鍵は「三菱らしさ」!! 新型デリカミニは走りもデザインも売れっぷりも予想の斜め上!!

鍵は「三菱らしさ」!! 新型デリカミニは走りもデザインも売れっぷりも予想の斜め上!!

 2023年5月23日より販売開始となった、三菱の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」が、絶好調だ。発売開始前に16,000台もの予約注文を得たそう。しかも、ターボエンジン仕様の4WDが最も多いという(通常2割程度の4WD比率が、なんと6割!! 軽スーパーハイトワゴンジャンルでは異例中の異例)。そんなデリカミニに、今回公道試乗させていただくことができた。大胆なフェイスチェンジが大いに注目されたなか、走りはどのように進化したのか。ご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:MITSUBISHI、ベストカーWEB編集部/撮影:池之平昌信、吉川賢一

オフロードにも強い、三菱らしい自慢の足に!!

 同社の軽スーパーハイトワゴン「eKクロススペース」をベースに、流行りの「SUVテイスト」へと大きく改良が施されて登場した三菱「デリカミニ」。SUVテイストの軽自動車といえば、ダイハツの「タントファンクロス」や、スズキの「スペーシアギア」など、人気モデルが続々と登場している、いま大注目のカテゴリー。冒頭でも触れたように、このデリカミニも、キャッチーなネーミングも相まってか販売が好調のようだ。

 デリカミニは、ベース車に対し、フロントとリアのバンパーやホイールデザインを変えたほか、前後フェンダー部分をブラックアウト化させ、4WDには大径タイヤを装着したことなどによって、本家デリカD:5にも通じるSUVらしい力強さを演出。半円形のヘッドライトは目力が強く、格子状のフロントグリルも、三菱らしいデザインだ。

三菱久々のヒット作「デリカミニ」。テレビCMで話題の「デリ丸。」も試乗会に登場。キュートしていた。関連グッズ、ぜひ販売してほしい
三菱久々のヒット作「デリカミニ」。テレビCMで話題の「デリ丸。」も試乗会に登場。キュートしていた。関連グッズ、ぜひ販売してほしい

 特筆すべきは、テストコースで念入りにチューニングしたという「4WD専用の足周り」だ。大径タイヤと高い車高に合わせ、ショックアブソーバー特性を念入りにつくりこんだことで、圧雪路や砂利道だけでなく、オフロード路面もかなりイケる仕上がりとなっているそう。また、兄弟車である日産ルークスにはない、ヒルディセントコントロールも備えているという。 

 設計および実験を担当した、三菱自動車 車両技術開発本部 操安・乗心地技術開発主任の河出光晴氏によると、「デリカミニで出来ることはすべてやり切りました。その結果、オフロードにも強い、三菱らしい自慢の足になりました」とのこと。この河出氏はデリカD:5開発も担当されたそうで、「三菱らしい足」の研究開発に熱いエンジニアだ。さっそくその4WDで公道走行へ出発した。

軽スーパーハイトワゴンの新型デリカミニ。フロントには「DELICA」のイニシャルが刻まれている
軽スーパーハイトワゴンの新型デリカミニ。フロントには「DELICA」のイニシャルが刻まれている
リアにも「DELICA」の文字が。その横に、小さく「mini」の文字が並んでいた
リアにも「DELICA」の文字が。その横に、小さく「mini」の文字が並んでいた
もともと使い勝手の良かったインテリアは、eKスペースからの変更箇所はないとのこと
もともと使い勝手の良かったインテリアは、eKスペースからの変更箇所はないとのこと
フロントドアの開口角度が90度近い。荷物の出し入れや、汚れたときの掃除にはとても便利
フロントドアの開口角度が90度近い。荷物の出し入れや、汚れたときの掃除にはとても便利

次ページは : デリカD:5そっくりのストローク感ある走りが魅力

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!