日産新型リーフの新時代カーライフ! ガチで使ってみたらガチでよかった!!


航続距離400kmまで伸びた日産の新型リーフ。ワンペダルで静か&爽快な走りを味わえ、また技術の進化を実感できるプロパイロットなど、「自動車の未来」を満喫できるこのクルマを、飯田裕子姐さんがじっくりレポートしてくれました。特別動画付きでお届けします! いやあ、リーフ、改めて乗るといいクルマですねー!【PR】

文:飯田裕子、ベストカー編集部 写真:平野学
Sponsord by NISSAN


■国内販売台数10万台を突破!! 一番売れてるEV!!

 200 228 280 400。クレジットカード番号ではありません(苦笑)。

この3ケタの数字の並びでピンっときた方はかなりのリーフ通。これは初代リーフから2世代目現行モデルまでの航続距離の変遷だ。最近では海外メーカーからもEV情報が頻繁に届くようになったが、初代リーフが登場したばかりの2010年はまだクルマの「電動化」にピンとこない方も多かったのではないかしら。

日産はそんな頃からEV性能を磨き、リーフやe-NV200を進化させてきた。冒頭の数値がそれを証明している。そして初代の登場から8年。今年4月には国内販売台数が10万台を突破。航続距離に躊躇していた方々も、今一度、最新モデルでリーフのイメージをアップデートしてほしい。リーフの魅力は航続距離の延長だけではないのです。

今や全国にEVの充電施設は約3万カ所。全国のガソリン給油所(約3万1500カ所)に匹敵する数なのだ
今や全国にEVの充電施設は約3万カ所。全国のガソリン給油所(約3万1500カ所)に匹敵する数なのだ

2代目リーフには「日産インテリジェントモビリティ」という高解像度カメラやセンサーを含む電子制御技術を用いた装備が多数採用されている。そのなかから予防安全を主目的としながら日産らしく、走る、使う楽しさを感じさせてくれる代表的な技術を3つ、紹介させていただきたい。

■一度味わったらクセになるe-ペダル

ひとつは加速から減速まで、アクセルペダルの操作で速度調整が行える『e-ペダル』。

リーフは320Nmという最大トルクを発揮する。が、それを常に使わないにしても、発進加速の軽さとダイレクトさはEVならでは。そのうえ、『e-ペダル』でなら速度の加減速コントロールもアクセルペダルでオーディオのボリューム調整のごとく思うようにスマートに行える。『電動モーター駆動+アクセルペダル』の走りは、扱いやすさのみならず、メリハリも効かせやすくなり、面白くて、楽しい。

プロパイロットを使えば、遊び尽くして疲れてしまった帰り道も安全、安心、快適に走れる。ぜひ付けたい装備だ
アクセルペダルだけで加速、減速、停止までできる「e-ペダル」は、一度味わうと病みつきになるぞ

次ページは : ■完全停止からも再発進するプロパイロット

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ