世界最小スーパーカー極まる!! S660 Modulo Xはまさに「チビ・ランボルギーニ」なり【PR】

世界最小スーパーカー極まる!! S660 Modulo Xはまさに「チビ・ランボルギーニ」なり

「S660はチビ・ランボルギーニだ」。これはスーパーカーを愛する清水草一氏の言葉だ。実際にカウンタックを所有し、数多のフェラーリを愛でてきた清水氏の言葉は妙に重かった。

 しかも実際にS660を所有していた同氏。今回はさらに上質な走りを目指した究極のS660である「Modulo X」をカウンタックと並べ、無謀にもミニサーキットで頂上対決といざなった。

 さあ、なにが勝ちなのかイマイチわからないが、至高の対決をご覧あれ。

文:清水草一/写真:池之平昌信/動画:Kenji Akiba【PR】

【画像ギャラリー】世界初の大比較!! ミドシップスポーツの美しさここに極まれり


■S660はまさに「チビ・ランボルギーニ」だった!!

 

 6年前、S660が登場した時、私は感動した。いろいろな意味で感動したが、まず感動したのはそのスタイリングだった。

「これはチビ・ランボルギーニだ!!」

  チビ・ランボルギーニ。あるいはコカウンタック。シャープなウェッジシェイプのミドシップボディが、あの世界的アイドルであり地上の帝王であるランボルギーニ・カウンタックをホーフツとさせたのだ。

 それでいてS660は、まったくのオリジナルデザインである。このサイズで、しっかりスーパーカーに見えるスタイリングに仕上げたS660開発陣に敬服するしかない!

 走りもまた凄かった。とにかくコーナリング性能が物凄い。ミドシップのメリットはコーナリング速度にある。S660のコーナリング速度は、下手なスーパーカーをも上回る。特にタイトコーナーでは絶対的に速い! つまりS660は、小さいながらに明確な長所を持つ、世界最小のホンモノのスーパーカーなのである!

たぶん世界初のS660 Modulo Xとカウンタックの並び。ミドシップ以外に共通点はなさそうだが……
たぶん世界初のS660 Modulo Xとカウンタックの並び。ミドシップ以外に共通点はなさそうだが……

 そんなわけで、私は発表直後にS660を注文し、オーナーになった。それはもう、S660に対する敬意のなせる業でありました。その後手放したが、S660への敬意は微塵も揺らいでおりません。世界に誇る日本の名車のひとつです。

 あれから5年。私は最近、ランボルギーニ・カウンタックを買った。最終モデルの25‌thアニバーサリーである。となれば、S660と比較したくなって当然だ。とりあえず並べて眺めるだけでもいい。

 なにしろS660はコカウンタックなのだからa せっかくなのでノーマルではなく、ホンダアクセスが質実剛健にチューンナップした「モデューロX」と並べてみることにした。

 おおっ! これは壮観! カウンタックとコカウンタックが並ぶと、感動のあまり笑いが止まらない!

S660 Modulo Xは車高も低くかなりコンパクトなのだがカウンタックはやっぱりスゲー!! だんだん似ている気がしてきた!!
S660 Modulo Xは車高も低くかなりコンパクトなのだがカウンタックはやっぱりスゲー!! だんだん似ている気がしてきた!!

次ページは : ■Modulo Xの走りはニッポンではカウンタック以上かっ!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ