【ガチで使ってみたらガチでよかった】日産新型リーフの新時代カーライフ

 航続距離400kmまで伸びた日産の新型リーフ。ワンペダルで静か&爽快な走りを味わえ、また技術の進化を実感できるプロパイロットなど、「自動車の未来」を満喫できるこのクルマを、飯田裕子姐さんがじっくりレポートしてくれました。特別動画付きでお届けします! いやあ、リーフ、改めて乗るといいクルマですねー!【PR】

文:飯田裕子、ベストカー編集部 写真:平野学
Sponsord by NISSAN


■国内販売台数10万台を突破!! 一番売れてるEV!!

 200 228 280 400。クレジットカード番号ではありません(苦笑)。

 この3ケタの数字の並びでピンっときた方はかなりのリーフ通。これは初代リーフから2世代目現行モデルまでの航続距離の変遷だ。最近では海外メーカーからもEV情報が頻繁に届くようになったが、初代リーフが登場したばかりの2010年はまだクルマの「電動化」にピンとこない方も多かったのではないかしら。

 日産はそんな頃からEV性能を磨き、リーフやe-NV200を進化させてきた。冒頭の数値がそれを証明している。そして初代の登場から8年。今年4月には国内販売台数が10万台を突破。航続距離に躊躇していた方々も、今一度、最新モデルでリーフのイメージをアップデートしてほしい。リーフの魅力は航続距離の延長だけではないのです。

今や全国にEVの充電施設は約3万カ所。全国のガソリン給油所(約3万1500カ所)に匹敵する数なのだ
今や全国にEVの充電施設は約3万カ所。全国のガソリン給油所(約3万1500カ所)に匹敵する数なのだ

 2代目リーフには「日産インテリジェントモビリティ」という高解像度カメラやセンサーを含む電子制御技術を用いた装備が多数採用されている。そのなかから予防安全を主目的としながら日産らしく、走る、使う楽しさを感じさせてくれる代表的な技術を3つ、紹介させていただきたい。

■一度味わったらクセになるe-ペダル

 ひとつは加速から減速まで、アクセルペダルの操作で速度調整が行える『e-ペダル』。

 リーフは320Nmという最大トルクを発揮する。が、それを常に使わないにしても、発進加速の軽さとダイレクトさはEVならでは。そのうえ、『e-ペダル』でなら速度の加減速コントロールもアクセルペダルでオーディオのボリューム調整のごとく思うようにスマートに行える。『電動モーター駆動+アクセルペダル』の走りは、扱いやすさのみならず、メリハリも効かせやすくなり、面白くて、楽しい。

プロパイロットを使えば、遊び尽くして疲れてしまった帰り道も安全、安心、快適に走れる。ぜひ付けたい装備だ
アクセルペダルだけで加速、減速、停止までできる「e-ペダル」は、一度味わうと病みつきになるぞ

■完全停止からも再発進するプロパイロット

 ふたつ目は日産が『プロパイロット』と呼ぶ高速道路同一車線自動運転技術。

 単眼カメラを使い、高度な画像処理技術によって前車をモニターして車間を保ち、必要に応じて加速や減速を行ってくれる……だけではなく、ステアリングも制御し、車線の中央をキープしてくれる。

 このシステムは前車が停止すればリーフも止まる。再発進は3秒以内であれば自動的に、それ以上の場合はアクセルを軽く踏むか、ステアリング上のボタンを押せばいい。ロングドライブや、特にクルマの多い週末の高速走行のストレスを減らし、より安全かつ快適な移動を可能にしてくれる。

■ぜひ試してみて! すっごく便利なプロパイロットパーキング

 最後は『プロパイロットパーキング』。

 コレは操作がシンプルなうえ、想像以上に駐車がお上手でビックリ! 例えば普通の駐車。

 私、枠の前を通過する→私、止まる→リーフが「ココに入れたいのね?」とモニターで駐車位置を示してくれる→私、「そう、ソコ」とOKボタンを押す→私、「プロパイロットパーキングボタン」を押し続ける→その間にリーフはハンドル、アクセルとブレーキ、シフトチェンジ(前進とバック)を行いながら駐車する、パーキングブレーキ&Pレンジまで自動でやってくれる→駐車完了!

 自動といってもブレーキ操作とシフトチェンジを自分で行っていた頃を思うと、精度も含め劇的に進歩している。駐車が苦手な方や、最近首や腰が上手くまわらなくなってきたという方には、強力な助っ人です。

プロパイロットを使えば、遊び尽くして疲れてしまった帰り道も安全、安心、快適に走れる。ぜひ付けたい装備だ
プロパイロットパーキングは画期的な駐車システム。操作が簡単で動きも正確。運転に慣れてない人にとっては救世主的な装備!

 スマホとリーフが繋がり、またEVライフをサポートしてくれる専用ナビゲーションには、全国約3万カ所の充電ポイントをバッテリー残量をモニターしながら案内してくれるサービスもある。

 キリっとシャープさの増したエクステリアとラゲッジ、居住スペースの広さもこのサイズにして100点満点。その室内の静粛さもEVならでは。単にEVの性能を向上させただけでなく、その他の技術に注目してこそ、新型日産リーフの魅力が音もなく伝わるはずだ。EVなだけに……、音はないけど、技術はある。

■無料で試せるキャンペーン実施中!!

無料でリーフが借りられるキャンペーン開始!!!!
無料でリーフが借りられるキャンペーン開始!!!!

 はい、ここからは編集部がご紹介いたします。

 飯田裕子さんの試乗レポートにあったとおり、フル充電時の航続距離400㎞(JC08モード)の実用性、モーター駆動&e-ペダルによる新鮮なドライブ感覚、プロパイロット&プロパイロットパーキングの先進性と利便性など、魅力のポイントが満載の新型リーフ。

 それに加えて充電施設が全国に約3万カ所もあるとなれば、充電の心配はほとんどなし。「EVは関係ないね」と決め込んでいた人も興味の対象になってくるのではないだろうか。なんたって、日本全国のガソリン給油所、約3万1500カ所(2017年3月末現在)に匹敵する充電施設の数になっているのだ。

 とはいえ、いきなり「リーフを買っちゃうか!」とまで思い切るのも難しいだろう。そんな貴方には「無料お試しモニター」を強力にプッシュします!!

 正式名称「一泊二日試乗」キャンペーンで、全国の日産販売店(一部を除く)で行っているもの。

日産リーフ、今回じっくり試乗して、こんなにいいとは思わなかった。ちょっとそこのガソリン派のあなた、1回乗ってみませんか。ガチでいいですよリーフ
日産リーフ、今回じっくり試乗して、こんなにいいとは思わなかった。ちょっとそこのガソリン派のあなた、1回乗ってみませんか。ガチでいいですよリーフ

 興味はあるけれど、EVはまだ現実的ではないかなと思っているユーザー予備群に、リーフの魅力を体感してもらうべく無料で展開しているキャンペーンだ。「乗ってもらえば絶対によさがわかる!」という日産のリーフに対する自信の表われともいえるものである。

 借りられるのは一泊二日が基本だが、それが決まりではなく、もう少し長い期間も可能なので販売店と直接相談してほしい。また「リーフのある日常生活を体験してほしい」というのがこのキャンペーンの目的なので、申し込めるのは自宅と同一の都道府県(地域)の販売店のみ。旅行先などでは受け付けていない。

 乗ればわかるリーフの魅力と先進性。次は貴方が試すチャンスだ!! まずは公式サイトでチェックしてみよう!!

最新号

ベストカー最新号

ベストカー 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「ベストカー」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ