ホンダだから生み出せた! ”e(イー)とこどり”なハイブリッド「e:HEV」をもっと知りたい!!


 世の中には、さまざまなハイブリッドシステムが登場しているが、そんななかで燃費はもちろんのこと、クルマは何より楽しいことが大切だ! と訴えるのが、ホンダが送り出した『e:HEV』だ。

 今回は、そのe:HEVの魅力について岡本幸一郎氏、飯田裕子氏と迫っていく!

文/岡本幸一郎、飯田裕子、編集部
写真/HONDA、編集部【PR】

【画像ギャラリー】走りのよさを体感してほしい! フィット以外にもある「 e:HEV」搭載の注目モデルたち!!


■e:HEVってどんなハイブリッドシステムなの?

 ホンダはこれまで、1モーターの『i-DCD』、2モーターの『i-MMD』、3モーターの『SH-AWD』をラインナップしていましたが、新型フィットの登場に合わせて、i-MMDを『e:HEV(イー・エイチ・イー・ブイ)』に刷新しました。

 このe:HEV、ネーミングの由来は「EVに近いハイブリッド」からきています。発電用と走行用の2つのモーターを搭載するシステムで、普段は発電用モーターから供給された電気で走行用モーターを駆動し、発進から街中の巡行も充電状況によってEVモード(モーター走行)でカバーするスグレモノ。モーター駆動なので静粛性は高いのに、気持ちのいい加速を味わえます。

 高速巡行などエンジンのほうが効率がいいシーンでは、直結クラッチを介して、エンジンの動力で走行。モーターの苦手な高負荷領域は、高効率なエンジンでカバーすることで、燃費性能のよさはもちろん、ドライバーが運転していてストレスを感じることなく、楽しく運転できる制御を行っているハイブリッドシステムなのです。

 ぜひ一度試乗して、その胸のすくような走りを体感してみてください。

走りのよさとして、速さを追い求めるのではなく、“質感”にこだわったe:HEV。今までとは違う新しい気分を味わうことができる
e:HEVは、ホンダ独自の技術で生み出された熱効率に優れるアトキンソンサイクルエンジンを搭載している。このエンジンが高負荷時の力強い走りを生み出す
リチウムイオンバッテリーを、ラゲッジルーム床下に搭載するので重量バランスもいい

■岡本幸一郎が伝えたい! e:HEVの魅力と強み

 燃費がよくて走りもよくてコスパにも優れる。いまでは色々なタイプのハイブリッドが見られるようになり、ライバルたちもがんばっていますが、そのなかでもe:HEVは、現時点で最も万能なシステムだと認識しています。

 e:HEVに乗るたび感心するのは、モーターとエンジンの”いいとこどり”が本当に巧くできているところです。市街地など車速が低い状況では、EVモードとなり燃費が向上するのに加えて、よくいわれるように、モーターがゼロ発進から大きなトルクをレスポンスよく生み出してくれるので、瞬発力のある走りを楽しめます。

 さらには、とても静かでなめらかな走りを実現していて、走りの”質”が非常に高いことにも感心します。しかもe:HEVはその範囲がライバルに比べて広いところも強みです。上質な走りにおいても、電気でないとなしえない境地があることを、e:HEVをドライブすると痛感させられます。

 アクセルを踏み増すとエンジンの力で発電した電力とバッテリーからの電力を併せて走行用モーターで走るので、よりパワフルな走りを楽しめます。胸のすくような伸びやかな加速フィールもまた、e:HEVがほかの並み居るハイブリッドたちを大きくしのぐ部分です。

街中も、高速道路も、ワインディングもすべて気持ちよく走ることができるのがe:HEVの強みだ

 ホンダは他社のライバルに対して走りの性能において優位に立つことをこれまでもずっと身上としてきましたが、そのDNAはこうした普通の量販車にも息づいていることをヒシヒシと感じます。

 低速から高速まで優れた効率と走りのよさを実感できて、かつてない新しい価値を感じさせる、画期的なシステムだと思います。

次ページは : ■飯田裕子が伝えたい! e:HEVの魅力と強み