ジムニーの中古車 2つの狙い目と注意点 今こそ買いたい!!

軽自動車の本格オフローダー、スズキ ジムニーは間もなく6月下旬にフルモデルチェンジを行う。すでに販売が終了している3代目は1998年10月に登場し、約20年も販売されたロングセラーモデル。だが、時代に左右されないコンセプトから、モデル末期でも月1000台以上を販売するなど根強い人気を最後まで持ち続けた。そんなジムニーのキャラクターゆえ、現行型の中古車を買うという選択肢も大いに魅力的! 今、狙い目の中古車、そして注意すべきポイントは?

文:萩原文博
写真:池之平昌信、SUZUKI


中古ジムニー、値落ちの少なさはポルシェ並み!?

1998
1998年登場当初の3代目ジムニー。当初はボンネット一体型のグリルを採用していたが、後の改良で独立型のグリルに変更するなど、細かな仕様変更を経て現在に至っている

中古車は、新車と異なり「人気」という要素が価格に大きく影響を及ぼす。新車の場合、人気車だからといって価格が高くなることはないが、中古車の場合は当然のように起こりうる現象だ。

なかでもジムニーは歴代モデル揃って、ポルシェ 911、トヨタ ランドクルーザーと並び、中古車で値落ちしづらい車種と言われており、ジムニーだけを扱う専門店もあるほどだ。

中古車のジムニーが人気車である理由を、現在の平均価格で紹介しよう。1998年に登場した3代目ジムニーの中古車は、流通台数約2200台、平均価格91万円となっている。

モデル末期に販売の中心となっていた「ランドベンチャー」4AT車の新車価格が169万1280円なので、なんと残価率は約53.8%。これを2012年~2014年式に絞ってみると平均価格は131万円となり、残価率は約77.4%と跳ね上がるのだ。一般的に、5~6年落ちで50%あれば、高いと言われている。

また、1981年~1998年まで販売された2代目ジムニーでは、最終年式のクルマが発売から20年が経過しているのにも関わらず、中古車の流通台数は約950台もあり、平均価格は55万円をキープ。最終モデルの「660 XC」の新車時価格が134万9000円なので、こちらも残価率は37%と驚異の数値となっている。

この高い残価率からもいかにジムニーが根強い人気を誇っているのかがわかってもらえるだろう。

使い方で選ぶ2つの狙い目モデル

最終型まで販売が続けられたランドベンチャー
最終型まで販売が続けられたランドベンチャー。メッキ塗装のグリル、ドアハンドルなどが特徴。近年は毎年限定車として販売されていたモデル

さて、まもなく旧型になるジムニーだが、約20年に及んだモデルライフの中で、2004年と2008年に大幅な変更を行っている。

まず、2004年は4WDのトランスファーがレバー式からスイッチ式へ変更。同時にトランスファーのハイ/ローのギア比の差が大きくなった。

そして、2008年はエンジンのシリンダーヘッドが改良され、中低速域のトルクを改善。さらにエアロッキングハブコントローラと4WDコントローラが統合され、2H-4L感の直接シフトが可能となっている。このような変更や年式、走行距離などを考慮すると、3代目ジムニーの中古車は2008年式以降を狙いたい。

■現行型ジムニー特選中古車 未使用車も買える!

2008年式と言ってもすでに初度登録から10年が経過している中古車なのだが、この年式以降に絞っても3代目ジムニーの中古車は約1100台と非常に豊富で、価格帯は34.8万~178万円と幅広い。

ジムニーの中古車の特徴として、高価格帯の物件はほとんどリフトアップなどのコンプリートモデルとなっていることを覚えておきたい。

購入後にカスタムを行おうと考えているならば、カスタム済モデルを購入したほうが支出を抑えることができる。

2008年式以降の中古車のグレードを流通台数の多い順に並べると、「ランドベンチャー」、上級グレードの「XG」、特別仕様車の「クロスアドベンチャー」。走行距離1kmという未使用車から15万kmオーバーという過走行車までピンから切りまである。2008年式以降で見ると、3万~7万kmが中心となっている。

■現行型ジムニー特選中古車 XGはワンオーナーで50万円台も!

オススメモデルとしては、長く乗りたいという人には予算130万~150万円で高年式の「ランドベンチャー」。そして、タフギアとして使いまくりたい! という人には80万円ぐらいで購入できる「XG 4WD」が狙い目だ。

個性派ゆえ注意すべきポイントは?

写真のような水たまりやマッド路面はジムニーの主戦場だが、それゆえ下回りの錆などは中古車選びの際に注意すべきポイントだ
写真のような水たまりやマッド路面はジムニーの主戦場だが、それゆえ下回りの錆などは中古車選びの際に注意すべきポイントだ

そして、ジムニーを購入する際の注意点は、本格オフローダーゆえに悪路を走行していることが考えられる。

車の下まわりのダメージや錆などは普通の車以上に確認が必要だ。また、デフからの異音などにも注意を払いたい。

3代目ジムニーが登場しても、2代目ジムニーの中古車相場に目立った動きがなかったように、新型が出ても中古車相場にそれほど影響は出ないと考えられる。

ただし、ジムニー伝統のラダーフレームを止める、駆動方式が変更されるなんてことになれば、ジムニーの中古車相場が高騰する可能性は残っている。

高い悪路走破性だけでなく、時代に左右されない人気に支えられていることがジムニーの魅力だ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ