フェラーリ日本進出50周年記念。特別な10台「フェラーリ J50」を公開

 フェラーリと日本との関わり合いは1966年から始まったという。その50周年の活動を記念して、日本限定モデル「フェラーリ J50」が世界初公開された。

 1台1台ユーザーのリクエストに合わせてテーラー・メイドで作られる、まさに特別なクルマだ。

 文:WEBベストカー編集部


選ばれた人だけがオーナーとなれる特別なフェラーリ

  今回世界初公開された「フェラーリ J50」。日本と50周年の意味をこめて「J50=ジャパン・フィフティ」の名が与えられた。

 「488 スパイダー」をベースとした、フェラーリ・ロードカーを想起させるタルガボディの2シーター、ミドシップカーだ。

 エンジンには、今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで総合優勝に輝いた3.9L V8ターボエンジンを搭載。最高出力690馬力を発生させる“特別バージョン”という。

 今回展示されたJ50のボディカラーには、スペシャル仕様の「3レイヤード・レッド」と呼ばれる塗装を採用。これはフェラーリにとっては47番目の赤という。インテリアは、ブラックをベースにレッドを配した仕上げとなっている。

 なお、J50の価格は250万ユーロ(日本円で約3億円)で、限定10台はすでに完売状態だという。フェラーリオーナーのなかでも選ばれた人だけが購入できた“特別なフェラーリ”なのである。

01-ferrari-j50_3-4_03
フェラーリJ50 外装
02-ferrari-j50_alta_03
フェラーリJ50を上からとった写真
03-ferrari-j50_interno1_01
フェラーリJ50のインパネとシート

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ