S660とミニバンで実感!! ドリキンの味付けはいかに?? 元F1ドライバー中嶋悟がModulo Xを試す

 1987年から1991年までF1に参戦するなど輝かしい功績を残した中嶋悟氏。ホンダと共に世界で戦った中嶋悟氏だが、現在はスーパーGTなどで総監督を務める。

 2019年は「Modulo Epson NSX-GT」としてGT500で戦う。そんな中嶋悟氏だが、2019年からスポンサーをするホンダアクセスの”Modulo”のクルマに乗ったことがないことが判明。

 それならば!! ということでホンダアクセスが「中嶋悟Modulo Xに乗る」をテーマに試乗会を実施。その模様をベストカーWebを含む2媒体に公開した。

 素直な言動が持ち味の中嶋悟氏。いったいModulo Xの乗り味をどのように評価していくのかご注目!!

【中嶋悟氏プロフィール】
 中嶋悟(なかじま・さとる)氏は1953年愛知県生まれ。当時の日本最高カテゴリーだったF2で5回のチャンピオンを獲得。

 1987年からは世界最高峰のF1へ舞台を移し、鈴鹿での日本グランプリ開催も重なり日本中が空前のF1ブームになったのも記憶に残る。日本人初のF1フルタイムドライバーだ。

 1992年からは監督業に専念。スーパーGT GT500でNSXを走らせ、2019年は64号車のModulo Epson NSX-GTの総監督となる。

 長男は同じく元F1ドライバーにして2018年ル・マン覇者の一貴氏、次男の大祐氏もGT500参戦中のレーシングドライバーファミリーだ。

文:大音安弘/写真:ホンダアクセス


■年間6万kmを運転する中嶋悟はどう評価する?

 日本のモータースポーツ界のレジェンド、中嶋悟氏が率いる「NAKAJIMA RACING」は、2019年シーズンもSUPER GT500クラスに、ホンダNSX-GTで引き続き参戦する。

 チーム体制は、新たに「ホンダアクセス」とタッグを組み、そのスポーツブランド”Modulo”を冠に据えた「Modulo Nakajima Racing」となった。

頭でっかちな技術論ではなく、いかに思い通りにクルマが動くのかわかりやすく説明してくれる中嶋氏

 新たなチームパートナーとなったホンダアクセスといえば、ホンダの純正アクセサリーを展開する会社だが、ホンダの純正コンプリートカー「ModuloX」シリーズも開発も手掛けている。

 今回は、現役時代から現在まで、公私ともホンダ車と深いかかわりを持ち、今でもサーキットまでの通勤に年間約6万kmを走破するという中嶋悟氏に、「ModuloX」の試乗をしてもらった。

■S660 ModuloXは元F1ドライバーを唸らせるか?

 今回の試乗車は、最新世代のModulo Xシリーズ。ホンダアクセスが専用開発したカスタマイズパーツを装着した純正コンプリートカーとなる。

 主なアイテムは、空力特性を向上させるフルエアロ、専用チューニングのサスペンションとアルミホイールによる足回り、スポーティさと上質さを両立させたインテリアなどを装備。

 これらのアイテムを新車同様に生産ラインで装着することで、コンプリートカーながら価格を抑えているのもポイントだ。

 中嶋氏には、「S660 Modulo X」、「フリードModulo X(ハイブリッド)」、「ステップワゴン Modulo X(ガソリンターボ)」の3台を、高速道路及びワインディングを中心にドライブしてもらった。

 まずは軽スポーツカーのS660から中嶋氏に試してもらう。第一印象を尋ねると、「全体的にまとまっているね」という。

クイックに動く標準車に比べてModulo Xは「動きがわかりやすい」と中嶋氏は語った

「特に足は、路面に対して、じんわりと動く。固めているのに、ゴツゴツした印象もない。上手いことセッティングしているね。

速度域が上がる高速道路でも、路面の凹凸に対して落ち着いた動きを見せる。ノーマルと比べると、サスペンションは、しっとりしているよ」。

 またワインディングについては、路面が荒れたところでの追従性の良さをあげた。

「減衰力調整が最もハードなセッティングの状態でも、バタつきもないし、乗り心地もわるくない。僕がセッティングしても、こういう方向性を望むかな」。

 S660のModulo Xのキャラクターに納得したようだ。またModulo Xのポイントとして、同じ速度域なら、ドライバーの操作に機敏な動きを見せるノーマルと比べ、Modulo Xの方がゆったりとしており、より安全な運転が楽しめることも挙げた。

■ステップワゴンがワインディングで駆け抜ける!! 

 次は、ミニバンの2台。ステップワゴンとフリードのModulo Xだ。ワインディングを軽やかに駆け抜けていく中嶋氏の姿を見ても、Modulo Xがノーマルから大きくアップデートされていることを感じさせる。

「ミニバンでも、リヤサスペンションがしっかり路面と追従している。これは大きなポイントだね」とミニバンでも足の動きをしっかりと作りこんである点を指摘する。

 特にボディが大きく、全高も高いステップワゴンだからこそノーマルとの大きな違いを感じたという。

あまりミニバンに乗る機会がないという中嶋氏だが、高速道路での安定性、そしてなによりワインディングでヒラヒラと走り抜けるポテンシャルの高さに「ミニバンを見直した」とのこと

 そんなステップワゴンModulo Xをお勧めしたい人を尋ねてみた。

「家族がいてミニバンに乗り換えるけど、運転が好きな人には、おススメだね。普通、セダンから乗り換えると、同じスピードでも重心の高さを感じる。

ミニバンでもセダンの運転感覚を味わえるのが、Modulo Xの魅力だね」と答えてくれた。

ModuloXはホンダアクセスの妥協なき開発者と開発アドバイザーを務める土屋圭市氏のタッグで開発される。中嶋氏も太鼓判ということでよさそうだ!!

 走ることが大好きな中嶋氏の太鼓判を押すミニバンModulo Xなら、ミニバンを毛嫌いしている人も検討する価値アリといえそうだ。

 総括として、中嶋氏は、「Modulo Xは、安定した走りを実現している。車種やサイズが違えど、方向性も一貫している。動きやすく、軽快で、乗り心地も損ねていない。

 これなら長距離乗ってもドライバーは疲れないだろうね」とModulo Xのコンセプトの一貫性とレベルの高いクルマ作りを行っていることを評価した。

 土屋圭市氏がアドバイザーとして監修しているだけに、レーシングドライバーからの評価も高いようだ。

 今後のModuloXのニューモデルも楽しみだ!!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ