トラックドライバーはこんなふうに荷主に泣かされた!? ナニワの海コンお姉さんの昔話

トラックドライバーはこんなふうに荷主に泣かされた!? ナニワの海コンお姉さんの昔話

 ナニワの海コンお姉さん・ゆでさんはいろいろな経験をしてきました、人生が長いぶん。

 中でも印象に残っているのが得意先での出来事。「優越的地位の濫用」も咎められず、トラックGメンもいない時代に、荷主とトラックドライバーはどんな関係だったのでしょう?

 涙無くしては語れない、笑い無くしても語れない、ゆでさんのリアルな昔話でございます。

文/海コンドライバーゆでさん、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
*2013年5月発行「フルロード」第9号より

実録「こんな得意先はイヤだ!」

トラックドライバーはこんなふうに荷主に泣かされた!? ナニワの海コンお姉さんの昔話
ゆでの「ゆで」はUDのトラクタに乗っているから……

 雨にも負けず風にも負けず、雪道も夏の酷暑にも負けず、腰痛と戦い、荷主都合にも決して怒らず、いつも静かに泣かされている全国のドライバーの皆さま! 毎日お疲れ様です。そして、不況にもかかわらず大量に荷物の発注を下さる荷主の皆さま、毎度ありがとうございます。

 荷主あっての運送業……、ホンット! 感謝しております。時にはアッカンベーをしながら(笑)。お客様は神様ですもの、できれば友好関係でいたいもの。でもさ、中には「バチがあたってもいいかな」って思うほど酷い神様もいたりしてね~!

 ってことで、今回は運転手目線でのお話。題して「こんな得意先はイヤだ!」です。

 車体の大小に関わらず「こんなとこに入れるの?」って思ったことありませんか?

 間口が狭かったり、道幅が狭かったり、はたまた障害物だらけとか。ぶつける前にアッサリ断るか、それともプライドをかけてバックで入れるか。心の中で自問自答を繰り返し、頭の中はバックをイメージ。そんな時に、ノー天気にお客様が言うんですよね。「この辺に付けてほしいねん」と、にこやかに……(涙)。

 言われた通りにその辺に付けてみれば、「あと10cm右に付けて」。お客様のその10cmのこだわりの意味を探してみても見あたらない土場降ろし。はいはい! やりますよ、やりますよ。で結局付け直して50cmほど寄せてあげるんですが、「OK!」って。……意味がわからない時があります。何分、神様の言うこと、運転手には理解できない不思議がたくさんあります。

 とある大きな倉庫では、構内に2カ所門があるんですが、行ってみれば1カ所目は「進入禁止」と大きく書かれていた。2カ所目に入ろうと思ったら「出口専用」の看板。入れません(涙)。仕方ないので看板スルーで入りました。結局何も言われませんでしたが、あの看板はなんのために建てられていたんでしょうか?

指示がアバウトな得意先

 4トン車に乗っていた頃、狭い道路からバックで工場に進入することがありました。窓から顔を出して慎重にゆっくりバックしていて「なんか動かへんなぁ……」と思っていたら、電柱とトラックのステップが仲良くしていました。つまり接触っていうことです(汗)。

 歳がバレるのであまり書きたくないけれど、当時は田舎のほうに行くと木でできた電柱が多く、土台は土の中に埋まっている状態です。幸い、木製の電柱とステップの部分が接触していただけなので車体は無傷。でも電柱はというと……、土台が少々緩んでおりました。

 お客様がそれを見て「大丈夫や! 足で踏んどいたらええ!」と、心なしかまっすぐには見えない電柱の足元を踏み固める。さすが神様! どんな窮地でも救って下さるんですね!

 ところで、どう見ても4トン車には厳しい道路条件なので、「ここは4トン車よく来るんですか?」と尋ねてみたら、「よく来てもらってるで~。皆あそこの電柱にこすりよんねん」。……やっぱり。道幅や近隣の障害物は計算に入っていないようです。

 で、無事に積み込みを終え出ようとすると、「ここ真っすぐ行って左に曲がる時、角に石が置いてあるんやけど、ソレ踏んで行きや」と神様の不思議発言。

「後輪で踏むんですか?」
「せや! 石に乗り上げて、タイヤ滑らせながら曲がって行き」

 ものすごくイヤ~な予感。行ってみれば隅切りもしていない直角型交差点。そこに例の石が置いてありました。なんとも滑りやすそうな石です。泣きたい気分で恐る恐る石に乗り上げるようにタイヤを合わせていくと、ある程度乗り上げたところでタイヤがずれて、あおりと角の家の壁がうまくすり抜けました。(ヒーッ!)

 お客様の助言により無事に通過できたことに感謝しつつ、「二度と呼ばれることがありませんように」と手を合わせ立ち去りました。

次ページは : 兄弟喧嘩の真っ最中!? それでも荷を降ろさなければならぬ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号