アルファロメオ史上最高の切れ味でライバルに迫る!! 『MFゴースト』を彩る名車列伝13 アルファロメオ 4C 編

■アルファ史上最高のハンドリングマシーン

 走りの方向性においてもやはり異質だ。近年のアルファロメオ車といえば、快楽的でどこか能天気、スポーティではあるが、のんびり走らせても楽しい、といったイメージだが、この4Cではストイックに走りを追求している。ボディにはカーボンモノコックが採用され、約1tほどの軽量設計。この日本の軽自動車程度の軽いボディに対して、エンジンは240馬力を発揮する1.7Lターボがミッドシップ搭載されている。

 クルマにとって最重量パーツであるエンジンを運転席後方、ほぼボディの中央に搭載するのだから、旋回性が悪いはずがない。ホイールベースが短いこともあって、アルファロメオ史上最高のコーナリングマシーンが出来上がった。トランスミッションは6速デュアルクラッチのみ。3ペダルMTの設定はないが、これは時代の流れで仕方ない。今やフェラーリだってランボルギーニだってそうなのだから。

 成り立ちを見ていると、この4Cというモデルは、アルファロメオでありながら、そのコンセプトは、どちらかといえばロータスに近いモデルとなっている。そう、『MFゴースト』には、ロータス車も参戦している。八潮翔が駆る「ロータス エキシージ」だ。

「ヤジキタ兄妹」こと八潮翔&北原望の2人は第17話で初登場した。ファミレスでヘルシーカレーを注文する赤髪(?)の妹、北原望がアルファロメオ 4Cのドライバーであり、いつもショーパンを穿いて常に太ももをまる出しにしている今どきの娘である。つまり、ヤジキタ兄弟は2人とも非常に似たパフォーマンスを持つモデルを愛車としているのだ。

 4Cのボディサイドには、ナンバーは18が付けられており、昨年の年間ランキングは兄と同様、”神フィフティーン(上位15位のドライバー)”に届いていない。しかし、連載中のこの年にかぎっては(ラウンド3まで)毎戦、予選トップ15に入って決勝レースに出場しており、これはつまり、マシンの戦闘力を向上させたのか、またはドライバーが腕を上げたに違いない。

■連携がなくとも旋回性で勝負!

 初戦、ラウンド1「小田原パイクスピーク」の予選は14位。まずは得意とする兄のロータスとの連携プレーで前方のシビックタイプRをぶち抜く。さらにアクシデントで損傷したBMWもパスすると12位まで浮上。その後、主人公である片桐夏向のトヨタ 86と競い合ったが、2台揃ってパスされ、最終的には13位でフィニッシュしている。

 続くラウンド2「芦ノ湖GT」の予選では、兄からインカムで罵られながらも12位のタイムを叩き出す(兄のロータスは14位)。決勝当日はレインコンディション。セッティングが上手くいかずにペースの上がらないロータスとの連携を諦めて、望は一人旅を敢行することになる。

 すると前方にメルセデスベンツAMG GTとBMW M6が見えてくる。接戦を続けるハイパワーFR2台に対し、4Cはアルファロメオらしい華麗なコーナリングで対抗する。まず得意の旋回性能とMRならではのトラクションのよさを活かしてM6をパス。さらにキリが出てきたところで、思い切りのいい突っ込みでAMG GTも追い抜いぬいた。最終的には一桁順位となる9位でフィニッシュしている。

 ロータスとの連携がなくても戦えることを見せた4Cだったが、このラウンド2に関しては、やはり天候が雨であったことが功を奏したと言えよう。今後もレースのたびに毎回雨が降るとは考えられず、ハイパワーマシンたちに対して今後どう対応していくか見ものだ。

 実車は惜しくも2020年で生産終了となってしまい、短命に終わってしまった4Cだけに、作中では肉感的なスタイリングと走りを見せ続けてほしいものである。

■掲載巻と最新刊情報

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る! アルファロメオ 4C 編(9枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ