 Y社16トン車ももちろんその一つで、登場年次でいえば、バーラトベンツ車よりも新しいことになる。そのため、「純国産メーカーの最新トラック」としても、興味深い1台だった。

 なお、こちらは実際に使われているクルマゆえ、残念ながらその姿をお見せできない。写真はインド・チェンナイで撮影したトラックたちをお楽しみください。

進化したデザインと居住性

チェンナイ郊外の幹線をゆくGVW11トン級の中型トラック(本文とは関係ありません)
チェンナイ郊外の幹線をゆくGVW11トン級の中型トラック(本文とは関係ありません)

 Y社16トン車のキャブは、デビューが新しいだけあって、内外装ともコスト低減のための工夫を採り入れられながら、モダンなスタイリングに仕上げられている。室内容積も広く、先代のキャブと比べれば、その居住性は大幅に改善されているはずだ。ただ、運転席に座ってみると、想像していた以上にメーターパネルは小ぶりで、盤面の文字サイズも小さく、その視認性はあまり評価できないものだった。

 こちらはICVトラックの常として、エアコンは非装着である。空調パネルには、ブロワの送風調整ダイヤルが1個ポツンとあるだけで、送風の寒暖調整機能や顔・足元などの吹出モードもない。インドのトラックはこれが普通である。

 ステアリングコラムのチルト・テレスコ機能は標準装備だが、調節できる範囲・角度は「1415R」よりも限られており、ドライバー体型の違いに対応できる範囲は小さいといえる。

次ページは : 既視感のあるフィーリング?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!