セレナe-POWERの発売時期、ワゴンRにもフルハイブリッド搭載、三菱新型コンパクトSUVに迫る【地獄耳スクープ】


 月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。

 今回は日産のe-POWER第2弾となるセレナe-POWER、新たなパワートレインを採用するワゴンRハイブリッド、さらに三菱の新型コンパクトSUVなどを遠藤さんの地獄耳がキャッチしました。

 文:遠藤徹/写真:日産、スズキ
ベストカー2016年12月26日号


2017年度にセレナにも話題のe-POWERを搭載予定

 日産は駆動力をモーターのみで行うセレナe-POWERの発売時期を、当初予定していた2017年2~3月から2017年度の4月以降に先延ばしする見込みです。

 現在発売中のマイルドハイブリッド車の売れゆきが予想以上に好調に推移しているのと、e-POWERの燃費性能をさらに確かなものにするための手直しが必要との判断によるもののようです。

 新しいパワートレーンはノートと同じ1.2Lレンジエクステンダーハイブリッド&リチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを採用しているようです。

161102-02-04-source
従来のハイブリッドとも、EVとも違うe-POWER。ハイブリッドで出遅れた日産の起死回生となるか?

ワゴンRにもフルハイブリッド採用で軽自動車に新たな風が吹く?

 スズキは年内か来年早々にも主力軽ワゴンのワゴンRをフルモデルチェンジしますが、技術的な目玉のひとつとしてEV走行可能なフルハイブリッドの採用に踏み切る見通しです。

 11月29日にはソリオに同パワーユニットを搭載した追加モデルを発売しましたが、同システムを軽自動車仕様にアレンジしたものになると思われます。

 これまでS-エネチャージというモーターアシスト方式を採用してきましたが、こちらについてもソリオ同様に「マイルドハイブリッド」の呼称で売り出すものと思われます。

 JC08モード燃費は従来モデルをさらに上回る35㎞/Lレベルの数値を実現しそうです。現行モデルは11月上旬現在で生産を打ち切りオーダーストップになっています。

im0000004082
ひと足さきにフルハイブリッドを搭載したソリオ。ワゴンRのハイブリッドシステムもソリオハイブリッドに準じたものが搭載されるとみて間違いない

次ページは : 三菱がコンパクトSUVを開発中

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ