リアカメラ1台で真上からの映像を表示!! 苦手な駐車をサポートしてくれる優れモノ


 最近新車のオプションとして人気なのが、クルマの真上から映像をモニターに映し出してくれるシステムだ。駐車時や狭い路地での後退をアシストしてしてくれるためにとても便利で、装着車も増えている。

 だがこの装置は一般的に複数台のカメラの映像を合成しているために高額で、なかなか手が出にくいのが難点だ。

 しかし、データシステムから2021年5月初旬発売予定の「1カメラスカイトップビュー SKY812」ならば、リーズナブルな価格でこの便利なシステムを手に入れることができるのだ!

文:ベストカー編集部/写真:平野 学、データシステム【PR】
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号


■駐車時に心強いスカイトップビュー

専用のリアカメラが周囲の風景を記録し、その映像が合成することで真上からの映像を再現することができる

 車載のモニターに真上からの映像を映し出すことで、駐車時などにサポートしてくれるシステムは今や一般的になり、各メーカーのクルマで選択できるようになっている。

 しかし、この映像システムはクルマの周囲に取り付けられた4台程度のカメラの映像を合成することで作られているため、どうしても高価なものになってしまう。

バックに入れると自動で真上からの映像と、後方の映像を車載のモニターに表示される。後方の映像にはガイドラインも表示できる。真上からの映像の位置は、好みで位置を左右から選択可能

 データシステムから5月初旬発売予定の「1カメラスカイトップビュー SKY812」は、なんとリアカメラだけで上空から見下ろしたような映像を車載のモニターに表示できる先進的なシステムだ。

「スカイトップビュー」と呼ばれるこの真上からの映像は、リアカメラが走行中の周囲の映像を記録し、これを合成することで作られている。

 この映像によって駐車時などは、周囲のクルマとの距離感が掴みやすく、クルマの向きを駐車スペースに合わせやすくなる便利なアイテムだ。

 モニターに映し出される後方の映像には、クルマがバックする時に参考になるガイドラインを表示することが可能。他に真上からの映像の左右位置など、好みでモニター表示は選択できる。

SKY812はこのような狭い駐車場で威力を発揮する。後退時に周囲の映像が記録される
記録された映像を元に真上から見下ろした映像と、現在の後方の映像がモニターに映し出される。これにより、駐車時の負担が軽減される

 注意点は、複数カメラのシステムと違って周囲の映像はリアルタイムではないので、慎重に周囲を確認して使用する必要があることだ。

 とはいえ、ワンカメラのコンパクトなシステムなので、取り付けも比較的容易で、映像はRCAピン端子から出力されるので、これに対応する車載モニターやカーナビなどで活用できる。

 そして汎用タイプなので、ほとんどの車種に取り付け可能なのもうれしい。これだけ便利で、2万1800円(税別)という価格も魅力的なのだ。

SKY812購入後に、付属するキャリブレーションシート(1.2m×4.4m)による初期設定が必用だ。広く安全な場所で行おう
SKY812には、専用のリアカメラとコントロールユニット、専用リモコン、専用ハーネス、中継ケーブル(4m)、ピン端子ケーブル、キャリブレーションシートなどが付属する

データシステム 1カメラスカイトップビュー SKY812
リアカメラ+コントロールユニット
価格:2万1800円(税別) 2021年5月初旬発売予定
製品ホームページ https://www.datasystem.co.jp/products/dvr3200/index.html

データシステム 1カメラスカイトップビュー SKY812 (2万1800円/税別)

※下記のナビには接続できませんのでご注意ください。
・トヨタ純正ディーラーオプションナビ「NSDD-W61」/「DAN-W62」/「NSCD-W66」
・マツダ純正マツダコネクト

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ