こだわりの加工が泣かせるぜ・・・ニッポンの職人技満載の超万能ホイールLEONIS NAVIA 07を見よ

 アルミホイールを選ぶのはとても楽しい反面、実は車種によってサイズが制限されていたり、「18インチにはこの技術が入っているのに17インチにはない」、なんて残念なこともあったりする。

 泣く泣くインチアップするにもタイヤ代もかかるし、足回りも変えなきゃとか、コンパクトカーユーザーなどには非常に難しい問題もある。

 そこで老舗Weds(ウェッズ)が幅広い車種に対応するハイスペックホイールを登場させた。その名もLEONIS NAVIA 07(レオニス・ナヴィア・ゼロ・セブン)。

 いったいどんなホイールなのか、詳細を見ていこう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:Weds【PR】


■メイド・イン・ジャパンにこだわり軽から本格スポーツまで対応

 今回紹介するNAVIA07はLEONIS(レオニス)シリーズに位置するホイールで、その数字どおり初代「01」から数えると7代目になる。

 初代はエコカーがブームになり始めた時期で軽量を進めて「ライトコンセプト」を全面に押し出していた。このNAVIA07ではストリートでのライトコンセプトを着眼点に置いている。

NAVIA 07の18インチモデル。色はHSBと呼ばれるシルバーだ(スポークステッカーは別添)

 それゆえ、軽量でなおかつ軽自動車から本格派スポーツカーやミニバンまでも対応する15~19インチまでの全16サイズを展開するのも特徴だ。軽自動車にもぴったりな15×4.5J インセット45などのサイズや、大型ミニバンにも対応する19×8.0J インセット35などのサイズ展開は非常に嬉しい。

 デザインは7本スポークの非常にベーシックなものながら、ホイールセンターへの落とし込みなど時代のトレンドにも対応している。逆に新鮮に感じるユーザーも多いのではないだろうか。

こちらはNAVIA 07のPBKと呼ばれるブラックモデル。同じデザインだがシルバーとは印象が異なる(スポークステッカーは別添)

 もちろんメイド・イン・ジャパンだから品質の安定感は間違いないし、Weds製品としてのパフォーマンスは折り紙つき。

 さらに書くとホイールマニアにはたまらなく嬉しい「ローレット加工」も装備。リム部分にギザギザの凹凸を設けることで、ハイパワー車などでのタイヤとホイールのズレを予防する加工だ。

 もちろん装着したら見えないけれど、昔の江戸っ子は半纏の裏地にあえてこだわったというように、見えないところにこだわるのもカスタムの神髄だろう。

■冬用ホイールとして贅沢に使うのも”あり”の理由

 取材を進めていくとWedsの担当者からは驚きの言葉が出てきた。

「実はこのホイール冬にもとっても強いんです。だから降雪地域で夏場はお気に入りのホイール履いているけど、冬は純正ホイールって人にも積極的に進めていきたいんです」

スポークの角度にまでこだわって腐食しにくい構造となっているNAVIA 07。このこだわり、にくい!!

 うん??? ドレスアップホイールが冬に強いってイメージはまったくないのだけれど、これはいったいどういうことなのだろうか?

「ホイール表面のクリア塗装が特殊で塩水噴霧試験を2000時間クリアしています。さらにホイールスポークの角のR(曲率)も計算しつくされた角度で、腐食しにくい構造となっているんです」。

 つまり融雪剤などに使われる塩化カルシウムは錆びを誘発するものだが、クリア塗装でホイールを守り、そしてホイールの設計自体で水がたまりにくい構造にするなど長く使える製品を探求している。

 夏場はイケイケの2ピースホイールを履いているのに、冬場は純正ホイールでツラが「電車状態」なんてオーナーにはうってつけではないだろうか。冬専用でも通年での使用でもモチロン対応してくれる逸品だ。

カローラツーリングに装着した図。ファミリーカーもあっという間にイケイケのドレスアップ!!

 いやはや、本当に目に見えない工夫が多すぎて実は玄人好みの製品じゃないのかな、と担当はつくづく実感してしまった。同時にNAVIA 01も「NAVIA 01 NEXT」として生まれ変わっている。

 初代NAVIA 01の型を生かしながら塗装などを現代にアップデートしており、最近のWedsの”復刻版”リリースの波に乗る形だ。この夏のドライブの足元をピシッと締めるNAVIAシリーズをおすすめしたい。

こちらがNAVIA 01 NEXT。01の型を生かして塗装などを現代風にアレンジした復刻版だ!!

 

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ